塩風呂具

嫁はステージ4 の卵巣癌

バイクのない日々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

韓国の大好物

やっとお腹が空くようになった「黄色F改」です。


あれからなにか食べたら1日お腹が減らない低燃費モードに突入してました。

徐々に燃費が落ちはじめてきてます。



そんな回復傾向な日曜日

イメージ 1


近くのスーパーでエリンギをデカイ袋売りしてた。

一抱えもあるエリンギは、いったい何日くらいで消費されるんだろうか?


イメージ 2



シメジかな?

箱売りしてた。

600円くらい。

味噌汁とかに入れて食べたら旨そうだなぁなんて思いつつ、スーパーでお目当ての品を購入。

イメージ 3



まさかの瓶ペプシ

味は缶と同じだが、瓶のほうが飲みやすいし、炭酸が強く感じられる。

そして、甘さが強く感じる。

このためにホテルから10分ほど歩いて買いに行くのである。


そこから更に足を伸ばして


イメージ 4



フリマ的な青空市場へきた。

野菜中心の優しい市場。

奥まで行くと商店街になってて、魚なども炎天下の中で容赦なく売っていた。

イメージ 5



人気店とそうでない店とが入り乱れて、くちゃくちゃになった路地に活気を感じる。

ただ、売ってる物が野菜ばっかりやし、同じ物ばかり。

見飽きてきた。


イメージ 6



そして、目的のホットクを購入。


韓国に来たらほぼ毎回買うお菓子。

シナモンの効いた黒蜜がたまらんうまい!

いっこ80円くらいかな?

3個でお腹がいっぱいになるのだが、病み上がりなので、ひとつで十分。


あぁ、これで思い残す事はもうない。

いつ帰国してもいいや。

いや、今すぐ帰国したい!

開く コメント(4)

韓国4日目にして1食しか食べていない「黄色F改」です。

なんと初日に食べたカルビに当たりました。

翌朝から食欲が無く、何も食べずに仕事して下痢が進行。

翌日は吐き気が加わるものの、何も食べてないので何もでず。

3日目にご飯をスプーン3杯ほど食べて見たらゲーゲーピーピー。

一旦仕事に向かうも撃沈。

イメージ 1


救急病院にて点滴を受けました。

病名は腸炎。

みんなと一緒にたべたカルビなのに、なぜ僕だけ当たるのか。。。

まぁ、集団で当たってたらエライこっちゃなんやけどさ。

24時間の絶食しろって病院で言われたけど、水も飲んじゃだめなのかな?


イメージ 2



あと、これが僕の名前らしい。


読めない。。。

開く コメント(6)

ホテルが!

さっそくひっくり返りそうになった「黄色F改」です。



宿泊するホテルが完全なラブホやんけ!


イメージ 1



で、回らんし!

回らんかったら、ただの丸いベットですやん!

おもんないわ!

開く コメント(6)

韓国へ

信号が青でクラクション鳴らされてるのが理解できなかった「黄色F改」です。


なんで鳴らしてるのかな?くらいにしか理解できませんでした。


ヤバイかも。

イメージ 1



さて、今から韓国へ飛びます。

反日真っ只中なんでしょうね。

領土とか今の僕には関係ありません。

クソ暑いのに辛いもん食ってきます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

黄金博物館

映画、私は貝になりたいの結末を知ってるのに無罪になってほしいと願う「黄色F改」です。


無念でなりません。




その映画よりも時代はさかのぼり、日本統治時代の台湾に金山がありました。

この日の午前中は九扮に行って、そこからバスで10分ほどで「黄金博物館」につきます。


午前中よりも激しい雨に帰ろうかとも思ったのですが、二度と来る事は無いだろうと思い見学することにしました。


イメージ 1

金山っぽいですね。

レールがいい味だしてます。

晴れてれば景色もさぞよかろうに。。。

入り口からココまで来る間に日本建築の家などが復元されており、見学することもできます。

見学したけど、昔の我が家と同じでした。。。



イメージ 2


坑道に入る前にはなにやら時代を感じる建物がたくさんあります。

このレンガ作りも当時のものなのでしょう。

戦争の遺跡ではないもののなにかいい雰囲気を感じます。






イメージ 3


金鉱の坑道に入るには300元ほど必要です。

そして、ヘルメットのインナーキャップが渡されました。

ある程度の人数が集まったら出発です。



イメージ 4

いつヘルメットをくれるのかと思ったら、出発してからこの金鉱について説明途中に渡されました。

説明は台湾語?北京語?まぁなんにせよ僕にはさっぱりわかりません。



イメージ 5


いい感じの入り口です。

みんな入り口で記念撮影するのでなかなか前に進みません。

待ってられないので、記念撮影をしてる人たちの隙間を通って中にはいりました。


イメージ 6


中に入ってびっくり!金属で補強はしてあるものの、ほとんどは木製。

しかも湿度がひどいのでカビが生えまくってます。

大丈夫なのかと疑問に感じます。





イメージ 7



昔はそれどころではない過酷な労働環境で働いてたんですね。

蝋人形も色あせちゃってます。

いまも過酷なようです。





イメージ 8



お疲れのようです。

休憩も坑道内ですませ、また働いていたんでしょうね。






イメージ 9



公開されている坑道は1本のみ。


さっくり行けば5分です。

出口から黄金神社へ向かいます。

ちょっとした距離と階段にハァハァ言わされまくりで、雨も強く何度も引き返そうかと思いましたが、二度とココに来ることは無いと思うと気になって仕方がありません。






イメージ 10


途中で道が分岐してて危うく頂上に向かうところでしたが、なんとか到着。

天気がよければさぞかし素晴らしい景色を拝むことができたはずです。


真っ白な景色を楽しみつつ、さっきの間違いそうになった頂上への道が気になります。





イメージ 11




ふしぎと足が勝手に上り始めたんです。

もう完全な雨に傘1本持ってるだけの超軽装。

遠くになにやら建物があるのが一瞬見えたのでカメラに抑えて現物確認


イメージ 12


視界は30mほど。

すごい風で傘もさせません。

ちなみに傘は2010年に北京で買った傘で10元(150円)でした。

背中が妙に冷たく感じだしたと思ったら、リュックが雨で濡れて背中にまで流れ込んできた。

さすがにこれは引き返そうと思ったのだが、この先のことが気になってまた来ることになるんじゃなかろうかと。。。

それはイヤ!二度と登りたくないです。






イメージ 13

で、近くには草ボーボーで寄れず。。。

かろうじてレンガを撮影したのみ。。。

まぁ、これでええわと思ったのだが、まだ先に道が続いていた。





イメージ 14

現在地を確認、「金瓜石」って所から山道を歩いてきた。

帰りもこの距離を歩かなきゃいけない。

見て損した気分になった。。。


イメージ 15


で、分岐にでたが、まさかのココから登山道の入り口。。。

今から本番って。。。


さすがに挫折。。。


パンツまで雨とアレでビチャビチャにしちゃたのに、これ以上は無理です。

なので撤収!





イメージ 16


山から2時間ほどかけて戻り、バスに乗り込んだのは5時を回っていた。


そのバスは容赦の無いエアコンが体温を奪いまくっていく。


帰りのルートにはまた九扮を通る。


そこで台北市内に戻る観光客を満載して、下りの山道をアクセルガンガンに踏みまくって攻め込んで帰路につくのでした。


ちなみにバス代は120元くらい。いや110元だったかな?

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事