塩風呂具

嫁はステージ4 の卵巣癌

バイクのない日々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ステージ4の卵巣癌15

冬支度はほぼ完成「黄色F改」です。

あと植木を避難させなきゃ。。。



2018/10/15
日曜が仕事だったので月曜が休みになりました。

家の用事を済ませ病院へ。

ICUから一般病棟に移っているのと個室なので面会時間はあって無いようなもの。

昼過ぎに病院に入った。

管だらけだった嫁は随分と管が外れ、むくんだ顔もスッキリしてきた。

普段からよく動くのに寝続けるのは辛いだろう。

とは言っても完全な寝たきりではない。リハビリで廊下を歩く練習をしたりするそうだ。

ただ痛みや吐き気で夜も寝れない日が続いたそうだ。

2018/10/21
ベッド脇に大量のマンガを先週に置いて帰ったが、読み切ってしまったらしい。

脊髄に入れた麻酔の注射も抜けてさらに機動力が上がっていた。

リハビリと言いながら筋トレしてるらしい。

僕ならお菓子ばっか食って太るだろう。。。


2018/10/28
ひぃばぁちゃん、息子たち2人を連れて面会に来た。

なんだか夕方になると熱が出るらしい。
昼はなんともないのだが。。。

お昼はみんなで食べるため、病院にスーパーで買ったお惣菜やらを持ち込んだ。

談話室ってのがあって、そこでみんなで昼を食べた。

イメージ 1



もう、退院できるんじゃないかと思うほど回復している。

ただ内蔵辺りはやはり痛みがあるらしい。

あと、夕方になると発熱するのがなんとも気持ち悪い。

いい方向に進んでいるはずなのに。

色んな検査をしているが原因が分からず、翌週11/1の退院予定は難しくなりそうだ。

開く コメント(0)


油断して風邪ひいた「黄色F改」です。

咳がとまりません


メットカメラで酔ってください。




開く コメント(0)

油断すると風邪をひく「黄色F改」です。


2018/8/25
この日は横浜から嫁の友達家族が大阪の里帰りの途中に我が家に寄ってくれた。

イメージ 1



その時の話で、横浜から山梨の勝沼は遠いのかと尋ねたら、2時間半くらいの距離があると。

ちなみに、9/15にワイン用のブドウの収穫のボランティアに行くよと言い出すじゃないか!

まぢか!となりますわな。

これで決定。

WEX勝沼に行くぞ!となりました。

日曜の9/16にちょいと寄り道してもらえたら会えるじゃないかと。


2018/9/15 5:00
今にも降り出しそうな中、出発したがすぐに土砂降り。

イメージ 2


そんな中、高速をぶっ飛ばしてシャトレーゼ白州工場へ。

この工場は、そのまんまのシャトレーゼの工場で、アイスを食べながら生産ラインを見れるんです。

しかもタダ!

イメージ 3



自動化された工場を見慣れない方にはつまんないかもしれないけど、装置を調整してセットアップが仕事の方は、見所がたくさんあります。

この日は土砂降りだったので気温も低く、アイスが全然進みません。

子供たちには普段1本しかアイスは食べさせないので、この時は食べ放題で夢の世界のはずですが、肌寒い中のアイスなのでそんなに食べれません。

2本で体は冷え冷え。

貧乏根性の3本目でギブアップ。


ちなみに、工場見学には予約が必要です。


次に向かったのは、オオムラサキ自然公園。

晴れてれば広い公園を散策出来たのですが、雨なのでオオムラサキセンターの世界のクワガタを展示しているのを見学。

標本が大量にあり、シレッと壁にノコギリクワガタの標本がくっついていたりした。

イメージ 4


これは巨大なGですが。。。

足元にも標本のやり場に困ったのか、贅沢な使い方をしていた。

イメージ 5



生きたオオクワなどもいて、なかなかの見応えで、アイデア満載な展示方法に関心しました。


お昼を回り、急ぎ韮崎市の「よしだのうどんさくら」に向かいました。

10:40-14:00までしか営業していない強気なうどん屋さんです。

アゴだしなのかな?煮干しの出汁が効いてて、関西のカツオと昆布だしの味になれた舌には抵抗があった。

イメージ 6



しかし、食べ進めていくと不思議と違和感がなくなってゆく。

うどんのコシがえらい強く、噛むのが疲れてくる。

上に乗った馬肉の味が濃くてうまい。

腹パンパン上機嫌!

仕事で甲府に来た時に行きたかった店なんです。

胃がはち切れそうになりながら、甲府のパン屋に寄り道して会場に向かった。

会場まではなかなかのダートで、コースはドロドロ。

でもって、大幅なコースカット。

ちょっと下見したけど、これはアカン気しかしなかった。

それよりも心配なのは、レース当日に嫁の友達が来たら泥だらけになって申し訳ない事になる。

どもならんけど。。。

開く コメント(0)

仕事中に草津総合病院のICUから電話があった「黄色F改」です。

一般病棟に移ったよって電話でした。

心臓が止まるかと思ったわ。


2018/8/12
この日はWEX-West R5 ドリーミンほうのきに参戦しました。

イメージ 1



WEXには、R1のスラムパーク、R4の朽木、East-R2ガイアに続く4戦目。

ここ数年でめっちゃレースに出てます。

結局、期待した雨は降らずじまい。

天気予報はレース中盤から後半あたりに雨予報。

そこに期待しつつレースはスタート。

1コーナーで転倒者ありの4番手くらいで通過。

イメージ 2



しばらくしたら、前走者が転倒。

さらに、登りで失速したのか、横を抜いてまさかのトップ

と、まぁ、調子がいいのはココまで。

イメージ 3



コースの半分も走ると4.5番目まで落ちて、4周目辺りに浮石に乗って転倒して6.7番目くらい。

じんわり順位を上げつつ、体力の限界に達してジリジリ後退。

イメージ 4



コケる回数が増えてゴーグルを外したのが最大の敗因。

舞い上がった土埃で前が見えず、目が開けられない。

イメージ 5



みんなが使わないような変なラインばかりを使い、土埃から逃げるような走り方をしていた。

1時間ちょっと走った辺りで左手の皮がめくれたのかハンドルが握れなくなった。

下りが辛すぎる。

左手をかばっていたら、右手にも激痛が。。。

どうやら右手の皮も剥がれた感じ。

もう、ツーリング。

景色を楽しみながらのんびり走る事にした。

嫁と子供たちが応援してくれてる所だけレースなペースで走り、見えないところはほぼ停止なペース。

イメージ 6


腕もさがってツーリングみたい。
あんなハイスピードボコボコなコースって無理やもん。


昨日のパン屋さんに帰りに寄れるかな?

とか、

高山ラーメン食べたいなぁ

イメージ 7



そんなことを考えながら最後の1周を走りゴールした。

結果
120Bクラス9位
総合25位

あらら〜な結果でした。

嫁を連れてレースに参戦の1戦目となるのかな?

数えきれないほど行けたらいいんやけど。。。

開く コメント(0)

コーヒーを1日に5杯は飲んじゃう「黄色F改」です。

朝、昼、夕方、夜、寝る前

いずれも砂糖、ミルクなしで。


少し話は戻ります。


2018/8/11
本来なら8/8に抗がん剤を投与して、この辺りは副作用で参ってる筈だった。

しかし、白血球だったか、血小板だったかが減少しているため、抗がん剤の投与が見送られた。

それが分かる数日前に僕はWEXほうのきにエントリーしていた。

会社の上司と一緒に行くはずだったが、急きょ断って、家族で行く事になった。

ほうのきスキー場で行われるレースは、岐阜県高山市から上高地方面やら、奥飛騨温泉郷、平湯温泉などのすぐ近くにあり、標高も高く酷暑だったこの夏でも快適に過ごせる避暑地です。

20代のころ、乗鞍スカイラインをバイクで登って、キャブ車だと標高が高すぎてエンストしまくったのを思い出す。


家を出たのは朝の4時まえ。
盆休みの渋滞緩和のため、高速料金が休日割引きがなくなり平日扱いになったので、深夜割引きを利用した。

ETC割引き0:00-4:00に乗るか降りるかで適用です。通過も良かったんやったっけ?

そんな早く出たら、高山市に6:30に到着。

道の駅、ななもり清見で朝イチを見学。
桃が1箱10個くらい入ってて1000円くらい。

えらい安いが今回は見送り。

お腹が空いたので、高山市のパン屋さんはどんな感じかしらと、検索したら数件あるパン屋の中で「トランブルー」と言う店にアンテナが立った。

イメージ 1



開店1時間前に駐車場に着いたら、すでに駐車整理が始まっていて、整理券まで出ていた。

僕らは15組目

先頭はいったい何時から並んでいたのか。。。

待ち時間の間に、この店をちゃんと調べたら、全国のパン屋さんがこの店に来るみたいな事が書いてあった。

気になる方は調べてみてね。

甘いパンから塩っぱいパンまで並んでて、こりゃ確かにうまい。

情報の味も足してるけど。

そんなパンを食べながら、次に向かうのは、「飛騨大鍾乳洞」

イメージ 2



オーナーが集めた秘蔵品が展示されてる博物館を経由して洞窟に入ります。

展示してる中に、イッカクのツノが2本ある「ニカク」なる骨格があった。

おぉ!となった逸品です。

その他、とっても価値のある品々なのでしょう。

ふ〜ん、そうなんやぁ〜と興味ある風にそそくさと見て回り鍾乳洞へ。

冷蔵庫の中にいるみたいで、とても冷んやりしている。

ポイントごとに名前がついていて、ホッコリさせられながら進んだ。

ゆるい上り坂でたまに階段。

洞窟内は広くて歩きやすいし、子供達にはちょっとした冒険のよう。

イメージ 3



なんやかんやで1時間くらい洞窟探検をして目的地に向かうかと思いきや、

平湯温泉に来ました。

ひらゆの森って言う温泉施設。

イメージ 4


ここでお昼。

ほう葉味噌がお気に入りのソウ。
なかなかの食べっぷりでした。

お風呂は源泉かけ流しなのかな?

湯船から湯が溢れ出していました。

露天風呂が5つくらいあって、薄い硫黄の香りがたまりません。

子供達は硫黄がクッサいと不評でしたが。。。

昼過ぎに入った温泉は人もまばらで、盆休みのわりに空いてました。

ただ、夕方に行った人に聞いたら、芋洗い状態で、湯船の湯が見えないくらい人が入ってたそうな。

イメージ 5


すぐ近くの商店横に温泉タマゴがあって、ご飯を持参したかった。。。

夕方にレース会場入りして、花火して、流星群を見るはずが、雲が多くてあまり見えなかった。

イメージ 6



流星群は見えなかった。そして家族揃ってあと何回見に行く事が出来るんだろうと考えてしまう。

イメージ 7



翌日は3ヶ月振りのレースで、スキー場のヤツはハイスピードグルグルになるはず。

星は見たいが、明日の為に雨降らんかなぁと夜空を複雑な気持ちで眺めていた。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事