塩風呂具

嫁はステージ4 の卵巣癌

バイクのない日々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
コーヒーを1日に5杯は飲んじゃう「黄色F改」です。

朝、昼、夕方、夜、寝る前

いずれも砂糖、ミルクなしで。


少し話は戻ります。


2018/8/11
本来なら8/8に抗がん剤を投与して、この辺りは副作用で参ってる筈だった。

しかし、白血球だったか、血小板だったかが減少しているため、抗がん剤の投与が見送られた。

それが分かる数日前に僕はWEXほうのきにエントリーしていた。

会社の上司と一緒に行くはずだったが、急きょ断って、家族で行く事になった。

ほうのきスキー場で行われるレースは、岐阜県高山市から上高地方面やら、奥飛騨温泉郷、平湯温泉などのすぐ近くにあり、標高も高く酷暑だったこの夏でも快適に過ごせる避暑地です。

20代のころ、乗鞍スカイラインをバイクで登って、キャブ車だと標高が高すぎてエンストしまくったのを思い出す。


家を出たのは朝の4時まえ。
盆休みの渋滞緩和のため、高速料金が休日割引きがなくなり平日扱いになったので、深夜割引きを利用した。

ETC割引き0:00-4:00に乗るか降りるかで適用です。通過も良かったんやったっけ?

そんな早く出たら、高山市に6:30に到着。

道の駅、ななもり清見で朝イチを見学。
桃が1箱10個くらい入ってて1000円くらい。

えらい安いが今回は見送り。

お腹が空いたので、高山市のパン屋さんはどんな感じかしらと、検索したら数件あるパン屋の中で「トランブルー」と言う店にアンテナが立った。

イメージ 1



開店1時間前に駐車場に着いたら、すでに駐車整理が始まっていて、整理券まで出ていた。

僕らは15組目

先頭はいったい何時から並んでいたのか。。。

待ち時間の間に、この店をちゃんと調べたら、全国のパン屋さんがこの店に来るみたいな事が書いてあった。

気になる方は調べてみてね。

甘いパンから塩っぱいパンまで並んでて、こりゃ確かにうまい。

情報の味も足してるけど。

そんなパンを食べながら、次に向かうのは、「飛騨大鍾乳洞」

イメージ 2



オーナーが集めた秘蔵品が展示されてる博物館を経由して洞窟に入ります。

展示してる中に、イッカクのツノが2本ある「ニカク」なる骨格があった。

おぉ!となった逸品です。

その他、とっても価値のある品々なのでしょう。

ふ〜ん、そうなんやぁ〜と興味ある風にそそくさと見て回り鍾乳洞へ。

冷蔵庫の中にいるみたいで、とても冷んやりしている。

ポイントごとに名前がついていて、ホッコリさせられながら進んだ。

ゆるい上り坂でたまに階段。

洞窟内は広くて歩きやすいし、子供達にはちょっとした冒険のよう。

イメージ 3



なんやかんやで1時間くらい洞窟探検をして目的地に向かうかと思いきや、

平湯温泉に来ました。

ひらゆの森って言う温泉施設。

イメージ 4


ここでお昼。

ほう葉味噌がお気に入りのソウ。
なかなかの食べっぷりでした。

お風呂は源泉かけ流しなのかな?

湯船から湯が溢れ出していました。

露天風呂が5つくらいあって、薄い硫黄の香りがたまりません。

子供達は硫黄がクッサいと不評でしたが。。。

昼過ぎに入った温泉は人もまばらで、盆休みのわりに空いてました。

ただ、夕方に行った人に聞いたら、芋洗い状態で、湯船の湯が見えないくらい人が入ってたそうな。

イメージ 5


すぐ近くの商店横に温泉タマゴがあって、ご飯を持参したかった。。。

夕方にレース会場入りして、花火して、流星群を見るはずが、雲が多くてあまり見えなかった。

イメージ 6



流星群は見えなかった。そして家族揃ってあと何回見に行く事が出来るんだろうと考えてしまう。

イメージ 7



翌日は3ヶ月振りのレースで、スキー場のヤツはハイスピードグルグルになるはず。

星は見たいが、明日の為に雨降らんかなぁと夜空を複雑な気持ちで眺めていた。

開く コメント(0)

ステージ4 の卵巣癌14

起きる時間が自然に早くなってる「黄色F改」です。


2018/10/12
ICUに入っている嫁の面会時間は早くて短い。
7:00-8:00
14:30-15:30
19:00-20:00
1日3回の各10-15分

イメージ 1



朝の面会時間に合わせて家を6:00に出発して7:20頃に入った。

あまり会話はできず、声を出すと痛そう。一瞬目を開けてしばらく閉じるを繰り返していた。

目の白い部分には水ぶくれなのか、薄く腫れているようにも見える。

たくさん繋がった管が痛々しい。

イメージ 2




2018/10/12 14:30
朝よりちょっと声に張りが出てきたように感じる。

しかもリハビリで歩いたそう。

手術の翌日に立たせて歩くんや!と驚いた。

痛がってはいたが、動く事によって声に張りが出たのかも。

そんな会話をしているのだが、重篤な患者がたくさんいるICUは、いたる所で機器がピーピー騒がしかった。


2018/10/12 19:00
この日最後の面会時間。

1日はあっと言う間に過ぎていく。

土日が仕事になった事などを報告したり、昼間に病院の近くのホームセンターで、前から欲しかったフェイジョアって言う植木を見つけて買おうかどうか迷った話をした。

そんな世間話の中、昼過ぎから騒がしいICUの機器達がさらに賑やかになり、スタッフの方々もバタバタし始め、隣のベッドが突然運び出された。

ICU内は静けさに包まれた。

無事であって欲しいねと、小さな声で話てこの日は帰宅した。


週末は仕事で病院には行けない。

週明けに会うときは、もっと元気になっているか、麻酔が切れて痛がっているだろう。

開く コメント(0)

ステージ4 の卵巣癌13

奥歯を抜く決心をした「黄色F改」です。

2018/19/11 16:00
手術は無事に終わりました。

卵巣、子宮、大網膜、腹膜、直腸の一部を切除。

術後の説明で取り出された臓器を見せてもらい確認しました。

5月の腹腔鏡で撮影された臓器がいま目の前にあるのだが、まだお腹の中にこっそり隠れて残ってないか心配です。


とりあえず、無事でなにより。

2018/10/12 7:00

イメージ 1


ICUにいる嫁の面会に来ました。
朝の7:00-8:00と驚異的な時間設定です。

しかも10分くらい。

患者の負担もあるからでしょうね。

あと14:30-15:30,19:00-20:00の2回。

親族以外はダメ
12歳以下もダメ


あぁ、長い。

14:30まで何しようかな。。。

開く コメント(4)

ステージ4 の卵巣癌12

「黄色F改」です。



2018/10/11 9:12
いま、嫁は手術室にいます。

イメージ 1




僕は手術室の前のベンチに座ってます。

無事に出て来てくれる事を祈るだけです。

開く コメント(0)

ステージ4 の卵巣癌11

メモに胸が締め付けられる「黄色F改」です。


2018/8/8
4度目の抗がん剤。

しかし、この日は白血球の数値が下がり過ぎていて、抗がん剤を打つことが出来なかった。

腫瘍マーカーは
22000-16000-3300-780-150

150!

もうそんなん無くなってんちゃうんって感じ。

ただ、白血球の数値が低い場合、鼻血やらがすぐに出て、ちょっとした打撲でも内出血が止まらないらしい。

2018/8/12
抗がん剤を投入しなかったので、体調が良くなりまくり。
怪我に気をつけつつ、WEXほうのきのレースに家族で出かけることができた。

イメージ 1


平湯の温泉にも入る事が出来た。

イメージ 2





2018/8/29
4度目の抗がん剤を投入した。

腫瘍マーカーは100

イメージ 3


2018/9/16
WEXかつぬまのレースに家族でいけた。

横浜に住む嫁の友達家族もわざわざ応援に駆けつけてくれて、なかなか会えない友達と再会する事が出来た。

イメージ 4



じゃ、レースじゃなく会いに行けばいいじゃないかと。。。
まぁまぁ。。。


2018/9/21
この日は血液検査、造影剤を入れてCTを撮り、先生の説明を聞いた。

マーカーは60

待望の二桁に入った。

イメージ 5


このまま薬だけで消えてくれたらいいのに。
ここまで小さくできるのなら、あと少しで完全消滅させる事ができるクスリが開発されるんじゃないだろうか。

そんな日が早く明日にでもきて欲しい。




2018/10/9
嫁が入院した。

イメージ 6



そして子供達が寝静まった家で昨日の夜にメモを見つけた。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事