伊那谷からの山登り

山好きが高じて信州に移住した人のブログです。
沖縄の山旅から2ヶ月間のご無沙汰でした。
なにかとバタバタして山から遠ざかってましたが、春とともに登山を再開したいと思います。

2019年3月17日(日)は富士山麓、忍野村にある杓子山に登ってきました。
目的は雪を纏った富士山を見るためです。

GPSログです。鳥居地峠に車を置いて、高座山を経由して杓子山をピストンするルートです。
イメージ 1

コースタイム
鳥居地峠(8:10)→高座山(8:50)→杓子山(10:10)→高座山(11:35)→鳥居地峠(12:10)

鳥居地峠の駐車場は8時の時点ですでに満車、流石人気の山です。
駐車場から林道を200mぐらい進んだところにあるスペースに車を止めて出発です。
イメージ 2

林道を200mほど歩いて、登山道に取り付きます。
イメージ 3

冬枯れのスッキリとした林が広がります。
イメージ 4

林を抜けると高座山まで広々としたカヤトの原が広がります。
イメージ 5

しかしなだらかなカヤトの原とは裏腹に、登山道には2箇所激急登が待っています。
イメージ 6

霜柱が融けた登山道に足元をすくわれて難儀します。
しかも本格的な登山は11月の竜ヶ岳以来4ヶ月ぶり、体が鉛のように重いです(^^;

しかし振り返れば眼の前に富士山がドーンと行きたいところでしたが、残念ながら6合目以上は雲の中でした。これは天候を回復することを祈って先に進むことにしましょう。
イメージ 7

2回目の激急登、写真だとうまく伝わらないですね(笑
イメージ 8

ヒーヒー言いながら、40分で高座山の山頂に到着。ここで大休憩です。
イメージ 9

高座山を過ぎると登山道に雪が出てきましたが、軽アイゼンを出すほどの雪ではなかったです。
イメージ 10

高座山と杓子山との鞍部、大権首峠(おおざすとうげ)
イメージ 11

ここにはハンググライダーの離陸ポイントになっています。富士山を見ながらのフライトは気持ちよさそうですね。
イメージ 12

大権首峠から最後の急登を登りきって。
イメージ 13

登山開始から2時間で杓子山の山頂に到着。
イメージ 14

おしゃれな山頂碑と富士山。雲が切れそうで切れてくれません。
イメージ 15

昼食を取りながら、30分ほど粘ってみましたが、寒気の影響で次々と雲が湧いてくるので、下山することにします。
イメージ 16

高座山からカヤトの下り、雄大な富士山の裾野を見ながら下っていきます。
イメージ 17

最後は林道を歩いて車に戻りました。
イメージ 18

山麓の忍野村から見たピラミダルな高座山と、その右奥に杓子山です。
イメージ 19


久しぶりの登山で、脚が上がらない・・・息が続かない・・・体力の衰えを実感しました。やはり定期的に山に登らないとダメですね。夏山に向けて鍛えなおそうと思います



さて、今回もスマホアプリの「Geographica」をハンディGPS替わりに使ってみました。
イメージ 20

前回試せなかった、カシミール3Dで作成したルートを予めスマホに取り込んで表示してみました。
イメージ 21

結果はバッチリやりたいことができて大満足です。
ルートの表示とGPSログの取得ができれば、私がハンディGPSで行っている操作は代替えできます。
これで冬山以外はスマホがハンディGPS替わりになりそうです。



それと、Yahooブログ終了は困りましたね・・・
FACEBOOKもInstagramもヤマレコもやってないし、ブログという媒体が自分には丁度よいのですがね。
おそらく移行ツールを使って、他のブログに移ると思います。
せっかくYahooブログで培われたコミュニケーションが切れてしまうのが残念ですが、新しいブログに移っても引き続きご愛顧いただけると嬉しいです。

この記事に

開く コメント(4)

沖縄山旅 そのほか

沖縄山旅では嘉津宇岳与那覇岳に登った以外に、観光もしてきました。

そんな写真あれこれです。

まずは首里城
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

美ら海水族館
イメージ 4

イメージ 5

巨大水槽で悠々と泳ぐジンベイザメが圧巻でした。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

古宇利大橋
イメージ 9

イメージ 10

沖縄本島最北端、辺戸岬
イメージ 11

イメージ 12

嵐山展望台から見た羽地内海
イメージ 13

エメラルドグリーンの海が見事でした。
イメージ 14


そして最後にひめゆりの塔と摩文仁の丘
イメージ 15

イメージ 16

今は美しい沖縄にも、悲しい歴史があったことは忘れてはなりません。
イメージ 17


登山以外にも沖縄本島を北から南まで堪能した4日間の山旅となりました。

この記事に

開く コメント(2)

嘉津宇岳に登った翌日は、国頭村にある沖縄県の最高峰、与那覇岳に登りました。

GPSログです。標高320m付近に駐車場があり、山頂まで標高差180mのゆるい登りが続きます。
イメージ 1

コースタイム
駐車場(8:10)→与那覇岳(9:05)→駐車場(10:00)

5台程度駐車できる登山口からスタート。
イメージ 2

巨大なシダが覆う登山道。嘉津宇岳よりこちらのほうが森がより深いです。まさにやんばるの森。
イメージ 3

クワズイモの葉っぱ。生えている植物がどれもこれも巨大です。
イメージ 4

これはマングース捕獲用の罠。登山道脇のあちこちに仕掛けてありました。
イメージ 5

地形図では林道で表記されていますが、実際には車は入ることができない登山道です。
イメージ 6

分岐地点では石でブロックしてあたり、ロープが張ってあったりで安心です。
イメージ 7

が、一旦登山道を外してしまうと確実に遭難しそうな深い森です。
イメージ 8

登山開始から1時間弱で与那覇岳の山頂に到着。ここだけ開けています。
イメージ 9

イメージ 10

展望はほとんどないです。唯一開けた場所から精一杯手を伸ばして撮ったのが下の写真。ジャングルですねー。
イメージ 11

なんだか森に吸い込まれそうで怖くなったので、元来た道をそそくさと下山です。
イメージ 12

駐車場まで戻ってホッとひと安心。
イメージ 13

難しいところや急登は全く無いですが、深いやんばるの森に畏怖の念を抱いた与那覇岳でした。

これで全国で未踏の県は4県になりました。

この記事に

開く コメント(0)

2019年1月11日から14日まで成人の日の3連休+有給を利用して、沖縄県の山旅に出かけてきました。

沖縄県に行ったのは人生で初めて、青い海と空を眺め、やんばるの森を歩くのが目的です。

1座目は名護市にある嘉津宇岳へ。

名護市内から見た嘉津宇岳。標高452mの山です。
イメージ 1

GPSログです。標高270m付近に駐車場があり、標高差180m、片道約30分の道のりです。
イメージ 2

コースタイム
駐車場(11:50)→嘉津宇岳(12:15)→駐車場(13:00)

登山口にはトイレと案内板があります。
イメージ 3

登山口から1歩足を踏み入れるとそこは南国の世界。本州の植生とは全く異なります。
イメージ 4

巨大なクワズイモの葉っぱ。いたるところに生えていました。
イメージ 5

一見歩きやすそうな道に見えるのですが、前日の雨でぬかるんでいるのと石灰岩の岩が滑るので慎重に登ります。
イメージ 6

それでも25分で山頂に到着。山頂に立つと一気に視界が開けます。
イメージ 7

名護の市街地方面。
イメージ 8

名護湾に雲の隙間から太陽の光が降り注いで、明るく輝いていました。
イメージ 9

反対側を見ると古宇利島と屋我地島近辺の海がエメラルドグリーン!山頂からこの景色を見たかったんです。
イメージ 10

なんとなく霞んで見えるのは、寒気の影響で低い雲から霧雨が降っているから。
すっきりした青空が見たかったですが、これだけ展望があれば良しとしましょう。

一通り展望を楽しんで、元来た道を慎重に下りました。
イメージ 11

そして登山口に戻ると、なんとスッキリ晴れているではないですか・・・
イメージ 12

まあ山に登ってるとこんなことがままありますよね^^;


それでも沖縄の森の雰囲気と展望が堪能できた嘉津宇岳でした。

2座目に続きます。

この記事に

開く コメント(4)

またまた去年の事になりますが、2018年12月30日(日)はふるさと尾道の山を巡ってきました。
巡ったのは千光寺山、浄土寺山、白滝山、鳴滝山です。

穏やかな尾道水道の海です。
イメージ 1

ここから狭い路地を千光寺山に向かって登ります。
イメージ 2

ジブリの世界に出てきそうな路地。
イメージ 3

路地のあちこちで福石猫が迎えてくれます。
イメージ 4

天寧寺三重塔と尾道の町並み。
イメージ 5

中腹にある千光寺です。
イメージ 6

ここからの眺めは最高です。
イメージ 7

イメージ 8

千光寺から山頂までは文学のこみちが続いています。
イメージ 9

志賀直哉「暗夜行路」の碑です。
イメージ 10

山頂の展望台から見える景色も素晴らしいです。
イメージ 11

イメージ 12

千光寺から一旦下って。
イメージ 13

続いて浄土寺山に登ります。
イメージ 14

浄土寺の阿弥陀堂、重要文化財です。
イメージ 15

こちらは国宝の多宝塔。
イメージ 16

浄土寺の境内の裏から登山開始です。浄土寺山は鎖山になっています。まずは一ノ鎖。
イメージ 17

30mほどの鎖を登り切ると、うーんいい景色。
イメージ 18

浄土寺山は千光寺山と違って登山道となっています。
イメージ 19

道なりに進んでいると、ニノ鎖を通り過ぎて三ノ鎖に出てしまいました^^;
イメージ 20

三ノ鎖は途中90度の絶壁があってクリアできず、巻道を登ると絶景が待っていました。
イメージ 21

尾道大橋と新尾道大橋、その先に瀬戸内海の島々です。
イメージ 22

山頂にある浄土寺の奥の院。
イメージ 23

瀬戸内海がきらきらと光っていました。
イメージ 24

尾道の町並みと先ほど登った千光寺山です。
イメージ 25

千光寺をアップで。よく見るとすごいところに建ってますね。
イメージ 26



続いて、尾道大橋を渡って尾道の対岸にある向島の高見山に登ろうと思ったのですが、昨年の豪雨災害で道路が通行止め・・・
こんなところに影響があるとは。被害の大きさを実感するとともに復興を切に願いました。

高見山を諦めて、向島から因島大橋を渡った因島へ。
イメージ 27

因島の白滝山へ。ここは駐車場から10分ぐらいで来ることができます。
イメージ 28

先程渡った因島大橋と瀬戸内海の島々。
イメージ 29

イメージ 30


白滝山をあとにして、尾道の中で自分の一番のお気に入りの山、鳴滝山へ。
ここも駐車場から10分ぐらいで来れます。眼下に瀬戸内海の島々が一望です。
イメージ 31

尾道市内の眺め。
イメージ 32

イメージ 33

尾道に住んでいる時はなんとも思わない景色でしたが、久しぶりに眺めて見ると本当に美しい景色でした。
イメージ 34


山巡りを終えたあとは尾道ラーメンの中で一番好きな「萬来軒」へ。
イメージ 35

魚介系スープに背脂が乗った独特な尾道ラーメン、久々に食べてもやっぱり美味しかったです。


香川県の飯野山(讃岐富士)と尾道の山を巡った、充実した年末年始の帰省となりました。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事