伊那谷からの山登り

山好きが高じて信州に移住した人のブログです。
2018年1月20日(土)は野沢温泉スキー場へ滑りに行ってきました。
イメージ 1

妙高山、火打山を見ながら気持ちよくシュプールを刻んできました。
イメージ 2

スキー場のスケールが桁違いに大きいです。
イメージ 3

山頂から山麓まで長いコースを堪能しました。
イメージ 4

GoProで撮影した動画はこちら。

山頂(1646m)から山麓(625m)までスカイラインコースで一気に滑り降りた動画がこちら。


そろそろバックカントリーにも行きたいところです。

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

謹賀新年

イメージ 1

旧年中は当ブログへの訪問・たくさんのコメントありがとうございました。
今年も「伊那谷からの山登り」をよろしくお願いします。


「一年の計は元旦にあり」と言うことで、ここ数年正月に今年登りたい山をピックアップしています。
これを行うことで1年の良い動機づけになります。このおかげで昨年は17山登れました。
そして今年登りたい山は・・・

・播磨アルプス
・京都一周トレイル
・武奈ヶ岳
・大峰山
・那須岳
・乾徳山
・北横岳−蓼科山縦走
・谷川岳−平標山縦走
・唐松岳−五龍岳縦走
・塩見岳−北岳縦走
・北岳−農鳥岳縦走
・常念岳−蝶ヶ岳縦走
・早川尾根−鳳凰三山縦走
・妙高山
・笠ヶ岳
・霞沢岳
・前穂高岳
・妙高山
・高妻山
・岩手山
・八甲田山
・岩木山

ここ数年ずっと宿題になっている山もありますが^^; 一歩一歩前へ進みたいと思います!

この記事に

開く コメント(8)

2017年12月23日(土)はおんたけ2240へ滑りに行ってきました。
イメージ 1

御嶽山をバックに、中央アルプスを目の前にして気持ちよくシュプールを刻んできました。
イメージ 2

新しいアクションカム(GoPro)を買ったのでテストで撮影してみました。

今シーズンの目標は根子岳からの滑りを動画に収めることです。

この記事に

開く コメント(4)

白馬47スキー場

今シーズンの初滑りに「白馬47スキー場」に行ってきました。
イメージ 1

ここはゲレンデから間近に五竜岳が眺めれるのが魅力です。
しかもオープニング期間でチケットも安く、最近の降雪でほぼ全面滑走可能でお得でした。

遮るものがない快晴、名だたる名山を眺めながら楽しく初滑り出来ました。
イメージ 2

イメージ 3

今年は雪がたくさん降ってくれると嬉しいです。
山スキーで根子岳に再チャレンジするのが目標です。

この記事に

開く コメント(6)

2017年12月3日(日)は大菩薩嶺の南にある牛奥ノ雁ヶ腹摺山に登ってきました。

早速ネタバレして何が日本一かというと名前の長さが日本一なんです。
「うしおくのがんがはらすりやま」の14文字が日本一の長さです。
今回は、日本一名前の長い山から日本一の富士山を見るために登ってきました。

GPSログです。上日川峠に車を停めて、大菩薩峠経由で石丸峠へ。そこから小金沢山−牛奥ノ雁ヶ腹摺山と縦走します。帰りは石丸峠から直接上日川峠に戻るルートです。
イメージ 1

コースタイム
上日川峠(8:00)→大菩薩峠(8:50)→小金沢山(10:05)→牛奥ノ雁ヶ腹摺山(10:35)→石丸峠(12:20)→上日川峠(13:20)

上日川峠に車を停めてスタート。前回ここに来た時は大菩薩嶺に登りました。
イメージ 2

福ちゃん荘までは登山道を。
イメージ 3

そこから大菩薩峠までは林道を登ります。
イメージ 4

緩い登りを50分登って大菩薩峠に到着。素晴らしい文句なしの快晴です!
イメージ 5

甲府盆地をはさんで向かい側には雪を被った南アルプスが、一本の筋のように光っています。
イメージ 6

大菩薩峠から本格的な登山道に変わります。樹林帯を歩いたと思ったら。
イメージ 7

いきなり笹原の稜線が現れたりして変化に飛んだ登山道が続きます。
イメージ 8

これから向かう牛奥ノ雁ヶ腹摺山への稜線とその奥に富士山!絵になります。
イメージ 9

まずは小金沢山のピークが見えてきました。
イメージ 10

石丸峠から小金沢山までの樹林帯の中はやや登山道が不明瞭なところがありますが、しっかり足跡と赤テープを追えば大丈夫です。
イメージ 11

登山開始から約2時間で小金沢山に到着。
イメージ 12

ここから見る富士山も素晴らしいです。
イメージ 13

小金沢山と牛奥ノ雁ヶ腹摺山は地元大月市の秀麗富嶽十二景に選ばれています。

小金沢山と牛奥ノ雁ヶ腹摺山の間は緩やかな気持ちのよい稜線が広がります。
イメージ 14

そして小金沢山から30分で目的地の牛奥ノ雁ヶ腹摺山に到着!!日本一の山に登れました(*^_^*)
イメージ 15

山頂から見た富士山。
イメージ 16

手前の山並みとその奥に聳える富士山美しいです。
イメージ 17

アップにすると吉田口登山道のジグザグもよく見えます。
イメージ 18

西に目をやると南アルプス。農鳥岳、間ノ岳、北岳です。
イメージ 19

こちらは悪沢岳、赤石岳、聖岳です。
イメージ 20

大展望を楽しみながらゆっくりとランチをとって下山します。

帰りも笹原の稜線歩きが気持ちいいです。
イメージ 21

石丸峠からは仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳も見えました。
イメージ 22

冬枯れの明るい登山道を下山します。
イメージ 23

登山道は林道を渡って
イメージ 24

もう一回車道を渡って上日川峠に戻ります。
イメージ 25

一旦下って上日川峠への最後の登り。
イメージ 26

登山開始から5時間20分で上日川峠に戻りました。
イメージ 27

最初はその名前に惹かれた「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」でしたが、そこに至る稜線の美しさと山頂から見える光景も素晴らしいものがありました。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事