田中栞日記

開きやすく壊れにくい豆本を作りましょう。

お宝豆本拝見会〜華麗なる名作豆本の世界

イメージ 2

 

昭和時代のコレクターズ・アイテムの豆本シリーズには

様々なものがあります。

当時、特に喜ばれたシリーズのひとつが未来工房の豆本です。

  

水上勉、半村良、浅田次郎、赤江瀑、宮尾登美子、五木寛之など、

たくさんの著名作家の作品が、

凝った造本の豆本として限定刊行されました。

 

表紙が総革で、見返しはマーブル紙。小口には三方銀、本文紙の一郭には

内容に合う色刷りカットが配され、限定番号と著者の署名が入れられている……。

収められた函は、特注の金属モチーフや陶製モチーフがはめ込まれていたり、

ステンドグラスや螺鈿で装飾されたりしています。

宮尾登美子さんの作品は、ご本人の着物が造本に使われています。

作家のファンにとって、たまらない魅力が満載です。

 

イメージ 1


また、家具職人にミニチュア家具を作ってもらい、

その中に豆本を収めた「家具+豆本シリーズ」も注目を集めました。

デジタルではない職人仕事が光る作品群。

この未来工房の仕事は、日本人らしい精巧な作りで、昭和時代の愛書家・豆本愛好家たちを

楽しませました。

 

美しいこのシリーズの作品を中心に、びじゅぶっくほしの、緑の笛豆本、こつう豆本など、

一流の豆本コレクションを所蔵する愛書家の方のお宅に、

貴重な豆本の実物を見せてもらいにいきます。

普通なら、展示されているものをガラスケース越しに眺めるだけ、

というような存在の工芸豆本の、すべて実物を見ることができます。

 

それぞれの作品について、所蔵主さんと田中栞が解説しながらお見せします。

また、取り扱いに注意が必要な作品がありますが、貴重な本との接し方・

取り扱い方などについても、丁寧に手ほどきしますので(はじめに手を洗うなど)、

ご心配はいりません。ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

 

……………………………………………………
お宝豆本拝見会

 

日時 2017625日(日)横浜市内で12:50集合〜夕方
場所 豆本愛好家の方のご自宅(横浜市内)

 ※お申込みいただいた方に、当日のことについての詳しいメールを差し上げます。

解説・引率 田中栞
参加費 2500(日本豆本協会会員2000円)

 ※参加費は全額、豆本愛好家の方へのお土産購入にあてて持参いたします。

申込み・問合せ先

 お名前・お電話番号を明記の上、「お宝豆本拝見会参加希望」として

 下記へメールして下さい。

 ご質問などもお気軽にどうぞ!

 koubaidocam.hi-ho.ne.jp(※を@に代えて下さい)

 電話045-431-1260(田中栞)

 

〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜

ワークショップ1日豆本教室

  …豆本を6冊作ります                                                                       

2017617日(土)朝〜夕、豆本三昧!

放課後講座*本作りに役立つ編集講座

 

ワークショップ1日製本教室


…本かがり上製本・和本など4冊作ります

2017618日(日)朝〜晩、製本三昧!

放課後講座*『泉孝次蔵書票作品集』の折本ワークショップ

 

ワークショップ一日製本教室(御朱印帳)

  …御朱印帳(大サイズ&豆サイズ)、版画折本、フラッグブック、和本(亀甲綴じ)を作ります

2017109日(月、祝)朝〜晩、製本三昧!

放課後講座*本作りに役立つ編集講座

 

*ワークショップ1日丸背豆本&函教室

  …憧れの丸背豆本とリボン付きの貼函を作ります

20171014日(土)朝〜晩、豆本三昧!

 

ワークショップ一日和本教室

  …和本2種(麻の葉綴じ・綴葉装)と帙を作ります

20171015日(日)朝〜晩、和本三昧!

……………………………………………

201610月〜(随時受付)「消しゴム版画」よみうりカルチャー川崎

20154月〜(随時受付)「消しゴム版画」よみうりカルチャー横浜

*田中栞の「豆本・製本ワークショップ」予定表 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他の最新記事

すべて表示

中世装飾写本風挿絵本『Merlin...

2017/4/5(水) 午後 3:52

 最近ハマっているのが、細密画や装飾が印面に満ちている挿絵本です。  今日届いたのは、スタイルこそ古めかしいですが、発行はそんなに古い本ではありません。 『 Merlin 小説集』 ( 1966 年、パリ・ Le Chant des Sphères 刊 ) です。  表紙は総革で、革モザイクこそありま ...すべて表示すべて表示

 昨年後半からユーロが高いのと、秋に高額本を 1 点、買ってしまった関係で、 しばらく自粛していた挿絵本購入ですが、ずっと欲しかった 1 冊が わりと安かったので(本代は 30 ユーロ、送料とも 7712 円)、 「これだけは許して!」と、お財布の紐を緩めました。  送料が思いのほか高かったのは ...すべて表示すべて表示

今や全国各地で開催されている古本イベント「一箱古本市」。 このたび、 戸越八幡神社で初めて行われる「一箱古本市」 に、 大人気古本ブロガー、小山力也さんが出店することになりました! 小山さんの痛快古本屋めぐりブログ 「古本屋ツアー・イン・ジャパン」 (通称「古ツア」) は、 ほぼ毎日更新で、全国の古本屋を駆け ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事