田中栞日記

「かわいい豆本づくり」ヴォーグ学園東京校/横浜校・途中受講できます

全体表示

[ リスト ]

ケータイ小説の校正

イメージ 1

イメージ 2

*陽未(Himi)『プリンセス』スターツ出版、2007年3月、四六判丸背上製284ページ、定価1000円+税


 先月、頼まれて校正をした本ができあがってきた。

 最近話題の「ケータイ小説」の単行本化だ。「日本ケータイ小説大賞」という賞の第1回TSUTAYA賞受賞作。
 ヒロインは17際の高校生、江田家のお嬢様心菜(ここな)ちゃん。その幼なじみの18裁、同じく高校生の川合陽呂(ひろ)くんと、突如婚約することになり、結婚に至るまでのあれやこれやの物語である。
 どきどきしながら、ほんの少しずつ進む恋のA、B、C【ここんとこ、ハートマークつき】。お約束のライバルが双方に登場し、やきもきしつつも、最後はほのぼのハッピーエンドに。ストーリーは少女漫画そのものだ。
 
 ケータイ小説だから会話も改行も多いとはいえ、単行本にすると300ページ近い大作である。それなりに読みごたえはある。
 文章というには会話調が先行しており、もちろん、入稿の際に担当編集さんが原稿整理をしているはずだが、日本語は思ったほど破綻しておらず、比較的読みやすかった。
 最初、「ケータイ小説の校正」と依頼の概要を聞いた際、「ひょっとして、顔文字の校正とかもあるのかな ? (^-^); 」と楽しみにしていたのだが、残念ながら今回の作品には登場しなかった。 


 組版をごらんいただくとおわかりのように、横組である。
 横組になっているのには理由がある。もともとの掲載媒体が携帯画面であるため、横書きが自然だということ。
 また、携帯の画面という、行長(1行の字詰め)がとても短い環境で書かれた文章のため、単行本に組み直すと、縦組では1行の字詰めが長すぎるということ。それで横組に設定してあるわけである。 

 それにしても、私も校正者生活26年、色々な本の校正をしてきたので、大抵のゲラには驚かないが、改行部分を1字下げにしない(すべて「天ツキ」のママ)組版、というのは初めてであった。
 ほぼ毎行、改行になるので、字下げをすると全部の行が1字下げになってしまう。それで字下げをしない組み方にしたようだ。
 
 驚くのは、このボリュームで定価1050円(税込)だということ。
 購入する層が中学生、高校生といった若い人たちが多いので、安い設定になっているそうだが、それだけ、製作部数が多いということでもある。初版から数万部、ものによっては10万部という出版物もあるようで、そうでなければ1000円ちょっとの販売価格で丸背上製本は作れないだろう。
 

 このブックデザイン、文字や模様の部分が刺繍のような細い線で描かれていて、なおかつその部分が空押しのようにポコンと出っ張っている。ジャケットを外した表紙も見返しも本扉も、そして花布とスピン(栞紐)まで全部ピンクである。
 ブックデザイナーは中島健作さん(ブランシック)という方。おそらく男性だろう。
 ちゃんと紐栞までついている贅沢造本(さすがに糸かがりではなかったが)、これで1050円……。う〜ん、すごい……。

 平凡社の本を見慣れている人間には、様々な部分で新鮮な1冊なのであった。


〜〜〜〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*通信講座「消しゴム版画で蔵書票」朝日カルチャーセンター
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/23273246.html

「消しゴム版画1日教室」新宿・朝日カルチャーセンター
2007年 6月17日(日)13時〜15時
http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0704koza/E0101.html

*「楽しい遊印1日教室」神保町・表装ギャラリー拓
2007年4月7日(土)13時〜16時
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/30060149.html
http://www.hyougu.com/osirase.htm

*『本の手帳』大好評発売中/「蔵書票部」の作品紹介あり!
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/27566874.html
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/27666929.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

閉じる コメント(4)

ケータイ小説を第三者からの目でみた記事、興味深く読みました^^ 流行と言うことで「恋空」というものはPCで全文読みましたが、結構ボリュームがあるものですよネ。これも多分、よく売れるんでしょうネ〜!

2007/4/3(火) 午前 8:30 くにざわゆう

顔アイコン

ゆうさん、いらっしゃいませ。ゆうさんは小説家さんなんですね。昔と違って、パソコンや携帯で不特定多数の方に簡単に見てもらえるようになりましたが、私はどうも、まだパソコンや携帯で小説を読んだことがありません。読みにくいものがほとんどですから……。この私のブログも、行間が狭くて読みづらい。組版を色々にできて、読みやすい工夫ができるようになれば、もっと活用できるのになあと思います。

2007/4/3(火) 午後 2:22 [ 田中栞 ]

顔アイコン

先日はお世話になりました。宣伝ありがとうございます! デザイナーさんは男性です。ラブリーな感性は女性以上です。中高生向けの本では、やはり1050円がせいいっぱいなんです。これ以上高いと手がでないですからね。だけどカバーがかわいくなければ売れにくい……。難しいところです。

2007/4/6(金) 午前 11:59 [ gak*g*ko ]

顔アイコン

gakogakoさん、編集サイドからのコメントありがとうございます。プロのデザイナーさんはどんな雰囲気でも作れるのでしょうが、ホントにすごいです。ある意味、オンナより女っぽい雰囲気かも……と思いました。

2007/4/7(土) 午前 1:08 [ 田中栞 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事