田中栞日記

「かわいい豆本づくり」ヴォーグ学園東京校/横浜校・途中受講できます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

『デザインの現場』2010年4月号(職人特集号)、『和樂』2010年5月号(和装本特集号)誌上などで、
 紹介記事が掲載されました。

【この記事は、開催予定の日程を随時更新しています】
 好評につき、自宅(横浜市内)で連続開催しています。
 現在の開催募集日……2018年11月24日(土)
※各日、同内容です。ご都合の良い方の日をお選び下さい。

「製本をやってみたい。でも、何日も通う時間は取れない」……そんな忙しい方のための、
たった1日で製本の基本技術をあれこれ体験できる「1日講座」です。
初心者対象。カッターや定規、目打ちなど道具の使い方からご指導します。
 製本は、朝10時から作業を開始して、夜8時半頃まで。

 その後、自由参加で、『泉孝次蔵書票作品集』を作る「折本ワークショップ」をいたします。
 参加自由、材料費別途1000円(泉孝次さん作、かわいい郷土玩具蔵書票15枚がお手元に!)。

 内容は次の通り。

*プログラム* 
 1.レクチャー/「紙の目」の話
 2.レクチャー/洋装本の製本構造
 3.1折中綴じ/『書肆ユリイカ出版総目録』
 4.2折綴じ
 5.本かがり上製本(角背布表紙、手作り花布・栞ひもつき)
  ※接着剤でまとめるだけの「無線綴じ」ではなく、8折の折丁を
   きちんと糸でかがる、本格的な綴じで行います。
   本文化粧裁ち、表紙板紙の裁断の作業があります。
  〜おそらくこの途中で昼食〜
 6.レクチャー/和装本と洋装本の違い
 7.和装本(四つ目綴じの半紙本)
  本文紙をきちんとした「こより」で下綴じして、絹糸で本綴じします。

 表紙布や栞ひもなどの材料を、お選びいただけます。
 個々の疑問解決や指導希望にも、可能な限り応じます。

【放課後講座】本づくりに役立つ編集講座
 *参加費1000円(テキストつき)

 豆本だけでなく通常サイズの本でも、よろず本をつくるときに
 知っておかなくてはならないこと、ふまえておかなくてはならないことがあります。
 文章執筆のルール、内容構成の方法、内容と製本構造の関係、
 表紙と中身の印刷レイアウト方法、奥付の作り方、著作権のことなど、
 編集者としての実践経験に基づいて、役立つことをたっぷりレクチャーします。 
 ※この講座にだけ参加したい方は、要予約
 (開始時刻は、日によりますが午後8時頃からになると思います)。

 すべての工程について、田中栞が懇切丁寧にフォローしますので、
 必ず完成品をお持ち帰りいただけます。

*日時……2018年11月24日(土)
     準備 午前9時〜
     材料選び 午前9時50分(遅刻厳禁)
     作業 午前10時〜午後8時頃?
   
 作業開始前に材料選びがあります。
 午前9時から受け入れOK。
 昼食をご持参ください。お茶・スープやみそ汁はあります。
 放課後講座まで参加する方はお菓子など、適当にお持ち下さい。
 お茶はあります(放課後講座を体験するかどうかは、当日決めてOK)。

*注意事項……作業場所の家には、古書がたくさんあります。古本やホコリの
       アレルギーがある方は参加をご遠慮下さい。

*受講料/9000円(材料費込み、道具もこちらで用意します)
 ※原則として、事前にご予約金2000円のご送金をお願いしています。
  ご送金が難しい場合や、日程が迫ってからのお申込みの場合は、
  全額、当日申し受けます。 

*場所/田中栞の自宅
 横浜市内。東急東横線「妙蓮寺」駅から徒歩です。
 申込者には地図を送ります。

*問合せまたは申込み先/田中栞へ「姓名・お電話番号」を明記の上、ご連絡下さい。
電話045-431-1260
koubaido※cam.hi-ho.ne.jp(※を@に代えてご送信下さい)

 定員は各回5名様です。お申し込みはお早めに。
 参加した方には、後日、不明なことが出てきましたら質問にもお答えします。
また、体験後、本格的製本教室受講希望者には、各地の教室情報も
お教えしています……というアフターケアつき。

 ……まずはお気軽にご連絡下さい。

*田中栞・製本体験履歴
1982年頃 渋谷東急ハンズ・岡野暢夫氏・製本教室受講
1985年〜1986年頃 遠藤諦之輔氏『古文書修補六十年』(汲古書院)編集制作担当、
遠藤氏より和装本造本の手ほどきを受ける。
1987年4月〜2003年3月 池袋西武コミュニティカレッジ・ルリユール工房、
入門クラス(藤生典子氏)・パッセカルトンクラス(伊藤篤氏・栃折久美子氏)受講

〜〜〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*ワークショップ「1日豆本教室」…豆本を4冊作ります

2018年12月9日(日)朝〜晩、豆本三昧!
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/41409123.html

*ワークショップ「1日丸背豆本&貼函教室」…憧れの丸背本と函!
帳簿丸背/通常の丸背/2018年、日程調整中。個別対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/50285577.html

*ワークショップ「1日和本教室」…和本2種類と帙を作ります
2018年11月28日(水)朝〜晩、和本三昧!
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/50354600.html

*田中栞の「豆本・製本ワークショップ」予定表
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/50253884.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

閉じる コメント(23)

顔アイコン

宵月様、どうもありがとうございます。もっとお歳を召した方も参加していらっしゃいますから、大丈夫ですヨ!
暑い中、遠くから恐縮です。どうぞ、お気をつけてお越し下さいませ。

2007/8/4(土) 午前 0:55 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

昨日は有り難うございました!
本当にあっと言う間の一日でした。
帰ってから、知恵熱が出ました(笑)。

早く復習したいのですが、当分、時間がとれそうにありません。
夢ばかりふくらみます。

楽しく充実した時間を有り難うございました。

2007/8/6(月) 午後 10:38 [ fairy ] 返信する

顔アイコン

fairy1957様、昨日はお疲れさまでございました。長時間お引き留めしましてすみません。
復習して何か不明な点がありましたら、なんでもお気軽にお尋ね下さいませ。

2007/8/7(火) 午前 0:54 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

すみません、「fairy1957こと高田美苗」です。
私のブログのほうでも、紹介させていただきました。
何か、不都合がございましたらお手数ですがお知らせくださいませ。

2007/8/7(火) 午前 1:14 [ fairy ] 返信する

顔アイコン

老婆心ながら……。
>栞さんへ、上記の↑アドレスを

http://blog.so-net.ne.jp/fairy/

こんなふうに書き直してみてくださいな。迷子にならないですむと思われます。
ブログや、ひいてはネットの便利なようで、便利じゃないのは、こういうところかな〜。
んだばのぅ。

2007/8/7(火) 午後 4:40 [ tamae ] 返信する

顔アイコン

初めまして。
樋口裕子と申します。
高田美苗さんのブログを拝見して、こちらに伺いました。
製本教室、とても楽しそうですね。
私も、教えていただきたいと思っています。

2007/8/7(火) 午後 6:57 [ hir*ror*21*3 ] 返信する

顔アイコン

fairy1957様、ブログでのご紹介、ありがとうございました。不都合などとんでもないです。感謝です。
8月の製本教室に参加された、高田美苗さんの画像入りレポートです。
*妖精のかくれ家(高田美苗さんブログ)
http://blog.so-net.ne.jp/fairy/

tamaeさま、ご教示感謝です。コメントは「修正」ってできないのですね、削除して新規に載せる方法しかわからない。
いまだ使いこなせぬうちに、そろそろ買い替え時に来ています。

2007/8/8(水) 午前 2:26 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

hirororo2163さま、コメントをありがとうございます。どうぞどうぞ、ぜひご参加下さい。詳細については、直接私のほうへメールを下さいませね。
koubaido@cam.hi-ho.ne.jp
お待ちしております。

2007/8/8(水) 午前 2:29 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。とても興味があるのですが、
具体的に皆さんのお作りになったものが、
どんな風に出来あがっているのか見てみたいです◎

2008/1/27(日) 午前 10:43 [ shi*a47*9 ] 返信する

顔アイコン

shina4739様、コメントありがとうございます。
皆さんに作っていただくものは、布や糸は選んでもらいますし、和綴じの形は単純な四つ目綴じですが、基本的な構造はこの画像に載せたものと一緒です。
出来の違いというのは、実物を触らないとわかりづらいと思います。
よろしければ今度、教室にご参加下さいね。1日で終わるということもあって、ご遠方からもたくさんいらっしゃっていますので……。

2008/1/29(火) 午前 10:04 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

横浜に住む還暦をかなり過ぎたおじさんです。先日読売新聞で岡野暢夫さんの「豆本」の記事を見て製本に興味が沸いてきた処です。
図書館で関連本を見たのですが実際に体験するのが早道かなと思っています。そのせつはぜひよろしくお願いします。

2008/2/13(水) 午後 5:11 [ yok*ha*agu*ma* ] 返信する

顔アイコン

製本好きのおじさま方、何人かウチにお見えになっています。
どうぞ、ぜひご参加下さい。まったくやったことがなくて、参考書だけで作るというのは、結構大変です。1度やってみると、本を見てピンと来ることも多いと思いますヨ。
横浜市民で本好きの方は特に大歓迎! ご連絡、お待ちしています。

2008/2/13(水) 午後 6:35 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

ゲストブックにコメントありがとうございました!
講習会、是非参加したいのですが横浜なのですよね・・・。
広島と横浜は遠いですね。う〜ん、どうしよう・・・。

2008/3/12(水) 午前 10:38 [ アイカワナツミ ] 返信する

顔アイコン

vermillion_natumiさま。
関西方面の製本の先生の情報について、お教えしましょうか。
よろしければ、直接私のほうへメールを下さいませ。
koubaido@cam.hi-ho.ne.jp
お待ちしております。

2008/3/12(水) 午後 1:32 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

4/5に教えて頂いた折り紙まめ本の作り方、手順を忘れないように毎日2冊以上折ることを日課にしています。
おかげで指が覚えてくれるようになりました。世界文学全集とするのが当面の目標です。

2008/4/18(金) 午前 6:28 [ yok*ha*agu*ma* ] 返信する

顔アイコン

その節はすてきな名画しおり、ありがとうございました。
折紙豆本で世界文学全集とは面白いですね。本棚に並んだ様子を見てみたいものです。

2008/4/18(金) 午前 9:04 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

大阪でも開催して欲しいです!

2008/9/21(日) 午後 7:30 [ favori ] 返信する

顔アイコン

大阪は、私が行かなくとも、中尾エイコさんがいらっしゃいますからねえ。
中尾さんのアトリエ、めちゃくちゃステキですので、まずそちらをご訪問されることをオススメします。

2008/9/22(月) 午前 0:06 [ 田中栞 ] 返信する

顔アイコン

大分前になりますが、リーブルの岡野先生に教えをいただきました。先日久しぶりにリーブルに伺いましたら、お元気そうでした。今も本を作るのが好きで時々やっています。丸背・角背と本格的な製本はなかなか手間がかかるのでついつい簡易製本になってしまいます。(図書館のように一折り中綴じで後はビニールコーティングみたいな)今回コメントさして頂いたのはネットで帳簿製本のことを知り、以前講習会を開かれたことを知り、参加された方のブログなども拝見させて頂きました。また「洋式帳簿製本の変遷と思い出」という本も拝見したのですが、作り方まではよく理解できませんでした。今後帳簿製本の講習の予定はありませんでしょうか。是非作り方を知りたいのですが....。

2017/7/14(金) 午後 6:02 [ edo**tok*gura ] 返信する

顔アイコン

> edo**tok*guraさん
コメントありがとうございます。私の最初の製本の先生も岡野先生です。現在、現役の製本の先生としては最長老ではないでしょうか。信頼申し上げております。
さて、帳簿製本のワークショップですが、豆本でよろしければご要望に応じます。帳簿製本の恩田さんが作った実物をお見せしながら、説明しながら作業いたします。日程など、ご相談に応じますので、一度、メールで田中あてにご連絡下さいませ。

2017/7/15(土) 午前 0:36 [ 田中栞 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事