田中栞日記

「かわいい豆本づくり」ヴォーグ学園東京校/横浜校・途中受講できます

全体表示

[ リスト ]

感動の豆本世界へ、ようこそ


 
35名の人気豆本アーティストが、創意に満ちた自信作を展示・販売します。
「小さくてカワイイ」のはもちろん、豆本だからこそできる驚きの工夫が、
手作りだからこそできる精密な仕掛けが、どっさりあります。

昭和の名作豆本と「こつうまめほん」の職人作品、そして
今回の出展者たちが腕をふるった、現代豆本アート作品も展示します。

豆本づくりワークショップは3種類。
豆本制作工程がわかる展示コーナーも、ご用意しました。

作り手に直接、豆本づくりの話を聞くこともでき、
豆本世界にたっぷりひたれる、貴重な1日です。

豆本を見たい、買いたい、というだけでなく、
作りたい方、作り方を知りたい方にも楽しめる空間です。
どうぞ、ぜひお越し下さい。
 
          豆本カーニバル事務局・代表 田中栞
 
…………
開催日時 20101011(月・祝)10:3017:00
会場 東京古書会館地下1階大ホール
101-0052 千代田区神田小川町3-22
 電話03-3291-5209
JR「御茶ノ水」駅から徒歩5分、東京メトロ「神保町」駅から徒歩8
 
主催 豆本カーニバル事務局(代表/田中栞)
後援 東京都古書籍商業協同組合、本の手帳社
協賛 日本古書通信社、とじ郎倶楽部、きらら舎
問合先 田中栞 電話045-431-1260
 
・先着50名様に、「とじ郎倶楽部」特製
 豆本キット/田中栞書きおろし『豆本づくり七転八倒』を
 プレゼント!

・入場の際には、「豆本カーニバル」パンフレットを
 ご購入いただきます(500円)。
 
出展メンバー 
出展作家本人が、自作の豆本を棚に並べて販売します
赤井都(言壺) 一樂舎 うみうさぎ堂/ハム子 オレンジ宇宙工場/葉原あきよ
GAKO きらら舎 凱留狗工房/久保鏡子 少女工房/高田美苗
ソラミミ/流川透明 大豆書林/さかうえだいすけ 田中栞(紅梅堂、本の手帳社)
ちぎり屋さゆき 茶柱立太 どーる・HONOKA とじ郎倶楽部 花霞堂/nanakikae 
瓢箪堂/五十嵐彪太 ふくまめプロジェクト/こがりょうこ、九州在住作家 
本のアトリエ・AMU  本のアトリエ・EIKO/中尾エイコ boccafe/おおくぼゆみこ 
マスダユタカ、マスダユミ 水野真帆 宮内豆本館/田村和子、青月堂/キナーゼ安田
山猫や/木月禎子 RAGDOLL/小笠原麻子 ラ・ビブリオテック・ド・エイコ/小林映子、斉藤里絵
蓮月堂/武田若千、武田佳夕 十音順、敬称略〉
 
イメージ 4
                   *1100円! 
                   大人気豆本がちゃぽんあります。                   100円玉をご用意下さい。
                   1度に3回までです。 


展示コーナー
昭和の名作豆本(田中栞コレクション) 「こつうまめほん」特装版 
出展者の現代アート豆本レア作品 豆本の制作工程展示


…………
豆本ワークショップ
 お申込み・お問合せは、それぞれの講師へ!
 
イメージ 1
 
赤井都の9月新刊『そのまま豆本』(河出書房新社)を使って、
様々な豆本を組み立てます。
1時間目 11:0012:00 ケース入り名作豆文庫
2時間目 12:3013:30 おうち型豆本と三角折本
3時間目 14:3015:30 二方向から開く和歌豆本
4時間目 16:0017:00 ティーバッグ型フランス装豆本
 
*各回定員10
*参加費4300円(予約優先)
『そのまま豆本』2冊つき(切り取って使う教材1冊と、署名・印入り本1冊)
2コマ目以降は参加費1500
 
*問合先・申込先/赤井都
電話047-307-0860
 
●講師紹介

赤井都(あかい みやこ)

豆本作家、文筆家。豆本教室を開催。2006年、国際ミニチュアブック協会
(アメリカ)の豆本コンクールで日本人初のグランプリを受賞し、2007
連続受賞。豆本朗読会、豆本がちゃぽんを企画開催。東京製本倶楽部会員、 
Miniature Book Socity会員。著書に『豆本づくりのいろは』(河出書房新社、 
200911月)、『そのまま豆本』(河出書房新社、20109月上旬発売予定)。

『そのまま豆本』予価1400円(税別)
赤井都著、河出書房新社発行
9月上旬発売予定!
 
………………
 
 
イメージ 2
●布表紙のハードカバー本 14:0016:30
小さいけれど、栞も花布もついた本格派。
表紙布や栞&チャームなど、お好みで選んでいただくので、
オリジナルの1冊ができます。
豆本づくりのテクニック満載、丁寧にご指導するので
初心者でも必ず完成します。
 
*定員16
*参加費5000円(要予約)
 
*問合先・申込先/田中栞
電話045-431-1260
 
●講師紹介

田中栞(たなか しおり)

書物研究家、文筆家。全国各地で豆本教室・製本教室・版画教室を

開催、「豆本フェスタ」など豆本イベントを主催。雑誌『本の手帳』で

特集号「豆本女子」(12既刊、38月刊)を編集発行。日本出版学会理事、

東京製本倶楽部会員、日本書票協会会員。著書に『豆本を作る本』

(毎日コミュニケーションズ、20010年冬刊行予定)、『古本屋の女房』

(平凡社)、『書肆ユリイカの本』(青土社)などがある。
 
 
………………

 
イメージ 3
●午前の部/田中栞執筆の、豆本内容な豆本を、3種類作ります。
 大きさの違う3冊の豆本ができます。
 お一人様、1コマで次の3冊を作ります。
『豆本づくり七転八倒』(L4分の1サイズ)
『家の中は豆本だらけ』(L8分の1サイズ)
『寝ても覚めても豆本づくり』(L16分の1サイズ)
……3回開催……
10501120
11401210
12301300

●午後の部/ジグソー豆本を作ります。
 プリントして作る「とじ郎豆本」ならでは。4つ合わさると
 一つの絵柄になる豆本。L16分の1サイズを4冊作ります。
 お一人様、1コマで4冊作ります。
……3回開催……
14301500
15201550
16101640
 
*各回定員4
*参加費1000円(材料費込み)
*当日、とじ郎ブースにて申込み受付、定員になり次第締め切り
 午後の部の申込みは1330より
 
*問合先/とじ郎倶楽部
メール info@tojiro.co.jp
電話 03-5833-5893
 
●講師紹介

とじ郎倶楽部/竹内結子(とじろうくらぶ/たけうち ゆうこ)

豆本から足継ぎ製本のA4サイズまで、大小さまざまな「製本キット」を

造・販売している「とじ郎倶楽部」の商品企画担当。今回ワークショップで

使用する「L判プリントで手作り豆本」の企画・設計ほか、道具を使わず

本を組み立てることのできる「プチロー」など「手で組み立てて楽しめる

こと」をコンセプトに、紙を使った手作りキットを考案している。

 

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事