特撮怪獣映画テレビ放映史

少年時代年末年始の恒例行事だった怪獣映画のテレビ放映。その懐かしい思い出が今蘇ります。
【その8SKを休憩室にする女性清掃員たち
 
この病院は、1階は外来診察室や受付、検査室などで2階から上が入院病棟でした。各階ごとに整形外科病棟とか小児科病棟とかに分けられていて、それぞれ1人ずつ担当清掃員を配置していました。
 
病棟の清掃は、各病室や廊下のモップ掛けとトイレの掃除が主でしたが、結構広くて半日はかかりました。特に各病室の患者の寝ているベッドの下にダスタークロスや水拭きモップを差し込んでいくのは重労働だったようです。多くの患者のベッドには色々な機械が置かれていてコードやチューブなどが何本もあり、これをうっかりモップで引っ掛けて抜いてしまったりすると大事故になるのでとても神経を使いました。
 
また、暇を持て余しているような患者から色々と話しかけられる事が多く、こちらは忙しいのにおしゃべりの相手に時間をとられて困りました。多忙な看護師やナースエイドたちは話相手になってくれないので、私たちがターゲットにされていたようです。
 
さて、朝から長い時間病棟にはりついて清掃作業をしている訳ですが、休憩できる場所はありません。昼休みは病院の外にある休憩室に戻って食事できますが、水分補給とかちょっと一息つきたい時には時間がかかるのでいちいち戻る訳にはいきません。
 
そこでどうしているかというと、それぞれの病棟にあるトイレのSKの中で休憩するという方法です。SKとは、簡単に言えば道具置場のことです。なぜSKと呼ばれているかというと、大抵あの中には大きな流し台が設置されていますが、そのメーカーの型式がSKという記号なのでそう呼ばれるようになったという説が有力なようです。
 
女性たちはみんなそのSKを自分のお城のようにしていました。道具を置くだけではなく色々な私物を持ち込んでいました。多くの人は、私物の入ったポーチはもちろん小さな腰掛や鏡や汗をかいた時の着替えの下着やタオルなどを持ち込み、綺麗に並べていました。
 
また、水分補給のためのペットボトルや小腹がすいた時のおやつまで置いていました。お菓子だけではなく、菓子パンや弁当などを置いてこっそり早昼をする人までいました。朝早くからの重労働なので12時の休憩時間までお腹が持たないようです。
 
隣の個室では入院患者たちがブリブリとかプーとか音を立てながらウンコしてるだけではなく、付き添いの看護師たちのやかましい声がのべつ響き渡っている場所でよく食事なんかできると思うのですが、特にP国人の清掃員はそんなこと一向に平気なようでした。
【その7】病院は24時間年中無休
 
 病院は入院患者がいますし、救急外来や夜間診療などがあるので24時間年中無休です。特に私のいた病院は人工透析のベッドが大量にあり、専門の付属病院まであったので大変でした。
 
 特に朝の忙しさは目が回るほどでした。最初にやるのが、外来受付と待合室の清掃で、沢山ある長イスの下にダスタークロスを差し込んで、ついでモップを差し込んでいると、ほんの10分位で汗だくです。
 
 しかも外来の受付が始まる8時までに終わらせなければなりませんでした。まったく無人ならばまだやりやすいですが、患者さんたちは6時とか7時から来る人が沢山いてとてもやりにくかったです。はっきり言って邪魔なんです。
 
 早く来る患者さんたちは大抵年配者で、夜間診療の入り口から侵入してきます。そして受付整理券の発券機の近くのイスに陣取るのです。本当は発券機の前に並ぶのですが、さすがにそれはつらいらしく、周辺のイスに座って発券機が動くのを待っています。
 
 面白いのは、一見バラバラにイスに座っているようですが、それぞれちゃんと順番が決まっていることです。たまに、知らないで発券機の前に並ぼうとする人が来ると、『あんたはこの人の後だから座って待っていろ』とか言って仕切る人がいることでした。
 
 ところで朝の仕事でいちばん大変だったのは人工透析の病棟でした。この病院は難しい病気を治すのは得意でないようで、その代わりリハビリとか人工透析とかの患者を大量に受け入れて儲けていました。
 
 人工透析の病棟は、病院に隣接した独立した建物で100以上のベッドがありしました。ここも決められた時間までに終わらせなくてはいけないのですが、鍵を貸してもらえなかったので、誰か職員が出勤してくるまで外で待っていなければなりませんでした。
 
 人工透析の病棟の清掃でいちばん気をつかうのは、床についた血液でした。針を抜き差しする時に血液がこぼれるらしく、これをちゃんとふき取らないとクレームになりました。また、感染の危険があるのでゴム手袋とマスク着用してモップで床を拭きました。
 
 また、もうひとつ怖いのが針でした。これもどういう理由が知りませんが良く床におちていました。これもうっかり普通のゴミといっしょに捨てたら大変な事故になるので、拾うたびに蓋のあるポリタンクに収容してから医療廃棄物として処理し、更に報告書も提出しなければならず面倒でした。
 
 血液を拭いたモップは、糸の部分を外して(テラモトのワンタッチ式モップを使っていました)ビニール袋に入れて持ち帰り、キッチンハイターの希釈液に一晩漬けこんで消毒して翌日使うようにしていました。
 
 この人工透析病棟は、年に1回元日だけが休みでしたが、あとは年中無休でした。つまり私たち清掃員も年末年始だろうがゴールデンウイークだろうが交代で出勤する必要があったのです。これはつらかったです。病院の職員たちも交代で出勤しているようでしたが、高給取りなのでぜんぜん気の毒には思いませんでした。
 
 私も病院清掃はここが初めてだったので、まさかこんな病棟があるとは思いませんでした。休日出勤も大変ですし、病気の感染リスクも高い危険な清掃です。これから病院清掃をしようとお考えの方は、注意が必要です。たとえベッド数はわずかでも、人工透析をやっている病院だと絶対に休日出勤は避けられません。応募の際には病院のホームページや病院の案内を良く見て人工透析の有無をしっかり確認しましょう。
【その6】ナースシューズを買いました
 
病院ですから色々衛生面でやかましいことを言われました。その内の一つに作業服についての指示がありました。それは、白い靴をはいて作業をしろというものでした。黒色とかだと汚れがついていてもわからないからで、白衣を着るのとおなじ理由と思われました。
 
清掃作業は一日中歩いている仕事なので、安物の靴だと足に負担がかかりますし、直ぐにボロボロになってしまいます。いちばんいいのは有名メーカーのウォーキング用シューズです。しかし、これの白色というのはめったにありませんでした。
 
そのため、私たちが履いていたのはナースシューズでした。ナースシューズの色はもちろん白ですが、ウオーキングシューズ並の性能で靴底にクッション機能があったりして足に負担がかからないようになっていました。
 
ただし欠点もあり、有名メーカーのウオーキングシューズ並に高額なのと、なかなか売っている店がないことでした。看護師の人たちは出入りの業者から買っていたようですが、私たちは医療用品店や白衣専門店などからインターネットで購入していました。
 
本当は会社で買ってくれればいいのですが、清掃会社は求人広告に『作業着支給』などと書いてあっても靴や軍手は自前のところがほとんどです。私たちも高額なナースシューズを自前で買いましたが、幸い悪い物ではなかったので1年は持ちましたし、足を痛めることもありせんでした。これから病院清掃を応募される方はこんなことも良く確認した方がいいと思います。
【その6】ナースシューズを買いました
 
病院ですから色々衛生面でやかましいことを言われました。その内の一つに作業服についての指示がありました。それは、白い靴をはいて作業をしろというものでした。黒色とかだと汚れがついていてもわからないからで、白衣を着るのとおなじ理由と思われました。
 
清掃作業は一日中歩いている仕事なので、安物の靴だと足に負担がかかりますし、直ぐにボロボロになってしまいます。いちばんいいのは有名メーカーのウォーキング用シューズです。しかし、これの白色というのはめったにありませんでした。
 
そのため、私たちが履いていたのはナースシューズでした。ナースシューズの色はもちろん白ですが、ウオーキングシューズ並の性能で靴底にクッション機能があったりして足に負担がかからないようになっていました。
 
ただし欠点もあり、有名メーカーのウオーキングシューズ並に高額なのと、なかなか売っている店がないことでした。看護師の人たちは出入りの業者から買っていたようですが、私たちは医療用品店や白衣専門店などからインターネットで購入していました。
 
本当は会社で買ってくれればいいのですが、清掃会社は求人広告に『作業着支給』などと書いてあっても靴や軍手は自前のところがほとんどです。私たちも高額なナースシューズを自前で買いましたが、幸い悪い物ではなかったので1年は持ちましたし、足を痛めることもありせんでした。これから病院清掃を応募される方はこんなことも良く確認した方がいいと思います。
【その5】移動が大変な日常清掃
 
ここの病院はとても大規模ではありますが、ひとつ大きな欠点がありました。それは入院、診察、検査、給食以外の施設のほとんどが周辺の建物に分散していることでした。医師以外の職員(看護師、ナースエイド、検査技師、事務職員、警備、清掃、設備等)の更衣室とか休憩室は、すべて病院の外側にある民間のマンションとか雑居ビルを借りまくってあちこちに設けられていました。
 
そのため、職員の人たちはマンションの一室のロッカーで着替えたあと、外を歩いて病院の中に出勤するのですが、大雨の日など白衣がずぶ濡れになったりして見ていて気の毒に思いました。また、職員食堂、職員喫煙室、訪問看護の事務室、看護師研修施設、複数の病院関連会社なども周辺に分散していました。
 
職員食堂はたまたま隣接した場所にあった大衆食堂チェーン店を買収したと聞いています。また、職員喫煙室は、病院内は完全禁煙なのである雑居ビルの1階を借り切って設けられたもので、医師の他にストレスの多い女性看護師も大勢利用していました。つまり、食事と喫煙はどんなエライ医師も看護師も雨の日は濡れながら外に出る必要があった訳です。
 
さて、職員以上に大変だったのが私たち清掃員でした。つまり、これらの病院外施設もすべて清掃しなければならないからです。私の会社は、清掃道具を運搬するためのカートなど買ってくれませんでしたので、モップやダスタークロス、チリトリ、タオル、洗剤等を両手に担いでこれらの分散した施設を巡回しなければなりませんでした。
 
雨の日など両手が塞がっているため傘がさせないので雨ガッパを着て移動しました。また、一番遠いところにあった研修施設などは歩いていくと時間がかかるので自転車で移動していました。大雪が降った時などはエライ目にあいました。
 
やはり病院は一つの塊になった建物がいいですね。ここみたいに、幾つもの建物が敷地内に乱立しているところはいくら規模が大きくてもダメです。これから病院清掃を応募される方は、面接の時に外部施設の清掃も有りなのかどうかよく確認した方がいいと思います。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事