カレーコーチ!東京都内のインド・タイ・欧風・色々味わい尽くす

汗をかくからカラダにいい。スッキリするからココロにもいい。カレーは元気の素なんです!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

「今日はなんだかスッキリ・サッパリしたいな!」

そんなときは、荻窪「すぱいす」のカレーがお勧めかも知れません。

今回は「骨付きチキンカリー」を頂きました。

スープ状のルーを一口頂けば、ブイヨンの風味と共に「酸味」や「辛み」が口の中で広がります。
具の骨付きチキンはいい感じに煮込まれていて、少し硬めに炊かれた麦入りのご飯との相性はバッチリなんです!
辛さも強めで、またスープの塩味がしっかり効いているので、

ビールを一杯やりながら頂けたら最高だろうなと思いました。

そう思ってメニューを見ると、ビールだけで5種類もあります!
また伺ったのはお盆とはいえ、お昼の時間にもかかわらず、周りのテーブルでは二人ともビールを飲んでいました。(^^ゞ


店内は落ち着いた雰囲気の中にも壁のオブジェにスパイスをあしらってあったり、
スペシャルメニューには、高級食材を使用したりするなど、

カレーを単なるB級グルメで終わらせない

店長さんの情熱を感じさせてくれるお店でした。



…飲食以外で「スッキリ・サッパリ」する方法、あなたはいくつ知っていますか?
またTPOで使い分けできれば、いつでも元気タイムが取り戻せそうですね。



Shop information
「すぱいす」
http://suzuran.ogikubo.com/suzu_shop/shop_spice.html
住所:東京都杉並区荻窪5-16-20 / 最寄駅:荻窪
電話:03-5397-3813 / 定休:日(祝日は昼のみ営業)
時間:(昼)11:30〜14:30(L.O)、(夜)17:30〜21:00(L.O)
---
訪問日:07/08/13

お知らせ!元気を生み出すWebサイト、心をこめて私達が創りました!






イメージ 1

イメージ 2

「その瞬間、瞬間を大事にしたい」
そんな想いに駆られるときはありませんか?

新橋にあるカレー専門店「ザ・カリ(The KARI)」。
営業時間は平日昼間の11:30〜14:30のみ。

この時間帯でしか味わうことができないカレーなんです!


カウンターのみ、わずか10席ほどの店内に入れば、スパイスの香りが漂い、食欲をそそります。
店の中央に厨房があり、調理はすべて客席から見えるオープンなスタイル。
そこでウデを振るうマスターからは「味と品質に対する自信」が見てとれます。

今回は「ビーフカレー(辛口)」を頂きました。

さらっとしたルーは辛口で、スパイスの刺激が心地よく、硬めに炊かれたご飯とよく合います。
つけ合わせは「ポテトのスパイシー炒め」と「キャベツの酢漬け」から選べるんです。
そんな細かいこだわりと配慮が、この店の「良さ」を物語っていますよね。

それぞれのおいしさを味わったら、自分の場合、
ルーと共に具のビーフとつけ合わせのポテトとご飯を一緒に、トリプルコンボで頂きます。

それぞれのうまみが引き出し合って、味わいが深く広がり、ほんとうにおいしいんです!


ランチカレーの名店「ザ・カリ」!
店内は常連さんと思われる方が多数で、皆「この瞬間」しか食べられないカレーを求めてやってきているんだなと思いました。


…二度と戻らない時間。
くよくよ過ごしても1時間、想いを馳せて過ごしても1時間、何かに打ち込んで過ごしても1時間。
過去でも、未来でもなく、今この瞬間を楽しみながら、味わいながら、時を過ごしたいものですね。


Shop information
「ザ・カリ」(The KARI)
住所:東京都港区新橋5−31−7 中村ビル1F / 最寄駅:新橋
電話:03-3437-2526 / 定休:土・日・祝
時間:(昼)11:30〜14:30
---
訪問日:07/08/20

お知らせ!元気を生み出すWebサイト、心をこめて私達が創りました!






イメージ 1

イメージ 2

「今日はガツンと気合いを入れたいな!」
なんてことは、ありませんか?
そんな時は、新橋の「ガネー舎」のカレーがおすすめです。

今回は「やさいカリィ」を頂きました。
この日は14時頃に伺ったのですが、「とりカリィ」は既に売り切れ、
「やさいカリィ」も自分の2人後で無くなり、昼の部は終了になりました。
売り切れご免のお店なんです!

一口スープを頂くと、

結構辛口、油も効いていて、ガツンときます!

スパイスはビターな感じが出ていて、大人向けのお味です。

ボクサーに例えるなら、
華麗なステップを駆使して、ヒットアンドウェイで攻める「アウトボクサータイプ」ではなく、
足を止めて、相手のパンチにひるむことなく渾身の力で打ち合う「ハードパンチャータイプ」ですね!

具の野菜は、なす・オクラ・にんじん・じゃがいも・かぼちゃ・しめじ…たくさんの種類がゴロゴロ入っています。
自分の食べ方のお勧めは、野菜はフォークとナイフで一口サイズにカットして、複数の具をスープと一緒に食べる方法です。
なす+しめじ、じゃがいも+オクラ…などなど。具と具の味が互いに作用して、味の広がりが楽しめます!

また、スープは下の方からすくう感じで、よく混ぜて食べると、スパイスと油がうまく混ざっておいしくなります。

ガネー舎のカレーを食べれば、気合いが入りまくり!

パワフルな一日が過ごせそうな気がしました!


…なんだかチカラが出せずにモヤモヤするとき、
自分に「スイッチ」を入れる方法を知っていますか?
また、いくつ持っていますか?
なるべく自分の力を出し切って、イキイキ過ごしたいものですね。


Shop information
「ガネー舎」
http://www.shinbashi-mall.jp/shop/ganesha/
住所:東京都港区新橋5-12-2 鴻盟社ビルB1 / 最寄駅:新橋
電話:03-3433-0309 / 定休:日・祝
時間:(昼)11:30〜15:30、(夜)17:30〜20:45(L.O) ※土曜はランチタイムのみ営業
---
訪問日:07/08/17

お知らせ!元気を生み出すWebサイト、心をこめて私達が創りました!






イメージ 1

イメージ 2

「どちらか1つなんてなんて選べない。だってそれぞれに良さがあるから。」
気に入った服が2色展開、どちらにするか…/恋人候補が2人、とぢらを選ぶか…などなど、
困ったことありませんか?(^^ゞ

そんな時は、目白の「シェリーハウス」に行けば、
洋食の老舗のような欧風カレーと、日本人の口にも合う印度カレーの両方が食べられるんです!

今回は、ダブルカレー(欧風ビーフ/印度風マドラスチキン)を頂きました。

欧風ビーフカレーは、コクがあり、濃厚で味わい深いルーが決め手。

やわらかく煮込まれたビーフを、おいしく頂くためのソースのよう。

具の相性と抜群で、とってもおいしいんです!

印度風マドラスチキンカレーは、インド風で、とろみがあるタイプ。

スパイスの香りと刺激が、食べ始めてからも食欲をそそり続けます。

後味に野菜の優しい甘みを感じる、おいしいカレーなんです。

そして、それぞれのカレーを混ぜて食べると……ここは実際に食べてからのお楽しみと言うことで。(^^ゞ

あとは、今回頂いていないもう一種類の「印度風カシミール」を食べるのが楽しみでなりません。

それにしても、

欧風と印度風、全然別のカレーを1度に食べられる。

なんて幸せなことでしょう!
「どちらか」なんて、諦めなくていいんですから。


…なかなか判断がつかず、迷うとき、あなたならどうしていますか?
「選択肢を統合する」「今思いつく選択肢を全て棄てる(新たな視点を探す)」など、
色々なやりかたで、ピンチを切り抜け、チャンスを見つける方法、ありそうですね。


Shop information
「シェリーハウス」(Shelly House)
住所:東京都豊島区目白2−25−11 / 最寄駅:目白
電話:03-3985-6048 / 定休:日・祝
時間:(昼)11:00〜14:30(L.O)、(夜)17:30〜20:30
---
訪問日:07/09/14

お知らせ!元気を生み出すWebサイト、心をこめて私達が創りました!






イメージ 1

イメージ 2

「最近なんだかパッとしない。ワクワク・ドキドキ、心躍らせる刺激が欲しい」
そんなあなたには、信濃町にあるメーヤウの「メーヤウカレー」をおすすめします!

今回頂いたのは「メーヤウカレー(大辛)」。
(大辛)の文字はほとんど見ずに、店名がついているこのメニューをチョイスしました。(^^ゞ

いわゆるスープ状の「タイカレー」。

一口食べると…辛い!!!

とっても刺激的だけど、「激辛」ではないから、ギリギリ食べられる辛さです。
ココナッツミルクが効いていておいしいんです。

具のジャガイモはゴロゴロで、素材の味にカレーがしみておいしい。
鶏肉は骨付きで、柔らかく煮込まれている感じ。
硬めに炊かれたご飯が、スープ状のカレーによく合います。
スープの塩加減が結構効いていて、ごはんがドンドン進みます。
また、口に運ぶ「具(ジャガイモ・鶏肉・ゆで玉子)」と、
「ご飯」の組み合わせで、味の広がり方が違って、楽しめるんです。

テーブルには備え付けで「赤唐辛子」「青唐辛子」が…。
自分の好きな「辛さ」には不自由しないお店だと思います。

最初食べ始めた時は、辛くて「…残そうかな?」と一瞬思いましたが、
途中から「これは何かへの挑戦だ」と気持ちにスイッチが入り、見事完食できました。

刺激的なギリギリの辛さを味わって、汗もかいて、カラダも心もリセットされた感じです!



…最近何かに挑戦しましたか?
また挑戦したけど、途中で諦めたもの、ありませんか?
以前できなかったことでも、色々経験した今、挑戦すれば「できる」かもしれませんよね。


Shop information
「メーヤウ」
住所:東京都新宿区信濃町21 大門ビルB1 / 最寄駅:信濃町
電話:03-3355-0280 / 定休:日・祝
時間:(平日)11:30〜20:00、(土)11:30〜19:00
---
訪問日:07/08/27

お知らせ!元気を生み出すWebサイト、心をこめて私達が創りました!






全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事