ニッポンを改造するBYかんすけ

3月22日、20000HITです、ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

「空自イラク派遣は憲法9条に違反」 名古屋高裁判断
自衛隊イラク派遣の差し止めや派遣の違憲確認などを求めて全国の市民3千人以上が提訴した集団訴訟の控訴審判決が17日に名古屋高裁であった。
青山邦夫裁判長は原告の請求を退けた一審・名古屋地裁判決を支持、控訴は棄却したが、「現在の航空自衛隊のイラクでの活動は日本国憲法9条1項に違反している」との判断を示した。全国で起こされたイラク派遣をめぐる訴訟で、一、二審を通じて違憲判断が示されたのは初めて。

判決は、首都バグダッドで米軍と武装勢力との間で激しい紛争が起き、一般市民に多数の犠牲者が出ていることを指摘。「イラク特別措置法にいう『戦闘地域』に該当する」と認定し、空自のイラクでの活動は武力行使を禁じたイラク特措法に違反し、憲法9条に違反する活動を含んでいると結論づけた。

裁判は04年2月に最初の提訴があり、7次にわたって3237人が原告として名を連ねた。名古屋地裁は06年4月、派遣差し止めを却下、慰謝料請求を棄却、憲法判断を避ける判決を言い渡していた。
控訴審には1122人の原告が参加した。審理の中ではイラクの現状を記録したDVDを見たり、原告側が申請した証人2人が陳述するなどして、裁判官側も原告の主張に耳を傾ける姿勢を示した。

イラク派遣差し止めをめぐっては、北海道、仙台、栃木、東京、静岡、京都、大阪、岡山、熊本で各地裁に市民が提訴したが、これまで原告敗訴の判決が出ている。 
【追記】
このブログで11月28日に取り上げたのが札幌高裁、いわゆる箕輪訴訟であった。
当時の北海道新聞の社説で、棄却理由について書かれているのでおさらい。
判決は「平和的生存権は具体的権利とは認められない」として訴えを退けた。
イラク派遣差し止めについては、行政上の問題であり「民事上の請求は不適法」と門前払いの理由を述べた。
平和のうちに生きたい、戦争には加担したくないからと、イラク派遣に反対する心情は軽視されてよいものではない−。
箕輪登・・・自民党タカ派と言われながらイラク戦争に加担するのを「憲法に反する」とした人物です。
箕輪さん、あなたの主張が認められました。あの世でお喜びになっていることと思います。

また、この11月28日は第168臨時国会に提出された「イラク特措法廃止法案」が参議院外交防衛委員会を通過した日でもあります。
その後、この法案はどうなって行ったのかを検証します。

なんと1月15日の衆議院テロ対策特別委員会まで完全に「放置」され、その委員会において「継続審議」の道も絶たれてしまいました。その前の同委員会の開催は「11月12日」です。

衆議院は一度も「審議をせず」廃案に追い込んだのです。

1月15日の議事録を見るとなんとも虚しくなります。
○深谷委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
まず、参議院提出、イラクにおける自衛隊の部隊等による対応措置を直ちに終了させるためのイラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法を廃止する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
〔賛成者起立〕
○深谷委員長 起立少数。よって、本案は、議長に対し、閉会中審査の申し出をしないことに決しました。
次に、参議院提出、国際的なテロリズムの防止及び根絶のためのアフガニスタン復興支援等に関する特別措置法案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
〔賛成者起立〕
○深谷委員長 起立多数。よって、本案は、議長に対し、閉会中審査の申し出をすることに決しました。
この日、イラクとアフガンに関する参議院通過の法案は「廃案」と「継続審議」に分けられてしまったのです。

などなど、ちょっと過去を振り返ってみましたが。
今までの高裁レベルでの判断は「行政の責任であり、民事上の請求は不適法」と言うものが大半でした。それから比べると画期的、司法の役割を果たした立派な判決である、と思います。行政の責任にせず、裁判官として「憲法」及び「法律」にきちんと向き合い、下した決断なのですから。

もっとも、当の行政側に全く重く受け止める気はないようですが。
町村信孝官房長官は同日午後、「バグダッド飛行場などは非戦闘地域の要件を満たしており、納得できない。自衛隊の活動は継続する」との見解を示した。
バグダットとバグダット「飛行場」にどのくらいの違いがあるんですかね。
だれか答えられる政治家はいますか?

民主党はじめ野党の皆さんにお願いです。
是非、再度「イラク特措法廃止法案」を衆議院に提出し、当時の首相小泉純一郎から「どこが戦闘地域でどこが非戦闘地域なのか」問いただしていただきたい。
おそらく「わかるわけがない」と言って逃げるでしょうが、もうその手法は通用しない。
「司法の判断」がついています。是非再度議論を。

ある法曹関係者のブログでは

控訴棄却判決なので,原告側も被告側も上告できません。だから,これで確定です。

この「憲法9条違反判決」は,確定した高裁判断となります。

と書いてあります。名古屋はこれで結審したことになります。原告もお金なんざどうでも良かったのでしょう。

衆議院自民公明両党はイラクを「廃案」にし、アフガンを「継続審議」とした。「恒久法」への道筋が書かれているからだという。その前に「イラク」に立ち返るべきだ。

なお、私はどんな法律も、どんな国際条約も、たとえ国連決議であっても「憲法」が最上位のものであるとの立場であることを明確にしておきます。










天木直人氏、念願かなう。明日のブログが楽しみw。TVにもちらっと出てましたね。うれしそうでした。

閉じる コメント(5)

コレは原告団にでかしたポチ献上!
正しいい者に勝る者なし!
当り前の憲法9条に当り前の結果が当たり前に出されただけなのに、町村感冒不遇腸管は「活動に影響なし」だと〜〜あんな馬鹿!相手してる時間勿体なし!ポチ。.。o○

2008/4/18(金) 午前 7:09 [ wagamama ]

顔アイコン

本来なら当たり前の判断なのでしょうが、司法から「違憲」の言葉を久しぶりにきくことができました。戦闘地域、戦闘行為に関する政府の詭弁を認めず憲法の原則に従った立派な判決だと思います。司法の場ではこれ以上のことはできないのだと思います。
本当のタカ派は「専守防衛」「対米自立」だと思いますが、自民党にはもういませんね。

2008/4/18(金) 午前 8:06 [ mus*in1*6* ]

顔アイコン

3権分立の司法にも最近は疑問と諦めが出始めていた折のこの判決でちょっと力が戻りますね。
小泉はどこが戦闘地域だか『解らない』自衛隊がいるところが『非戦闘地域』だ!・・こんな論法が国会でまかり通ったとは悲しい限りです。
憲法違反でも裁判に勝ったと平気で言える政権を許していて良いのでしょうか?
TVでしばらくぶりに天木さん見ました・・良かったです!!
あ、ばかばかしいのをTBしました邪魔でしたら削除下さい。

2008/4/18(金) 午前 10:15 ワンチャン

顔アイコン

こんばんわ、かんすけさん。ごぶさたで、お疲れ様。

まさしく、裁判官の職を賭しての判断、司法の良識と市民のちからですね。天木さんもご自身外務官僚を辞める原因になった「イラク派遣」、思いもあった事でしょう。鼻息荒いブログ記事でした。

2008/4/18(金) 午後 10:13 [ - ]

顔アイコン

わー、お久しぶりです。
しかし防衛省はとんでもない組織ですね・・・。詳しくは最新記事にて。

2008/4/18(金) 午後 10:19 b_z*f*n_s*ij*_3

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事