全体表示

[ リスト ]

浴衣の季節

イメージ 1

イメージ 2

主人は年がら年中家では着物を着ています
(最近ではスウェットのズボンも愛用してました)
ウール地の冬物、そして春、秋物の単衣、そして浴衣
昨年まで着ていた浴衣がもう年貢の納め時となりまして
今年、この浴衣になりました
揃えてくれているのは義母、着物は全てお任せ
私の若い時着ていた着物も綺麗にしまっていてくれてます。
おかげで、娘たちは、卒業式の着物も、孫娘の記念写真の着物も
全て、私のを着てます
「感謝」の気持ちです

そして、この夏、4歳になったばかりの孫娘の
幼稚園での「七夕」に着るこの浴衣も孫娘のママも着、
二女も着た、浴衣
こちらも、百日の着物も、七五三の着物も、毎年着ている浴衣も
義母のおかげで30年間変わらず、孫娘へと。
二人の娘たちも、当たり前のように自分でも着、娘にも着せています
(本当は、新しいのがいいのでしょうが)
何はともあれ、とりあえずは孫娘の浴衣のすそアゲをしなければ。

今日の一冊は宮部みゆきの「はじめての文学」
あまり小説を読まない若い人に自分の本を読んでもらうなら
と、考えて選んだ「心とろかすような・・・」他6篇の短編
どれも、主人公は少年であったり、少女だったり、
で、のんびりと木陰で、読んでくださいと言っているようです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事