ここから本文です
ご訪問ありがとうございます。まぁ、お茶っこでものんでってけろ。

書庫全体表示

 
中村 航
 
主人公は社会人になって数年の技術営業職。仕事も一人でこなせるようになって落ち着いてきたころ、ふとしたきっかけで中学時代に仲の良かった女友達と再会することになります。それをきっかけに、忘れかけていた中学時代、男女2人ずつの仲良しグループの「今」が動き出します・・。

いや〜、爽やかです。爽やか過ぎます。
世間に毒されてしまった四十男にはちとついていけないかも^o^;。
少なくとも気持ちが若い人が読む小説ですね。
 
久しぶりに出会った二人が恋に落ちて、でも事情により上手くいかなくて・・みたいな展開はベタですし、物語としては先が読める感じしました。
でも、それが逆に安心して読み進める雰囲気にもなってたかな。
読者の期待を裏切らないというか・・。
 
ラブストーリーという触れ込みでしたが、私は友情物語のように思いました。
それに少し恋愛要素が入り込んでくるお話かと。
決して悲恋物語ではないので、爽やか青春小説が好きな方にはお奨めできます。
 
 

この記事に

  • 私はここ最近泥臭い物語を読むことが多くて、爽やかすぎるストーリーがちょっと苦手なばばちゅさんの気持ちわかるような気がしました。あんまり格好が良い人が登場してくると、僻み根性がでちゃったりしますね(笑)

    草加のすぎ

    2012/8/9(木) 午後 8:18

    返信する
  • すぎさん
    私も泥臭いほうが性にあってる気がします^^;。そんなに爽やかにいくわけないだろう〜、とか思っちゃうところがすでに歳なのかもしれないですね。気持ちだけは若くありたいと思ってるのですが・・^o^。

    ばばちゅ

    2012/8/12(日) 午前 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。 削除

    [ 藍色 ]

    2012/9/11(火) 午後 1:44

    返信する
  • 藍色さん
    トラックバックありがとうございます。
    こちらからもトラックバック送りました・・けど2回送っちゃったかも。一つ削除願います^^;。
    すごい数の書評ですね。本選びの参考にさせて頂きます。

    ばばちゅ

    2012/9/12(水) 午前 4:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事