『バベル』公式ブログ

世界で活躍する各界のキーマンが語る、つながる素晴らしさをリレー形式にてご紹介。4/28、映画『バベル』で世界はまだ変えられる…!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

中井 圭
映画の天才 主宰

映画の面白さを伝えることは、とても難しい。人の価値観は違う。だから、僕が映画の面白さを伝えるとき、意識するのは、相手の価値観を認めること。これがなければ、全ては押し売りでしかない。正しいことはひとつだけだと勘違いしないように、自分を戒めながら、相手を認め、映画の面白さを共有できたら、それが理想だ。


【映画バベルについて】
今、世界中のいたるところで起きている、現実的なコミュニケーション不全を静謐に描いた本作。
アカデミー賞まわりで、本作の存在を一種のショーとして騒ぐ日本のメディアの扇動によって、名前だけが走り、映画『バベル』自体も、人々にちょっとした娯楽作品として曲解されてしまうかもしれない。ワイドショー的で不用意な関心だけが高まり、観る人の期待の方向性を“娯楽”に当てはめられると、この作品では、きっと高い満足度を与えられないだろう。今のマスコミュニケーションによって人々が求めている期待値とは、この作品はおそらく真逆に位置している。たとえそれがメディアや映画会社のビジネスとしての確信犯的なアクションであったとしても、映画『バベル』を包んでいる日本の現状自体が、コミュニケーション不全を描いている本作のテーマと重なって見えた。

本当に理解して欲しいことが、理解されない。人間が抱える孤独は、肌の色、国境とか、言葉とか、そんなことだけではなく、より身近な家族でさえ、気づかず、救えはしない。世界の孤独を見せつける中に、この作品は、それでもかすかな希望を残している。できればメディアがもたらす偏見に動かされることなく本作と向き合って欲しい。観客がこの映画の中にイニャリトゥ監督がこめた希望を見出した瞬間、この作品は、かつてない傑作として完成をみるのだから。

【プロフィール】
1977年、兵庫県生まれ。
本当に面白い映画をちゃんと広める企画“映画の天才”主宰。“シネマスクランブル”編集長。面白い映画を面白い人に見せる“天才試写会”をはじめとした独自企画を実施中。ラジオ、WEB、新聞などで映画評論を展開。

映画の天才 ウェブサイト:
http://eiganotensai.com/

シネマスクランブル ウェブサイト:
http://cinesc.cplaza.ne.jp/

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事