『バベル』公式ブログ

世界で活躍する各界のキーマンが語る、つながる素晴らしさをリレー形式にてご紹介。4/28、映画『バベル』で世界はまだ変えられる…!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

有村 昆(アリコン)
映画コメンテーター・パーソナリティ


船が難破した際に、船長は人種を見て言い方を変えて
「海に飛び込んでください」と乗客に指示を飛ばすジョークを
あなたは知っていますか?

ドイツ人には「飛び込む事が規則になっております!」
イギリス人には「飛び込むと英雄になれますよ!」
イタリア人には「飛び込めば、女の子からもてますよ!」
日本人には「みんな飛び込んでいますよ!」

実に上手い。国によって習慣や国民性が出る。
それを上手くとらえているジョークですよね。ボクはこのジョークが大好きです。
バベルを見たとき、僕は真っ先にこの事を思い出しました。
確かに国によって言葉も文化も国民性も全然違うなと。いくら時代がインターネット進化を遂げても、なかなか価値観や国民性が一つになるのは難しいのだと。

実際ボクも幼少期から、国民性コミュニケーションの違いについて考えさせられたことがあります。ボクはマレーシアで生まれたので、幼少期はずっと英語とマレー語、そして自宅では日本語を使い分けていました。で、6歳の時に日本に始めて帰国して、小学校に行ったときに、コミュニケーションの違いを感じましたね。それは英語の発音が上手すぎて、みんなの和の中に入れない不安と言うのがありました。日本人はみんな一緒であると安心するという風潮が小学生の時からあったのでしょう。ボクは英語の発音が上手すぎる自分がいやで、あえて日本語英語を使うようにしていました。例えば黒のことを英語では「ブレック」なんですが日本語の発音では「ブラック」などなど。ああ〜今思えばもったいないことをしたなと感じています。(笑)でもここは日本なんだから、日本流に長いものには巻かれよと思ったのでしょう。みんなとコミュニケーションをとるために、自分を押し殺してまで強引にとろうとしていました。

近年、未成年による犯罪や、いじめの問題が益々深刻化していると想います。僕は幸いいじめはありませんでしたが。これは一重に「みんなやっているから」とか「みんなと違うからあいつは無視しよう」の「長いものに巻かれよ」精神がマイナスの方向に働いているのだと想います。それがエスカレートして最悪の結果を招いてしまうのだと想います。

日本の文化そのものが悪いと言っているわけではないのですが、
もう少しグローバルな目線を、学校教育や家庭の中で教えていく必要性を感じますね。
人と違うから=いじめられるとか、ではなく、人と違う=個性。個性を伸ばすことでその子の可能性を伸ばしていく教育方針を若いときからやっていかねばと感じます。
そのためには、ランドセルをまず廃止して、自由な発想でカバンを持たせたりしたらいいのではとボクは考えます!そこから個性を出して行こうと!

まああまり熱くなると選挙演説みたいになってしまうので、これくらいにしておきますが(笑)、国民性コミュニケーションを考える上で、この映画は実に深い、誰にでも当てはまる哲学を持っています!

さあ、次はあなたの番です!この映画を観て何を感じましたか?


【映画バベルについて】
この映画を観て、僕ら日本人でさえも、親子や、友達、兄弟、恋人でいくら距離が近くっても、コミュニケーションをとることって難しいよねとつくづく考えさせられた。ボクもこないだ16時と6時を勘違いしてしまい、危うく仕事の現場に遅れそうになりました。気をつけていてもミスコミュニケーションで失敗することってあるんですよね。だからもっともっと話そう!目を見て話せばきっと通じるはず。普段の怠惰な自分が丸裸になる作品です。心を洗いに行く感覚でご覧下さい!

【プロフィール】
マレーシア・クアラルンプール生まれ30歳。
映画コメンテーターとして、映画番組を中心にTV・ラジオ雑誌等でレギュラーを担当。
年間400本もの映画を鑑賞。また最近はB級もの、Z級もの、劇場未公開物、なんちゃって映画のジャンルも開拓!独自の視点でマニアックな映画も紹介!
また4月からBAY-FM「BAY LINE 7300」火曜日夕方4時〜7時の番組もスタート!
詳しくは、アリコン公式サイトへ。

アリコン公式ウェブサイト:
http://www.ari-kon.com

閉じる コメント(1)

顔アイコン

バベルを観て、日本だけで考えると、ラストをあのシーンで終わらせて欲しくはなかった。と言うよりも、後はどう考えるかということでしょうか。彼女は自立しなければいけない。身体能力はあるのだから。あの年齢で異常愛に溺れたままでは、最後は破滅だと思いました。そして日本人の親離れ、子離れできない人種を見せつけられたような気がしました。余談ですが、船長の人種別ジョークは納得しつつ笑ってしまいました。 削除

2007/5/6(日) 午前 2:03 [ k.真理子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事