『バベル』公式ブログ

世界で活躍する各界のキーマンが語る、つながる素晴らしさをリレー形式にてご紹介。4/28、映画『バベル』で世界はまだ変えられる…!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

假屋崎 省吾
華道家


現在、日本全国を各地で展覧会をおこなっておりますが、そこに訪れるのは当然お会いした事のない人ばかりです。しかし、その土地土地で作品を創り鑑賞頂くと心から感動して涙を流してくれる人がおり、中には日常生活の中に忘れていたものに気付き「その日から生き方が変わった。」とお話してくれる方もいらっしゃいます。それは作品の中にある本質を見つめ『クリエイティブの美』に触れているからだと思います。

『バベル』から言葉をかりると、それはまさしく『花を通じてのコミュニケーション』であり、わたくしとその方との触れあいだと思っています。また、作品を通じ感動して得たエネルギーがプラスに転じ、他者との関係がより良いものになってゆく。そういった方々の姿を見ているのが非常にうれしく思うと同時に、他者とつながることのできるコミュニケーションの連鎖を強く感じます。

こういった事は自分の仕事に誇りを持つ事ができますし、今後も「美をつむぎだすコミュニケーション」を生涯に渡って行ってゆきたいと思います。


【映画バベルについて】
この作品は自然や衣装だけではなく画面に映る、すべての「色」と言うものを非常にショッキングに描いているのが印象的で、監督が私達の人間社会を驚くほど理解して描いている、とても深くて渋い映画だと思います。
現代は「自分自身の思いも伝えられない。」「他人の気持ちも分からない。」そういった殺伐とした社会を描いて、作品が進むにつれ愛の本質が見えてくる部分に打ちのめされた。

【プロフィール】
華道家。假屋崎省吾花教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。クリントン元米大統領来日時や、天皇陛下御在位10年記念式典の花の総合プロデューサーをするなど、内外のVIPからも高い評価を得ている。著書に『花筺』『花暦』(メディアファクトリー)、『假屋崎省吾の百花繚乱』『假屋崎省吾の食卓にあふれる愛』(講談社)他多数。現在、日本テレビ「おネエ★MANS!」などにレギュラー出演中。テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。

公式ウェブサイト:
http://www.kariyazaki.jp/

閉じる コメント(1)

顔アイコン

花という言葉が映画の中にあったかどうかは覚えていないけれど、あの映画から花にエネルギーを向けるなんてすごいですね。きっと才能のある花道家さんなんですね。

2007/4/29(日) 午後 5:37 [ hybrid tea ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事