ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 バスがひた走ること約260km。近づいてきたワルシャワの街は、さすがに首都だけあって近代的な街並み。

まず立ち寄ったのは、ワジェンキ公園。
ポーランドはショパンを生んだ国。ワルシャワ周辺には多くのショパン関連の見所があり、公園内にもショパンの銅像が。早速記念撮影。
ちなみにショパンの横に立っているのは、彼が好きだった柳の木だそうで。
イメージ 1

 ホテルへ向かうと市の中心部の、それもど真ん中に、やや煤けた石造りでクラシックな高層ビル。「文化科学宮殿」。社会主義だった1950年代にスターリンが建てた遺物だ。
 また、第二次世界大戦中のワルシャワ蜂起(20万人前後の市民が犠牲になった)で、最後まで市民が立てこもったビルなどが、今は何も語らずに建っていたりする。今はオフィスビルらしい。

 ガイドのそんな案内を聞いていると、日本は過去、他国に征服されて国名が変わったり、分割されたり、国の主体が変わったりしたことがない世界でも稀有な国であることに改めて感謝すべきと思えてくる。

 夕闇が迫れば、そんな古きものと新しきものが溶け合っていく。
 (右側のとんがったビルが文化科学宮殿)
イメージ 2

この記事に

 昨日、演奏会を終えた一行はバスで一路、これも世界遺産であるザモシチの街へ移動。打ち上げで「今夜からは気兼ねなく飲めるぞ!」と息巻いていたのは誰だったか。
確か、その後、中央広場のテラスでポーランド名物 ウォッカの口当たりの良さにおかわりしていましたよね。

 さて、一夜が明けてザモシチの観光へと散策開始。16世紀の貴族ヤン・ザモイスキが作り上げた城塞都市でイタリア・ルネッサンスの美しさを今に残す街。
市庁舎をバックに、アイドルグループ風にパチリ。
イメージ 1

城壁に上がるとザモシチの街が一望。
星形に似た要塞構造は、函館の五稜郭を思い出す? 調べてみたら星形の築城様式は15世紀にイタリアで生まれたというから、起源はつながるのかもしれない。
イメージ 2

さて、ここからはポーランドの首都ワルシャワを目指してひた走る!




この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事