ここから本文です
★☆サマジーの旅日記☆★
貧乏暇ありの隠居ジジイです( *´艸`)

書庫全体表示

記事検索
検索

パタヤ沖ラン島周遊



パタヤに7泊することになり、沖に浮かぶラン島観光に出かけました

写真中央の桟橋にフェリーが着き、125㏄のスクーターを借り島内一周しました

黄金の大仏様の建つ展望台より
イメージ 1
動画はこちら→https://youtu.be/xt_o2obDivQ

名前は忘れたが、島内にいくつかあるうちのビーチ
イメージ 2


本文とは関係ないが汗
イメージ 3


観光客はスクーターを借り島を巡るのが一般的なようです
イメージ 4


バイクを返し、港近くの食堂にて
イメージ 5


食堂の女性 顔つきが一般的なタイ族とは違う感じ
イメージ 6



写真はたくさん撮ったが、Wi-Fi環境がよろしくないので帰国後また紹介します






ラオスからタイへ




ルアンパバーンの旅を終えタイに戻ってきました

ラオスも良かったのですが、タイはタイで素敵な大好きな国です


今回は叔父が同行しましたので、思ったように写真撮れませんでしたが、托鉢や朝市、夜市、プーシーの丘etc・・・おかげさまで想い出に残る旅が出来ました


イメージ 1


プーシーの丘昇降階段近くの美しい寺院

托鉢見物の際、早起きして撮影
撮影時は、ちょうど本堂で読経中で、とても厳かな気持ちになりました

さて、今バンコク南部のパタヤにいます

タイは近年戦地になったことはないそうですが、ベトナム戦争時は米軍や南ベトナム側に付き、米軍の補給基地になりました

パタヤは、ベトナム戦争時に米軍兵士の保養地として、小さな漁村を開発し現在に至ってるそうです

どうりで、逝っちゃってる年老いた白人をよく見かけます(^^♪


半島の方は個人旅行が増え大人しくなりましたが、その何倍も大陸から団体客が押し寄せ、パタヤは私も含め北東アジア人で溢れかえってます

街を歩いてると、ローカルの方から「你好」または「アニョンハセヨ」と良く挨拶されます(^^♪

複雑な気分です( *´艸`)





托鉢


一年ぶりにラオスに来ました

前回は、首都ビエンチャンでしたが、
今回は古都ルアンパバーン
街全体が世界遺産とか

先ずは、もっとも有名な托鉢
イメージ 1



夜明けから始まります
イメージ 2


このお寺では、大半が観光客がお布施?してました
イメージ 3


イメージ 4私は六波羅蜜一切関係なく撮影に没頭、この日はラオスからタイへの移動日で慌ただしく、余裕がなかったのです( *´艸`)





可愛い小僧さんもいます
イメージ 5


ルアンパバーン中のお寺で毎朝行われてる托鉢

ここは観光客メインでにぎやかでした
 

イメージ 6



凡そ5時から7時くらいまで托鉢に回るようです
イメージ 7



ルアンパバーンは、街全体が世界遺産に指定されているだけありとても美しい街です
イメージ 8


旅先で、Wi-Fi芳しくない為この辺で









保養所にて




3月にセブ島旅行した後、毎日家で燻ってます(^^♪


来月は、今年大手製鉄所を定年退職した親戚と街全体が世界遺産になっている、ルアンパバーンの街を訪問する予定です

旅程の打ち合わせの為、前の勤務先の保養所に行ってきました

親戚の勤務先では、不景気ですべての保養所を手放したそうですが、私の勤務先ではOBでも格安で利用させてくれます


先ずは乾杯
イメージ 1




オプション無しでも老人には充分な量です
イメージ 2



この保養所は、初代社長がこの場所を甚く気に入り、船宿の夫婦を嘱託社員に迎えて直営保養所にしたそうです
イメージ 4


そのご夫婦も定年となり、今は契約保養所になってるみたいです
イメージ 3


初代社長はとっくに亡くなってますが、保養所のご夫婦は恩を忘れず先日もお墓参りに行かれたとか
イメージ 5


保養所の奥さんが言うには、
「世の中やっぱ人だよね」と・・・
イメージ 6
本当にそうだと思います


車エビかな?美味しかったなぁ
イメージ 8




翌朝の朝食も美味しく頂けました
イメージ 7



この保養所は、自宅から下道で1時間、高速を使えば40分で行けます
街で飲む値段で泊まれて、その上美味しい朝ごはんも食べれます

「組織の三菱 人の三井」と言いますが、今時OBにも優しい会社で働くことが出来て・・・ありがたいことだと思っています






定年後、川崎の再就職先で知り合った元同じ会社の大阪工場の同僚やその後輩さん達を案内して、先日セブ島やボホール島を回ってきました

イメージ 1


ボホール島のメガネザルのターシャ
イメージ 2



ロボック川クルーズ
イメージ 8

チョコレートヒル
イメージ 3



何もなくて豊かな島・・・日本人崎山さん所有のカオハガン島
イメージ 4
船頭に崎山さんの話をしたら、かなり有名人なようで島を一周してくれました


民泊のコンドから見たマニラ湾の夕陽
イメージ 5
韓国人ハルモニ所有のコンドミニアムに民泊したんですが、アメリカ大使館前の40階建てコンドミニアムで眺めが最高でした


左から、宿泊客の韓国人学生、アメリカ人医師、オーナーのハルモニ
イメージ 6


コンドミニアムのスタッフ
イメージ 7


大阪工場の友人たちはセブ〜関空直行便でしたので、お見送りした後私はマニラから成田に戻りました

プロモチケットでしたので、私だけマニラで5泊しました
お小遣い少ないので、民泊があることを知り素泊まり一泊2千円弱の民泊にしたわけですが、ハルモニに夕食や朝食に呼ばれ感激しました

フィリピンにも民泊のシステムがあるのは知ってましたが、今回初めて利用し、一人旅では使えると思いました
経験はないけど、ホームステイしているような感じでした(^^♪


気が向いたらまたアップします


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事