ここから本文です
★☆サマジーの旅日記☆★
貧乏暇ありの隠居ジジイです( *´艸`)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

バンコクに戻りました




約一週間のチェンライ滞在を終えバンコクに戻りました



何でもあるバンコクも嫌いではありませんが、年金暮らしになった今物価が高く長期滞在は厳しいものがあります


今回は、チェンライではゲストハウスを利用しました
ハイシーズンを除く通常価格は1200円(朝食付き)ですので、半月滞在しても2万円かかりません
ゲストハウスでは、バナナとコーヒーは1日中食べ放題でしたので、長期滞在中のご夫婦は果物を買ってきてランチとして食べていたりしました

ゲストハウスの前にも、安く本格的なタイ料理を出してくれる小奇麗なレストランもあります(一度テイクアウトしたが、カオパット・・・焼飯・・・が100円程度)

冬の寒い時期は、ここに長逗留するのも悪くないかなと思いました

自分の年齢や滞在期間を考えると、家を借りるよりゲストハウスの方が何かと便利でいいですね


ゲストハウスのスタッフです
イメージ 1


弟と働いており、弟が「姉は独身です」と売り込んできました(笑)


両親が離婚してしまい、ここで育てられている少年
イメージ 2
ゲストハウスのスタッフに空港まで送って貰った(有料)のですが、この少年も同乗したので、お小遣いをあげたら手を合わせてお礼を言ってくれました


最後に、朝食でよく一緒になるロシア人女性
イメージ 3




いつもデジイチを持ってるので、フォトグラファー?と聞かれました
趣味でね、と言って流れで1枚パチリ(^^♪

Facebook友達になっときゃ良かったなぁ( *´艸`)



滞在中皆勤賞で通ったマッサージショップのスタッフ
イメージ 4
写真左がAKHA族の女性で、店のオーナーの娘さん
右がYAO族の娘さん

チェンライにはいくつかの少数民族の村があり、有名なlongneck首長族?の、カレン族の村もあります
AKHA族とYAO族は同じ言語らしく、マッサージ中も同僚と緩やかな、優しい響きの言葉で喋ってました・・・お陰で爆睡しちゃったりしました
タイ人の家にはキッチンがない家も多いらしく、スタッフは店の軒先でよく食事をしています

マッサージが終わると、「食べて行け」と誘われることも多く食費が浮きました(^^♪

旧正月は来月ですが、AKHA族は今なのか、多くいるスタッフの大半が里帰りで休んでました

後で紹介しますが、なんと焼き立てのお餅もご馳走になりました
砂糖を付けて食べるようです
次回は醤油と海苔を持参しようかな


バンコクは、不良っぽい外国人も多いですが、田舎では旅本来を楽しんでる人が多いと思いました
イメージ 5



明後日帰国します

気が向いたらまたアップします


 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事