ここから本文です
★☆サマジーの旅日記☆★
貧乏暇ありの隠居ジジイです( *´艸`)

書庫etc

なんでもありのブログらしい記事f(^_^; 

記事検索
検索
皆さまにはご心配をおかけしましたが、3ヶ月(3回)に及ぶ右腎盂結石のレーザー破壊による摘出手術が無事に終わり、お昼前に無事退院し帰宅しました
ただ、腎臓そのものの中にも結石が残っている可能性もあり、イメージ 1正確には来月の中旬に実施する予定のCT検査結果にて決定します
とは言いましても、既に腎瘻・腎盂カテーテルも外されていますので、特に異常が見つからなければ多少結石が残っていたとしても来月は腎機能の回復に充て、5月のGW明けから左腎盂の結石(右と同様に縦82mmのサンゴ状結石)の摘出手術が開始される予定です
未だ漸く半分が終わったと言うところですが、先ずはひと段落と言うことです
来週から職場復帰する旨先ほど連絡したところです
軽作業なら可能と言うことですので、GWは苦労を掛けた愚妻を労い小旅行を計画しています
入院中、検査のために入院されているOBの方(2名)とお会いしたり、その他いろんな入院患者の方と知り合い、退職後の過ごし方等についても有意義なお話をお聞きする機会を得、満更無駄な時間を過ごしたとは思っていません
三度にわたる入院で、健康の大切さをあらためて、身をもって?感じた次第です
体重の方は、1月の入院前から10kg減を維持したままで、殆ど増減がありません
摂取カロリーをこのまま継続できれば、仕事に復帰したらまた多少は減るでしょうが、まぁ無理はせず徐々に標準の体重に近づけ、服用している生活習慣病の薬を減らすことが出来ればと思っています
先ずは報告まで

皮膚病併発




現在腎臓結石手術のため入院治療中ですが、
同時に皮膚病も併発していて、同じ病院内の
皮膚科で治療して貰いました


治療前
イメージ 1



薬の影響・・・病院ではない言ってますが
イメージ 2
毎日こんだけの薬飲んでるとね




治療後
イメージ 3



イメージ 7








イメージ 4



文字打つのが矢鱈大変です

こんな状況なんで匙を貰いましたが
イメージ 5



箸もなんなく使えますので
イメージ 6


文字を打ち込むのに矢鱈と時間がかかり過ぎなんで
コメントも中々出来ずに困っています

ご無礼ご容赦下さい




ドクターヘリ




運よく?ドクターヘリのランディング場面に出くわしました


病室の窓の前を降りきます
イメージ 1


模型みたいですね。尾翼のプロペラないけど回転しないのかな
イメージ 2



ホバリングしながら着陸するのかと思ったら
イメージ 3



飛行機のようにそのままランディング
イメージ 4



着陸後、直ぐに病院側関係者が駆けつけ
イメージ 5
無駄な動きがなく、きびきびとした動作が見てて気持ちいい


患者を下ろして直ぐに手術室に搬出します
イメージ 6
まるで訓練そのもの・・・日頃訓練されてるんでしょうね


日本の医療は、総合点において世界最高水準じゃないでしょうか
イメージ 7
根拠はないけどね

医師から看護助手、病院の職員に至るまで
患者にとって至れり尽くせり?


海外での受診は1回しか経験ありませんが
大病を患ったら日本で診て貰いたい…
あらためてそう思った次第です


入院しました









3回目の手術に備え入院しました


イメージ 1



早速昼食です

今夜食べたら明後日まで絶食です
イメージ 2




糖尿病食なのでカロリー抑えめですね
イメージ 3




「とびひ」を併発していたので優しい看護師の方が
手当してくれました
イメージ 4



流石はプロですね

美しい仕上がりです…被写体は太くて短く汚いけど(^^;
イメージ 5


明日は朝から点滴やR線検査などで忙しく
午後一から手術です


3度目(生涯5度目)とは言え手術日の前日は
多少なりともnervousになっちゃいますね

支度にもたつく妻を叱責しちゃいました


早く明後日にならないかなぁ…














3回目の入院・手術




明日から3回目の手術に備え入院します


月1回ペースですから、このままのペースを保てれば、
6月には手術が終わり、7月には近場の旅に出れそう


暫くぴぃちゃんとの散歩も出来なくなるので
久々に川の近くまで足を延ばしてきました


イメージ 1


恐そうな犬が近づくと土手を下り逃げます(^^♪


自分より小さな犬でも少し怖そう
イメージ 2



タイプ?の犬が離れてゆくと寂しそうに見送ってました(^^;
イメージ 3



さて、これから入院手続きの書類や承諾書等に記入し、
入院中の着替え等準備しないとなりません



先月あたりから足や背中にできものが出来ていて、
手術の影響や薬の副作用だろうと勝手に判断し
放置していたのですが、膿が出て我慢できなくなり
皮膚科で診て貰いました

「あぁとびひだね。ステロイド入りの軟膏塗って
薬飲めばすぐに治るよ」といって看護師に任せ、
さっさと別の患者の診察に行ってしまいました

流石に人気のクリニックだけあって、直ぐに
快復の兆しが見えてきました

やっぱ面倒くさがらずに直ぐに診て貰わないと
行けませんね

初期段階でしたらこんなに痒い思いしなかったでしょう

写真見たい? Facebookではアップしたんですが、
キモイでしょうからblogではやめておきましょう(^^;

ちなみに、「とびひの正式な病名は、
「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」で、
細菌が皮膚に感染することで発症するそうです

火事で飛び火して広がるのに似てる為「とびひ」というとか


先の入院で、院内感染したの鴨???

幸いなことに家族には感染しなかったようでホッとしました

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事