cafe Bagel:holic

昨シーズンの営業をもちまして閉店いたしました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 3

    店でのいろいろな出来事を、 公表しなくていいようなことまでも思い出に残したくて 


    個人的な日記のように綴ってしまった近頃の私のブログを読んでくださった方々に、


   「何だかそんな感じがしなくもなかった」とか、いろいろご心配をおかけしてしまったようで、


    ご住所をいただいている方々に、閉店のお知らせはがきを送った後、メールやお手紙や


     お電話をいただいて 励ましのお言葉 温かいお言葉をたくさんいただきました。


               たくさんの愛をありがとうございます。





  印象的だったのは、「Aさんに何かあったら わたしが助けに行きます。」という逞しい言葉を


  女の子からいただいたこと。こんな事を思ってくれる男性が存在するのかしないのか…なかなか


 巡り合えない昨今なのに まさか女の子から言ってもらえるとは思いませんでした。嬉しいですね。


  


          

      心に穴が開いていないわけではないですが(^▽^)・・・私は元気です。


   葛藤は色々ありましたが、この先も笑って過ごしていけるように、新たな目標のために、


         強さを身につけながら 1歩を踏み出して行かなくては。





      

         
  私がふと思った 「いつか実現したらいいな」 と思ったことを何人かの友人に話してみました。





     統一された雰囲気の色々な建物を建て小さな町を作って、内装はkinoさんにお願いし

     
      軽井沢で出会った 技術を持つ色々な友人達にそれぞれお店を経営してもらう。


  同じ方向を向いている仲間と 素敵な雰囲気の素敵なお店が集まった町、想像しただけで楽しい

   
             協力してイベントをやったり、コラボしたり、


   健康のために毎日みんなでKちゃん指導のヨガタイムを作ったり…実現したら絶対楽しいよ。





   そんなことを話したら、みんな同じようなことを思っていた。みんなが思っているのなら、


   いつか実現するね、きっと。


 個人的に 逞しいYちゃんと、この店を大好きでいてくれたいつも優しいFちゃんも巻き込みたいな。



       




 



       cafe Bagel:holic としてのブログはここで終了させていただきます。


        言葉が少なくて何を考えているかわからない と言われた私でも、


  こういうことに関しては 億劫者 の私でも、話しすぎるくらいのことを打ち明けてしまったり、


  ブログのためにネタ探しをしたり、ますます写真を撮ることが楽しくなったり、クセになりました。


        日常になかなか会話をする相手がいなかったせいもあるのかな?


    ブログをされていない方、変化がほしい方、ブログを始めてみるのも楽しいですよ。


      日々の刺激になるかもしれません。友達ができる方もいらっしゃるようですよ。






     今までお読みくださったみなさま、お付き合いいただきありがとうございました。


              どうかくれぐれもご自愛くださいませ。




イメージ 1イメージ 2


          


      


          

      
        


     

    
      
      捨てるくらいなら いらないものを記念に頂戴 というメッセージをいただき、


 私が作った木製のものばかり、住所看板だとか、


     メニュー看板(基礎は依然勤めていたところで使用していたイーゼル)だとか、

 
            本当に使えるのかどうかわかりませんけれど・・・と思える細々としたものを


                 群馬県前橋市のあるお宅へ。


    お仕事中にお邪魔して 珈琲とチョコレートをいただきました。ごちそうさまでした。


     毎回迷ってしまうし、出かける時間が遅くなってしまったのでそそくさと退散。


                 何とか使ってみてくださいね。


イメージ 1イメージ 2

カウントダウン 散歩

         「あと何日で 全ての荷物を引き上げる」 という時は、


  この独特な雰囲気、空気の中での散歩も もうできないのだろうな。と思って、数日散歩を続けた。




   イメージ 1イメージ 2



 自然な感じで芝の生えているこんなアプローチ 素敵です。

      写らなかったけれど、玄関のドア含めての雰囲気がとっても素敵な絵になっていました。
     







  隔離されているかのように 寂しくなるほど 嫌になるほど 

 
                        避暑時期を除けば 静か過ぎるこの町だけれど、

  
     他のどこでも味わうことのできない こんな感じの中での散歩は 人々を魅了する。


     以前は通勤に使っていた 獣道のようだね と言われた道も、ただの山道とは違う。


  ガイドブックに載るような場所ばかりではなく、本当の軽井沢の魅力を味わっていただきたいな。


  と思う。私の身の回りではあまりメジャーではない軽井沢に 私自身、あまり知識も興味もなく


    初めて旅行で訪れたときは、シャッターが閉まっているお店が多い寂しい銀座通りを歩き、

 
 薄着できてしまったので寒くて震え、笑うこともできず、誕生日デート旅行だったのに、つまらなくて


 「じゃあ、草津に行こう」と、予定外に草津まで足を伸ばし温泉を楽しんだ。次の日、帰り際に


 ベーグルカフェに寄ってベーグルを買い、「やっぱりつまらないね。」なんて思いながら帰った。    



   まさか、この町に10年も住み、


      そして、ベーグルカフェに勤めることになるなんて 全く思いもしなかった。


   住んでみて初めて感じた魅力がたくさんあり、何だかんだと離れられなくなってしまった。


 特に、秋から冬への季節の変わり目を感じるときは最高。

         
               そして、静岡ではめったにお目にかかれない雪がやがて降る。最高。





  イメージ 3イメージ 4



イメージ 5イメージ 6




まだまだ 新芽、新緑にはお目にかかれない時期だったけれど、それでもやっぱり気持ちいい。



        大きく育ちすぎた大木が、ギシギシ音を立てながら風に揺れていた。



     


  

安い!

イメージ 1イメージ 2




      1パック 197円!!  この価格は初めて。   甘くておいしい。

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事