ここから本文です
ばいきんダディの何でオレ様が・・・
FC2ブログアドレス https://baikindaddy.blog.fc2.com/

書庫全体表示

ぼくパタリロ! 28話「忠誠の木ものがたり」(1982年11月27日放送)

以前もお話ししましたが、もし無人島に一人の漫画家の作品だけを持っていくことができるとするならば、私は魔夜峰央の漫画を持って行きます。もちろん、他にも好きな漫画家はたくさんいるのですけど多彩で、かつ何度読んでも楽しいという点では彼かなあ。作品数も多いしね。

イメージ 1
原作の人気エピソードのアニメ化
第10巻「忠誠の木」より

<ストーリー>
パリに滞在中のパタリロ一行。「忠誠の木」と呼ばれる今は擦れて読めなくなった文字が刻まれた樹木の存在を知り、それを題材に小説を書くをことを思いついたパタリロはタマネギ16号を引き連れて18世紀のパリへとタイムワープする。貧しい町娘のジェンヌと知り合ったパタリロたちだったが、そこはなんとフランス革命勃発のその日だったのだ。闘争に巻き込まれて怪我を負う16号。パタリロは現代へ立ち去ろうとしたが、16号はその場に残ることを乞う。16号はジェンヌを愛してしまったのだ。
時は流れ、16号はパタリロへの永遠の忠誠を記すために一本の樹木に文字を刻むのだった・・・

イメージ 2
白石冬美さんの声の使い分けが見事だったなあ

イメージ 3
「止めて下さるな妙心殿!」
平手造酒を知ったのは本作でしたw

魔夜峰央との出会いはテレビアニメの「パタリロ!」でした。何とも異質な作品に感じましたね。しかし放映後すぐにカルチャーショック的にパタリロに夢中になって全巻揃え、以来、今現在でも魔夜峰央の作品は全て収集しています。80年代と今とではかなり画風も作風も変わってしまいましたが。
最近、地方ディス漫画として「翔んで埼玉」という作品が再刊行されて話題になりましたけど、アレも元は80年代の作品ですからね。高校時代、友人と死ぬほど笑いましたよ。ぶっちゃけますと、笑いの面では80年代中期が一番冴えていたかなあ。

イメージ 4
「久しぶりだねヤマトの諸君」
一時期このネタ連発してました

イメージ 5
知る人ぞ知る鞍馬天狗ならぬ猫間天狗

異質と言えばまず絵が異質でした。魔夜作品に馴染のない方なら最初は鋭角的な横顔や装飾性のある画面作りに戸惑うかもしれませんね。ただこれは慣れと言いますか個性と言いますか、すぐにさほど気にならなくなってしまうんですけどね。むしろ独特の味わいが癖になったり。その点は西岸良平の絵と共通するかもしれませんね。
そして性描写の過激さも目を惹きました。少女漫画なのにねえ。いや、少女漫画だからか。絵として直接的ではないんですが、明らかに(男同士が)しちゃってる描写が多々ありましたからね。もうLGBT以前の問題ですwしかも多少は薄くしてあったとは言えゴールデンタイムのアニメでそれを放送しちゃったんですから。当時、PTAが発狂したと聞きましたが無理もないw

イメージ 6
タイムワープで18世紀のフランスへ
お供は本作のゲストキャラ・タマネギ16号(井上和彦)

イメージ 7
16号の素顔
タマネギ部隊は全員メイクを取れば美青年

イメージ 8
ゲストヒロインのジェンヌ
声は麻上洋子!

ギャグも従来にはないものでしたね。ハイスピードなスラップスティックに加えて教養や知性を求められるセンスは少年漫画には見られないものでした。思春期だった私にはむしろそういった教養を求められる側面が一つ上のステージの笑いを感じ取っているようで心地よかったですね。ちょい時代を外した(当時としても)ネタや、落語由来の笑いは勉強にもなりました。
また、本作に見られるようなセンスオブワンダーの効いた感動的作品、海外SFを彷彿とさせる壮大な物語、本格推理、妖怪モノ、ナンセンス・・・魔夜峰央の奥行きの深さには舌を巻かれ続けたものです。

イメージ 9
このスピード感のあるギャグ描写w
アニメも頑張ってたけどここまでの再現は無理だったなあ

イメージ 10
美しい美術も原作由来

そこまで完成度の高い原作なので、アニメ化の際はファンから色々と言われたものです。確かに作品全体に漂う独特過ぎる雰囲気とリズム感は、アニメ化困難な雰囲気を出しています。しかし今改めて観るとかなり頑張っているんですよね。従来にない作品だっただけにスタッフ陣は試行錯誤と冒険の連続ではなかったかと思います。しかしそれがかえって作品の質の高さに繋がっていたのはむしろファンには幸いだったんじゃないでしょうかね。
本作は原作でも人気のエピソードの一つを忠実にアニメ化してます。(バンコランとマライヒの取ってつけたような出演だけがアニメオリジナル)
実は忠実に映像化出来たこと自体が奇跡のように思うんですけどね。

イメージ 11
バンコランとマライヒは原作には登場しません
本作でも冒頭だけチョイ出演

イメージ 12
(笑)
アニメの作画も頑張ってます

パタリロ役の白石冬美さんは当初あっていないとか言われていたように思いますが、しかしあの難しい役柄をこなせたのは彼女だからだったと思います。また、故・曽我部和恭さんは緊張感と色気と、それでいてギャグセンスを求められるバンコランを見事に演じていた増した。個人的には曽我部さんが演じられたキャラの中では一番思い出深いですね。
そしてマライヒの藤田淑子さんがねえ。本当にイメージぴったりでね。性別は(仮にもw)男性と言うこともあって男性声優の起用も考えられたそうですが、本当に彼女で良かったですよ。
「バン・・・」って彼女のつぶやきは原作以上の色気を生んだように思います。

イメージ 13
タマネギ部隊を演じる豪華声優陣!

イメージ 14
アニメ版タマネギ部隊は声が最高でした

そして何よりアニメ版のパタリロを成功に導いた要因の一つはモブ的なタマネギ部隊の面々の声を当てた古川登志夫、古谷徹、三ツ矢雄二、野島昭生、塩沢兼人、神谷明、塩谷翼ら人気声優たちの闊達なアテレコ。素はイケメンなのにギャグモブキャラというタマネギ部隊の特徴をそのまま、素はイケメン担当声優たちが彼らを演じていました。原作由来のエスプリの効いたタマネギ部隊の会話が彼らの見事な声で生き生きと再生されたのはファンにはまこと僥倖でありました。
本作のゲストであったタマネギ16号は井上和彦、ジェンヌは麻上洋子と奢ってますねえ。
全盛期の彼らの声を堪能するだけでも楽しめる一編ですよ。

イメージ 15

  • enokorogusaさん

    私も読み始めたのは小6の時でした。
    当時、バンコランとマライヒの関係とかどう考えてたのかなあ。
    けっこうちゃんと理解していたような気がします(笑)

    先にアニメのバンコランを観ちゃってたので、私も曽我部さんのピッタリに思ってしまいますね。

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:08

  • s11729nls

    うちも母が観てました。漫画も読んでいましたよ(笑)
    この内容なのに、観るのやめなさいとは言わなかったなあ・・・

    このブログを始めて、私も歌っているのがミリアの人だと知りました。驚きです。マクロス本編で歌ってくれればよかったのに。ミンメイと二人でダブルディーバで(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:11

  • mnpさん

    私を育ててくれた漫画家さんの一人ですね。
    守備範囲と言うより、まさに定位置だったり(^^;)

    mnpさんも良い一日をお過ごしください!(^^)!

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:12

  • ソリッドさん

    当時からタマネギ部隊の声優に関しての知識はありましたけど、今観るとなおさらスゴイ面子だなあと。
    全員主役級ですからね。
    そして彼らの掛け合いが本当に面白くてテンポが良くて。
    これだけでもオールド声優ファンは楽しめると思いますよ。

    作画も頑張ってますよね。
    独特の魔夜峰央の絵柄をよく再現してくれています。
    アニメ雑誌に、兼森さんのイラストとかが載っていたように記憶していますね。

    今じゃあその魔夜峰央の絵も簡素化されましたが(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:16

  • ニホンセンさん

    少年誌系ナンセンスギャグとは異なる味わいはむしろ私にはぴったりでしたね。
    ドハマりして、以来もう35年ですよ(笑)

    クックロビン音頭は、アニメ初期にはメロディがなかったんですよね。
    それが見ごろにメロディがついてエンディングテーマに。
    しかも歌っているのがタマネギたち有名声優たちですから。
    これまた豪華でした(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:19

  • すげ〜、恒点観測員さんすげ〜(笑)

    私も年二回くらい一本締めや三本締めの音頭を取ることがあるのですが、挑戦したいなあ。
    誰もついてきてくれないだろうなあ。

    余談ですが、私の結婚式の絞めのあいさつはほぼ五代君のあいさつでした(笑)

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:21

  • osamu7329さん

    フライミートゥザムーンも同じ10巻に収録なんですよね。
    あれもグッとくるお話です。
    魔夜峰央が乗りに乗っていたときだったのでしょう。

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:22

  • mas**o4129さん

    コメントありがとうございます。
    今も自宅書棚には相当な面積ととってパタリロ、ラシャーヌをはじめとする魔夜峰央作品が並んでいます。

    うちの子供たちにも、小学校高学年、いや中学生になったら読ませちゃおうかな(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/6/13(火) 午前 11:24

  • 顔アイコン

    魔夜峰央さんって男性だつたんですね…そんな事すら知らなかった。
    ボーイズラブモノって結構苦手、『風と木の詩』は内容の深さ故に
    読みましたけれど…やっぱり少女漫画向けのジャンルではあるの
    でしょうね。少年(男性)漫画では『ストップひばりくん』位しか
    思いつくタイトルがありません。例えば本宮ひろ志の描くこれ系
    とかは見たく無いなあ…耽美派の画風が似あうのでしょうか?

    [ light ]

    2017/6/14(水) 午後 0:56

  • lightさん

    魔夜峰央作品は確かに男×男が多いのですが、ボーイズラブ系とはちょっと違うかなあ。
    一見耽美的画風ですが、読むと明らかに男性の完成であることが分かりますし。

    ストップひばりくんもそうですが、男性の描く男×男って、結局一方は「女」なんですよね(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/6/15(木) 午後 2:30

  • 顔アイコン

    この回とアストロノーツの話は最高でした、

    [ 燃焼豚 ]

    2017/6/21(水) 午前 9:09

  • 燃焼豚さん

    フライミートゥザムーンですよね。
    真面目なパタリロが出てくる話は逸品揃いでしたね。

    ばいきんダディ

    2017/6/21(水) 午前 9:39

  • おはようございます。
    パタリロ!
    大好きです。
    中でもこの「忠誠の木」というエピソードは泣けました。
    ラストの別れ際のシーンが今でもパタリロがタマネギに「後悔しないな!」と聞いた時が特に……。
    普段はアホをやらかせているパタリロを見直したエピソードでもあります。

    [ ネェル・アーガマ ]

    2017/7/3(月) 午前 9:57

  • ネェル・アーガマさん

    パタリロがお好きな方がいらっしゃるとそれだけでうれしいですね(^^;)

    ゴルゴ13の過去話系と同じように、たま〜にパタリロの真面目系のお話があって、それが面白くてファンにはたまりませんよね。

    ばいきんダディ

    2017/7/3(月) 午前 10:25

  • あと、9枚目の漫画の画像のあとで
    パタリロがタマネギ16号に「タマネギ16号、今月給料ダウン」、するとタマネギ16号は「この場合仕方ないのでは……?」(だったかな?)というギャグに近いやり取りがありました

    [ ネェル・アーガマ ]

    2017/7/3(月) 午前 11:27

  • ネェル・アーガマさん

    そうですそうです。
    よく覚えておられますね。

    何かタマネギが粗相するたびにパタリロが給料下げようとして、大慌てしたり、どうせ低いんだからどうでもいいという態度を取ったり。
    冷静に返してる16号の態度は新しいパターンだったかな(^^;)

    ばいきんダディ

    2017/7/3(月) 午前 11:56

  • 顔アイコン

    ついに百巻の大台に突入。魔夜先生は偉大な少女漫画家ですよね。

    [ 燃焼豚 ]

    2018/11/26(月) 午後 0:32

  • 燃焼豚さん

    パタリロ西遊記ほかパタリロ番外編的なお話も多数ありますから、実質的には120巻くらいなんでしょうか。
    何にせよめでたいです(^^;)

    ばいきんダディ

    2018/11/26(月) 午後 2:00

  • 過去記事にて失礼します。
    ごぶさたです。
    パタリロ第28話「忠誠の木ものがたり」の動画はこちらです。
    https://youtu.be/KWGh1nui6pQ

    やっぱりラストの
    パタリロのタマネギ16号への
    「彼らではなく彼女ではないのか?」と
    「後悔しないな!」という場面は今でも泣けます。

    [ ネェル・アーガマ ]

    2019/4/3(水) 午後 9:09

  • ネェル・アーガマさん

    いえいえ、過去記事コメント大歓迎です!(^^)!
    しかしそれもヤフブロ閉鎖でなくなってしまうのですが・・
    一応全てFC2に移して稼働しておりますが、完全に落ち着くかどうかは未定です。

    何とYoutub○に上がっていますか(^^;)
    最近「翔んで埼玉」の影響で魔夜峰央への注目が集まってるのかな。
    当時のパタリロ原作は名作揃いの時期でした(^^;)

    ばいきんダディ

    2019/4/4(木) 午前 10:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事