お知らせ

[ リスト | 詳細 ]

今月の予定など
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

出稼ぎから戻りました

イメージ 1

冬の間は畑もお休み。ということで、出稼ぎに行っていました。

暖冬を予測したの予報官をうらみつつ、大雪の森で樹木についてのスキルを磨き、あわせて、オオミスミソウ・コシノカンアオイ・サルメンエビネの分布調査や保全活動も行いました。

開く コメント(0)

農夫の気持ち

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

[農夫]と言い切るのはとても不遜な気もしますが、野菜を育てる身として他の表現が想いうかばないのでご容赦。

だれも立ち入らないような赤土の湿った荒地でも、工夫の積み重ねで食べ物を作り出すことが出来るのだということを多くの人に知ってもらいたくてコマランドで自然農をはじめました。

3年のあいだ汗を流し、すこしづつ豊かになった土と、そこに芽生える命の営みの尊さ。

そこには喜びと感謝があふれていました。

野菜たちは、ひたむきに育ち、その命を人間に分け与えてくれます。

農夫は、わが子に向かうにも似た愛情と、両親の温情にも通ずる優しさを儚い新芽たちに感じました。

でも、大地とのつながりを知らない人が、「ここでは何をやっても自由だ」と言いながら、畑の畝を踏み荒らします。

わが子や両親を踏みつけられて笑っていられる人はいないでしょうに。

しかたなく農夫は畑を柵で囲います。本当はそんなことしたくないけど。

そうすると大地とのつながりを知らないひとは、「柵なんて自由のじゃまだ」と言います。

本当の自由ってなんでしょう。

とにかく自分のしたいことをすること?

あるいは自分の意のままに他人を従わせること?

農夫には良く解りませんが、どちらも気持ちが悪いように思えます。

そんなことに価値を置いた時代は終わったのではないですか。

これからは大地と共に暮らし、お互いを尊重しあう時代が始まります。

たくさんの人たちに、大地とのつながりを取り戻して欲しいのです。

農夫はただ大地と触れ合い、種をまくだけ。

自分にできることをやり続けるしかありません。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これからの小学校では、1週間程度の長期自然体験活動 http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/taiken/1282647.htm をカリキュラムに取り入れるそうです。 

それと、これらの支援と事後評価のための活動指導者も必要とされているとのこと。

そこで、森森クラブも これらの趣旨に賛同し、活動指導者として必要な資格を取得することにしました。

そのための 「小学校長期自然体験活動指導者養成セミナー」 が今週の土日に開催されるため、今週の森森クラブはお休みにします。

その代わり、来週の11月21日と22日は臨時に森森クラブを開催、「晩秋の三之峠ツアー」を行います。

紅葉の東山を散策しましょう。詳細は来週おしらせします。

開く コメント(0)

イメージ 1

実は、毎年、秋が深まる頃に、コマランド周辺で気になるものがありました。

それが写真の植物です。何だかわかりますか?

そう、これが 「山芋」 の 「むかご」 です。むかごをそのまま食べても山芋の味がちゃんとしますよ。

今回はイモ尽くしの森森クラブなので、この機会に山芋掘りも体験してみましょう。

自信のない人はむかごの採取だけでも楽しめると思います。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

来週の森森クラブは 「秋の焼いも食べくらべ」です。

まずは里イモを収穫、サツマイモとジャガイモも全部焼きいもにして食べます。

他にも焼きたい食材がありましたら、どんどん持ってきてください。

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事