ここから本文です
ファン登録の前にゲストブックへの書き込みお願いしますm___m

書庫全体表示

先日車を借りて長野方面まで行ったんですが、そのときとある伝手で借りたのがこのMベンツSLK230コンプレッサー。




イメージ 1

1997年に発売された初期モデル。2300ccのスーパーチャージャー付きモデルでなんと言っても一番の特徴はバリオルーフと呼ばれる28秒で格納する電動格納式メタルトップ。

これはかなり目立ちます、、、笑
大体出先のコンビニとかで屋根を上げたりすることが多かったんですが、リヤトランクが開いてルーフが格納される28秒間は、必ずといっていい程注目されます、、、。







イメージ 2

ボディサイズ 全長:3995mm ホイールベース:2400mm 車重:1350kg
この頃に発売された2シーターオープンカーのボディサイズは比較的この位でしたが(ポルシェボクスター、ホンダS2000等)、軽自動車並みのホイールベースに、スーパーチャージャー付き200馬力のエンジンの組み合わせは何とも楽しい、、、、。

山道だとグイグイ上ってクルクル回って楽しいこと楽しいこと、、、、。






イメージ 3

踏んだ分だけシートバックに体が沈むダイレクトに加速するエンジンは、2500〜4800rpmで28.6kg・mの最大トルクを発生します。なるほど、、確かに踏み込むと2500rpmからンズォー、、と乾いた音を発生させながらグングン加速します。

ベンツらしくATのみの設定ってこともあってか、底抜け〜〜ってな感じの加速ではなく、適度な重量感を感じる加速なので山道でも高速でも安心感があります。

これでスコーーン!と抜ける加速の要素が大きいと命が幾つあっても足りないような気がします、、笑










イメージ 4
 
このナイキのAJ1(ブルズカラー)のような赤/黒のコンビカラーの内装は初期モデルの特徴。
派手かな、、、と感じる方も多いかもしれませんが、こういうところがオープンカーを所有する喜びを増幅させるテクニックでもあったかと思います。

マイチェン後は黒一色になったようですが、この時のコンビカラーの方が当時のスタイリストの意気込みがひしひしと伝わってくるもの、、、、。
車の完成度を考えると、モデルチェンジ直前のものが一番高い気がしますが、その車の特徴や開発背景に重きを置けば初期モデルの方が断然面白いのも事実です。



内装のスイッチ類は最近のようなダイレクト感の無いタッチパネルやON/OFF押し式スイッチでは無く、目線を移さずともダイヤルをガシガシと回して入力する機械式のスイッチで、何ともヨーロッパ車らしいものです(ベンツのATシフトゲージが一番良い例ですね)。

コスト的には機械式のため高くつきますし、、、重いし固い、、なんて声も聞こえてきそうですけど、この辺は操作系に対する思想(哲学)の違いがあって、どちらが良いとは言えませんし、逆に乗り比べると一番面白い箇所だったりします。









イメージ 5
 
エクステリア(外観)は今見ると、特徴が無いスタイリングのようですが、現行のF1ノーズのようなSLKの顔が良いかと言われると、、言葉に詰まるところでもあります。

当時ベンツにとっては、ユーノスロードスターの影響を受けての新しいカテゴリーへの挑戦でしたし、プレミアムロードスターのSLという兄貴分があっての存在、、ということもあって、全てをそぎ落とし、全てを凝縮させるスタイリングを目指した結果、、、と考えるとこれが必然のカタチであったとも言えます。

特にこの初期SLKの側面パネルは、断面形状を無理矢理ねじることのない非常にキレイな面構成で、、、空の写り込みと地面の写り込みが徐々に変化して行く様は見ていて何ともウットリしてきます、、、。









イメージ 6
 
パーツを共有するCクラスのコンポーネンツをベースに、スポーツカーらしく低く構えたノーズから、オープンカーらしく厚みを持たせたサイドショルダーを経由して、、、ルーフを収納するため高くなったリヤデッキまでラインで繋ぎ、フロントとリヤに当時のベンツのアイコンであるライトやテールランプをくっつけると、、、、SLKはこのような前衛的なくさび形のカタチにしかならなかったことが良く分かります、、、。











イメージ 7
 
この基本ラインに背の高いルーフラインはもちろんデザイナーが許さなかったんでしょうね、、、
身長176cmの私ではいくらシートポジションを調整しても、お尻を前に滑らせてずっこけたカタチで座らないとルーフ前端が邪魔して前が見づらくなります、、、、。


故に長距離ドライブは50タイヤの乗り心地も相まって、非常に辛いモノとなります、、、笑。
今回も往復700km、中央道で4時間の渋滞にハマりましたがケツと腰がやられました、、、
(その昔、このクルマで1500kmドライブした時は、それこそ拷問でした、、、)


その700km旅行については次回記事にしますが、このモデルのSLKは今だと100万円代で手に入れることが出来ます。ちょっと伊豆付近まで走りに行くにはとっても楽しいモデルですので、仕事に行き詰まってる貴方!是非身も心もオープンにしていつもと違う週末を過ごされてみては如何でしょう(←ヤナセのセールスマンかい!!??笑)

この記事に

  • 顔アイコン

    bajaさんのこだわりが随所に出ている記事で楽しかったです。車のうんちく評論家に勝るとも劣らない文章に敬服してます(マジ)。
    日本は、3ナンバーの税制優遇からどんどん車が大きくなっているんですが、それもいかがかと思っています。道は急には広くなりませんからね。
    そういう意味で、こういった車があることは歓迎すべきかと思います。このメーカーの車の中では、この車が一番好きです。
    機械式・・・にこだわるわけではないけど、スイッチの感じも「触ったのかどうかわかりにくい」今のスイッチよりはダイレクト感を求めちゃいますね。
    ・・・なんか長くなったので、この続きはSBで(爆)

    HIKARU

    2009/5/5(火) 午後 2:20

    返信する
  • ニーナです。

    真っ赤な内装が印象的ね。

    Driving Beauty

    2009/5/5(火) 午後 3:08

    返信する
  • この車で10年以上も前の登場でしたね・・・そんな前だったかな〜?って思いますよ。

    中央線

    2009/5/5(火) 午後 3:32

    返信する
  • 顔アイコン

    HIKARUさん>メーカーが新しいジャンルを切り開いた車ってのは、設計者の想いが伝わってくるようで楽しいですよね。このSLKも昔のベンツ社なら考えられなかったカテゴリーへの挑戦でした。

    SB行くと車の事忘れちゃうんですよね〜〜〜大笑

    [ baja9631 ]

    2009/5/5(火) 午後 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ニーナさん>はじめまして。
    その昔、1950年代に300SLという有名なクーペモデルがありまして、それがシルバーボディにレッドの内装だったんですよね、、、。ベンツのスポーツモデルで赤が似合うのはその影響が大きいかもしれません。

    [ baja9631 ]

    2009/5/5(火) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    中央線さん>現行モデルでも5年経つんですよね、、、、時が経つのは早いですね〜〜〜悲。
    このモデルでも3リッターのV6とかあったし、現行モデルに至っては5リッターのV8(AMG)があるらしいですけど、、、、一体どんな走りをするのか、、、興味はあります、、、。

    [ baja9631 ]

    2009/5/5(火) 午後 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    目の付けどころが違いますね〜
    オイラだったらパワー&軽快さ重視です(笑)

    ぼす

    2009/5/5(火) 午後 11:50

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱたくれさん>ユーノス以来、各社いろんなオープンスポーツカーの考えを基に様々な車種が作られましたからね〜〜〜
    この手のジャンルのをイロイロ乗り比べてみたいですネ。

    [ baja9631 ]

    2009/5/6(水) 午前 3:06

    返信する
  • 顔アイコン

    私メルセデスにはあまり興味がないんですが、この内装はちょっと派手ですがいい感じですねぇ。でも腰が痛くなるんですか?たいへんです。

    [ Rider木馬 ]

    2009/5/6(水) 午前 8:22

    返信する
  • SLKはベンツSL系のエントリーモデル(比較的手軽にSLの雰囲気を味わう)だと思っていましたが、bajaさんのレポートを読んで全くの誤解であることに気が付きました。

    vt250fd

    2009/5/6(水) 午前 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    木馬さん>内装はマイナーチェンジ版の黒一色を見ると、それはそれで何か寂しく感じます、、、。シートはレザー表皮が固く伸びが無いのでお尻にフィットしないと段々痛くなってきます、、、。

    [ baja9631 ]

    2009/5/6(水) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    VTさん>SLのエントリーモデルの考えはあながち間違いではないかと思います(価格差500マン以上ですからね、、、)

    A地点からB地点までを女性をパッセンジャーシートに乗せて、最も速く、最も快適に移動出来るSLの最上級の道具感を死ぬまでに一度味わってみたいものです、、、、

    [ baja9631 ]

    2009/5/6(水) 午前 11:05

    返信する
  • 顔アイコン

    二枚目の写真、、、ビニールハウスの前っていうのがシュールで素敵です。

    [ okina99 ]

    2009/5/6(水) 午後 2:01

    返信する
  • 顔アイコン

    okinaさん>素敵な風景の反対側にはだいたいビニールハウスがあるものです、、、笑

    [ baja9631 ]

    2009/5/6(水) 午後 2:32

    返信する
  • ベンツ良いっすね
    このタイプは一度乗って見たいです。
    赤と黒のコンビがドライビング意欲を沸き立たせますね

    パパタカ

    2009/5/8(金) 午前 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    パパタカさん>Mベンツはチョット前のを中古で買って乗り回すスタイルも評価されてますからね、、、。何かあった時の部品代は高いですが、、、、

    [ baja9631 ]

    2009/5/8(金) 午前 1:25

    返信する
  • シルバーもなかなかいい色。私は青です。
    いつか3連休の時に倉敷から青森までオープンでかっ飛ばしました。1200キロ2時間の休憩を2回とって12時間でつきました。1200キロあると心行くまでかっ飛ばせます。ゆきずりのポルシェと仲良くかっ飛ばしました。
    私は小さいので足が届かず背もたれが結構前に来ています。シートも一番下だと頭が少し出るくらいでおかしいので肩が見えるくらい上です。
    SLKをこんな風に表現するなんてと思いました。

    [ 1126 ]

    2009/5/10(日) 午後 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    motokoさん>1200キロ12時間!!強者ですね〜〜笑。
    シートスライドとバックレスト調整幅が少ないので、シートの上下昇降とハンドルチルトのありがたみを他の車以上に感じますね。

    [ baja9631 ]

    2009/5/10(日) 午後 10:21

    返信する
  • あ、そうそう余談ですが
    閉めるのがめんどくさくてパーキングでオープンのまま寝ていたら、目が覚めたらのぞいていたおじさん2人と目があいました。
    日本は平和な国です。

    [ 1126 ]

    2009/5/12(火) 午後 11:14

    返信する
  • 顔アイコン

    motokoさん>武勇伝!笑
    とりあえず荷物とか取られなくてよかったですね、、、、。
    そしてシートが倒れないSLKで良く寝られましたね、、、笑

    [ baja9631 ]

    2009/5/13(水) 午後 11:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事