倉敷長屋日記

福田の家、荒壁つきました

今回の震災で感じたこと・考えたこと

今回の震災で感じたこと・考えたこと
 
自然は素晴らしい。でもそれだけじゃない。
美しい紺碧の空や海や爽やかなそよ風も自然なら、恐ろしい津波や地震も自然だ。
自然は人間の「想定」などお構いなしだ。
人間が勝手に決める「設計基準」を自然は“鑑みて”などくれない。
 
800mを超えるビルが建ち、インターネットを通じて世界中が繋がり、ジェット機に乗ればどこへでも行ける便利な時代に生きているので、技術でほとんどの事は(お金と時間があれば)叶う気になっていたが、人は自然に対して余りにも無力であることを思い知らされた気がした。
同時に自分は何の被害も受けていないことに後ろめたさも感じている。
日頃建築工事に携わっているくせに、電気や水やガスが使えるのは当たり前であって、それをありがたいとすら思っていなかったことを反省している。
 
地震や津波は自然災害で制御はできないが、原発事故は人間の技術がもたらした災害だ。
これまで私は原発推進派ではないが積極的な反対派でもなかった。
それは結果として、国の「電気の安定供給に原発は不可欠」という筋書きを黙認したことになるのだと反省している。
 
医療機関や工場への電気の安定供給は必要だとしても、夏に汗をかかずにスーツを着て仕事をしたり、冬に半袖でアイスクリームを美味しく食べる暮らしが本当に健康で幸せだろうか?私は電気を多く消費しなければ幸せになれないとは思わない。
 
そういえば、被災地からは遠い岡山県内でも震災直後には多くの建築現場では物資不足で工事がストップしたと言うが、地元の材木と竹小舞土壁で作っている私の現場は困らなかった。それを聞いた同業者が「アンタの現場は昔流だし、そこいら辺の物ばっかりで作っているからな」と苦笑いした。
 
単に昔に帰ろうなどとノスタルジックな事は思わない。
でも、この震災を通して、本当の幸せとは何だろう?と考えた。
自分が存在することを誰かが喜んでくれること。
望まない犠牲や被害が前提では、幸せは成り立たない。
 
地球温暖化はもともとは原発推進のためのシナリオではないか。
CO2を出さないクリーンエネルギー」は始末できない廃棄物を出している。CO2は樹木や植物の餌になるが、原発廃棄物の安全な処理方法はない上に、今回のように一度事故を起こしたら取返しがつかない。原発ありきのエネルギー政策を方向転換させるべきではないか。
 
「オール電化」を推進し、シックハウス法で不必要な住宅にまで換気扇設置を義務付け、「エコ替え」というふざけたネーミングでまだまだ使える自動車や電化製品を無理やり捨てさせ、飛びつきたくなるような買電価格を設定して決して建物にとって良いとは思えない太陽光パネルを奨励し、合板やプラスターボードや建材や石油系断熱材を使った家づくりを優遇し、直接間接を問わず化石燃料や電力を使うべく仕組まれたエネルギー政策・住宅政策を改めて欲しい。
 
いみじくも原子力安全委員会委員長が無邪気に発言しているように、一部の利権者が儲かるため原発を作りたいからといって、電気をドンドン使うように仕向けるのは止めて欲しい。
政府は「原発がなくなれば電気が供給できませんよ」と脅す前に「国民全員の幸せな暮らしを考えましょう」と提言して欲しい。例え知らない誰かであっても、それが近隣の住民であっても、事故処理の作業者であっても、事故発生時には誰かの被爆が前提の電気供給では国民の幸せとは言えない。
 
電気がない生活は無理でも、原発がない暮らしは可能なはずだ。
 
そういう観点からも改めて夏は涼しい土壁を見直して欲しい。断熱性能一辺倒ではなく、風通しの良い家を見直して欲しい。電気やガスといった化石燃料を必要としない薪ストーブやウッドボイラーを見直して欲しい。エネルギーを効率よく使うという事も大切だが、はなから化石燃料を必要としない快適さの方ががいい。
 
電力も家づくりや農作物と同じで「近場で作る」という事ができないだろうか。
近場で作れば送電ロスも少なくなり効率も上がるはずだ。
近場で作るとなれば大都会は困るかもしれないが、多くの地方は地元で賄えるのではないか。
 
大都会は大量の電力を必要とする。地元発電をするなら、おそらくリスクが高い方法では作らない。
大都会で作れないくらいリスクが高いなら、地方でも作れないのが当たり前ではないか。
 
私が使っている電気は一体どこでどうやって作られて、どうやって運ばれてきているのだろう?
たとえばお米や野菜を買う時には、どこの土地で誰がどうやって作ってくれたのか関心があるから「生産者の顔が見える」商品を選んで買うことが多い。それと同じだ。
 
「もっと、もっと、もっと便利に」なることは豊かさではない。物に囲まれることでもない。
本当の豊かさとは、少々の不便も工夫で補って、暮らしを楽しむことだと思う。
充分条件ではなく必要条件で物を考える潔さも豊かさかもしれない。
 
今回の震災で、そんな事を考えた。

.


みんなの更新記事