倉敷長屋日記

福田の家、荒壁つきました

全体表示

[ リスト ]

土壁の温熱性能

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先週末、美山里山舎で土壁についての話をさせていただいた。

土壁の断熱性能は低い。
気密性能については、土壁自体が無垢(ぐっつり詰まっている)なので高いことは間違いないが、土が乾いた時に柱(こっちも若干痩せるし)との間に隙間ができるので建物としての気密性は低い。柱に溝を掘ってチリジャクリをしたり、ヒゲコをつけたり、ヒモを打ったりして隙間解消の努力はするが、あの建物版サランラップみたいな気密シートに敵うはずはない。

現在、住宅の性能を評価する基準は「気密」と「断熱」だ。
これは、壁の中がガランドウな建物に対する評価基準であって、土壁の“心地よさ”を評価してくれるものではない。

性能評価が低いにもかかわらず、なぜ土壁の空間は心地よいのか?
それを、科学的にどう説明すればいいのか?
困ったゾ…自慢じゃないが、“心地よい”という感覚を科学する、そんな知識は持ち合わせていない。

以前、木の家ネット・岩波さんの呼びかけで土壁の温熱環境勉強会を開いた時に、愛知産業大学の宇野勇治准教授に研究成果をお聞きしたことがあった。
窮地に陥ると、普段はスリープ状態の脳ミソがモソモソと再起動して「すがる藁」を探しだすというのは、私の数ある得意技のひとつだ。

「ヨシ!ここはひとつ、宇野先生にSOSハッシ〜ン!」

宇野先生は嫌な顔ひとつせず(といっても、お顔を拝見していないが…そこはそれ、雰囲気、雰囲気)研究レポートをメールで送って下さり、丁寧に電話で解説までして下さった。
これぞ、百人力!美山では、宇野先生のおフンドシ(失礼)で相撲を取らせていただいた。

宇野先生のレクチャーによると、土壁の特性はこうだ。
1.温度変化が緩やか(外気の影響が少なく、急激に温度が上がったり下がったりしない)
2.調湿性能がある(夏、涼しいのはこのためか)
3.蓄熱性能が高い(冬、ほっこりした暖かさをもたらす)
4.断熱性能は低い(断熱材を足すと、抜群の断熱性能を発揮)
5.気密性能は考えなくても、ま、いいっか(土自体の気密性能は高い。しかし柱の間に塗ることを考えると密閉しているとは言えない。それをいい方に考えると、わざわざ換気扇をつけなくても、ほどほどの自然換気が見込める)

賢い私は、土壁自体の断熱性能を断熱材入りの中空壁と比較するから話がややっこしくなることに気がついた。
プラスターボードと土壁の断熱性能をうんぬんするならわかる。
断熱材と土壁を比較するのは、P.Bに最新式の武器を持たせて、土壁は丸腰で決闘するような話だ。
そんなバカな話はない。
断熱性能を上げたければ、断熱材を足せばいいのだ。それはP.Bでも同じこと。

ただ、どうも私は土壁に断熱材を足すことに気持ち悪さがある。
結局、断熱性能が高くても低くても“心地いい”なら、いいんじゃない?

土壁の温熱環境は断熱だけでは説明できないと思う。
色んな要素(調湿性能、蓄熱性能等)が互いに作用しあっているはずだし、何より伝統構法の建物は壁が少なく開放性が高いので、建具の位置や種類も建物の温熱環境にかなりの影響を及ぼしていると思われる。
軒を深く出し、窓には庇をつけて夏の高度が高い日射を遮り、冬は日射を取り入れ、春と秋には風が吹き抜けるように建具を配置した上で、土壁の良いところを発揮できるように建物全体の温熱環境を考えるべきではないか。

壁だらけの壁式在来工法は、壁量計算によって「地震や風に強い」と判断される。
伝統構法は、壁の量ではなく、変形しても耐力が落ちないという変形能力の高さを評価するべきであって、壁量計算ではその特性は計れない。
それと同じことが土壁にも言えるのではないか。

断熱材や気密シートを武装した中空壁を、断熱と気密で性能を評価するのはいい。
中空壁の気密性能が低ければ、中空層に湿気が入って壁の中が結露するからだ。
土壁自体は密なので結露することはあり得ない。あり得ないから、論じるに値しない。
外側に板を張った場合には中空層ができるが、結露の可能性は低い。
隙間だって、わざわざ換気扇をつけて強制機械換気をしなくても、放っておけば勝手に自然換気をしてくれると考えると、目くじらをたてずに「ありがたや」と思えるではないか。

土壁は土壁の特性に適した評価基準で判断していただきたい。

とはいうものの、私の脳ミソはそこまで考えるのがいっぱいいっぱいだ。
それが、どういう基準になるかはわからない。これから先は、新進の宇野先生に期待している。
宇野先生のように、土壁の温熱環境なんてマイナーな研究をして下さる方は、日本の土壁の救世主だ。
私にできることは、それを現場にフィードバックさせることくらいだ。

話はガラッと変わるが、玉島の長屋で竹小舞と荒壁をみんなでワイワイ作った。
次回は、その時の報告をしようと思う。(サボらないで書くから読んでね〜)
写真は予告編で、チラっとその時の様子

この記事に

閉じる コメント(22)

ホットしました!!
(危ないコメントも乱発していたので)

木の家ネットさんでは、倉敷市の和田洋子さんが
土壁アンケートをまとめています。

ご多忙と存じますが、当方の知り合いのHPです。
中脇修身 土佐漆喰 http://www.geocities.jp/tosasikkui/

お時間がございましたら覗いてみてください。

2010/6/30(水) 午後 8:14 [ 金輪継ぎ ] 返信する

顔アイコン

オメデタイ輩が多いことに、心底震え上りました。
造った(設計した)奴の勝手でしょ?は社会悪です。
風土にそぐわない家は、人目に触れない所に建ててほしいです。

2010/6/30(水) 午後 9:47 [ 里山舎 ] 返信する

顔アイコン

keita800さん>どうして土壁が少なくなったのでしょうね。
「安い、早い、簡単」な吉○家ハウスが“いい家”だと思う人が増えてしまったのでしょうか?
土壁はどこにでもある材料(竹、藁、土)で作れて、材料の顔が見えて安心(まさか、輸入物の藁は使わないでしょ)、再生可能だし、何といっても心地いいし美しい。
まさか、高いと思っているとか?今、ローコスト伝統構法に挑戦していますが、やり方によっては(中塗仕上、荒壁仕上、自主施工)安くできるのにね。
みんな、知らないのでしょうか?不思議です。

2010/7/1(木) 午前 0:22 bajane1515 返信する

顔アイコン

Bleckmoreさん>なんとか、生きておりました!それも楽しく(笑)
ご心配、どーもありがと。

日本の家はやっぱり夏を旨にすべし、でしょ。
土壁はその解のひとつです。土壁でも壁だらけにしたら、そりゃアカンってことになるでしょうけど〜

さすがbackさん、ポストを見つけてくれましたか。
このポスト、現役バリバリです。

2010/7/1(木) 午前 0:27 bajane1515 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>ご心配下さってありがとうございます。

あの…ものすご〜く言いにくいのですが…実は…倉敷の和田はワタクシです。勢いでアンケートを取ったのですが、まとめに四苦八苦しとります。
近いうちに二次募集(会員以外もOK)をしますので、よかったら回答お願いします。
アンケートフォームのURLをここに公開しますので、お知り合いの大工さんや左官さんにも声掛けお願いできますか。

2010/7/1(木) 午前 0:32 bajane1515 返信する

顔アイコン

里山舎さん>先日は大変お世話になりました。
いやぁ、ホント、お料理が美味しくてヤミツキになりそーです。

それにしても、相変わらず口が悪い!
オメデタイのはお互い様でしょ、コラ!

ダルマストーブの煙突がポストの横からニュキっと出る予定です。
チャリでいらっしゃるのを女子大生とお待ち申し上げております。

2010/7/1(木) 午前 0:37 bajane1515 返信する

おはようございます。
大量のアンケート集計の取りまとめでブログどころじゃないですよね!

大工の伝さんにご紹介いただきましたが、最近になっBAJANE1515??
何処かで見たような記憶が・・・・。
そうだ!!木の家ネットさんで頻繁に目にするアドレス!!
決定打は添付の画像がブログにアップされている。

それで、恐る恐る、お名前を書いてみました。正解(ピンポン)
高知は竹小舞は左官ではなく、小舞専門屋が作業をします。

スカイブ会議開催に合わせて失礼とは存じましたが、
6月9日に「土佐漆喰情報」の件名で添付資料を送信しました。
お役に立つものか不明でしたが、皆さんの熱意に打たれた老婆心
お許しください。

2010/7/2(金) 午前 8:37 [ 金輪継ぎ ] 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>いやぁ〜、世の中狭いです。素性がバレちゃいました。悪いことはできませんね〜(笑)

少し前までは岡山でも「えつり屋さん」が小舞のみ施工をしていましたが、仕事量が減少したからか今は左官さんがやってくれています。

全国的にみると、四国は土壁王国ですね。木の家MLにも書きましたが、両親の実家はじめ親戚の家も全て土壁です。ここは、ひとつ四国勢、頑張って下さい!

2010/7/2(金) 午後 1:16 bajane1515 返信する

顔アイコン

おひさし〜です^^
実家が竹小舞の土壁ですが冬に帰るとなんとも寒い!!
風呂とかトイレで親が心筋梗塞や脳梗塞なんかでポックリいかなきゃいいがと
心配してて、かといって年寄りは電気代ケチって暖房なんていれませんから、、。
高気密高断熱ってサーモスのボトルじゃあるまいにアホ会なと思うんで
他は気にならないですが、そこは実家に対する不満ですね。

2010/7/2(金) 午後 1:19 oneway 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>大きく言って「同郷」ってことで(笑)、どうぞよろしくです。
岡山へ来た当初、周りの方に「四国の人」と呼ばれて「おいおい、私が四国代表じゃぁ、四国の人に叱られるわ…」と困惑したものです。もっとも15年経ったいまでも形容詞が「四国から来た人」のまんまですが…(爆)

削除は、金輪継ぎさんがいいと思った時にして下さいね〜

2010/7/2(金) 午後 1:31 bajane1515 返信する

顔アイコン

akegiさん>土壁は蓄熱はしてくれても断熱をしてくれないので、何らかの熱を与えてやらねばなりません。
一番のお勧めは薪ストーブ(電気もガスも使わないし〜大量の熱が期待できる)です。エアコンは特に暖房には期待できませんし…薪ストーブがダメなら、ガス式温風ヒーター(カロリーが高いので)でしょうか。
外壁に断熱施工って手もありますが(今ならエコポイント←単なる景気浮揚策にエコって名前はどーでしょ?)。

ウチの長屋はスッカスカの年老いた壁なので、冬は極寒を味わえます。今年こそは薪ストーブを!ともくろんでおります。

2010/7/2(金) 午後 1:39 bajane1515 返信する

こんばんは。金輪継ぎです。
当ブログへのコメントありあがとうございました。
棟梁自ら、“必殺”中指一本でコメント書いてましたー
短いお返事でしたが、お答えになっていたでしょうか・・・^_^;

上記のコメント削除させていただきました。
二年前に施工したお家は、吾川郡の山中で寒さが厳しい所ですが、
漆喰壁に薪ストーブです。薪に勝るものはないと思います。

明日、松井さんの「き組み」宇和島支部の方の内覧会に行きます。
ブログで知り合ったコッシーさんです。

2010/7/2(金) 午後 8:53 [ 金輪継ぎ ] 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>いいですね。私は明日は玉島長屋の地盤調査ごっこ(自分たちでスウェーデン式サウンディングやります)です。

松井さんとは、先日京都キックオフフォーラムでお会いしました。9月の富山での学会講演も聞きに行く予定です。金沢シンポの前日(9月11日)です。金沢シンポは参加されますか?よかったら学会員外の方も参加できるので、どうですか?
今、話題の(笑)宇野先生の発表もありますよ。(確か9月10日だったと思います)
9月は富山→金沢とドサ廻りです。

2010/7/2(金) 午後 9:21 bajane1515 返信する

情報提供ありがとうございます。
金沢は母親の郷里ですので・・・・。
たダ、高知だと便が悪いよ〜。京都は木屋と3人で参加しました。
金沢だったら、管野さんに逢えるかな?

コメントありがとうございました。
棟梁は睡眠中です。朝に確認して、再度返事を書いてもらいましょう。
(ご時間がある時にコメント頂けましたら、刺激になると思います)

2010/7/2(金) 午後 11:15 [ 金輪継ぎ ] 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>京都では記録と受付をさせていただいたのですが、そうとは知らずに受付に座っておりました(一番左)。失礼しました。
高知から金沢だと、しまんと→新幹線→サンダーバードですね。菅野さんにもお会いできるといいですね。

また、コメントをさせていただきます。
棟梁にもよろしくお伝えください。

2010/7/3(土) 午前 9:30 bajane1515 返信する

お互い知らな勝ったもので、こちらこそ失礼しました。
人一倍(実際は5倍)人見知りする棟梁さんは、一番前に座っていた
渡辺さんの所へ挨拶に行って、休憩中に宮内棟梁を紹介してく
ださるようお願いしていました。(無事にご挨拶できました)
渡辺さんが管野さんに電話してくれたのでお話も出来ました。
帰りには、松井さんに声掛けていたので苦手な人付き合いも
頑張っています。

駐車場で入車、出車どちらも、マイクを離さない木下名棟梁と遭遇。早く着いた分だけ長い主張を入口で伺いました!

出車時に司会者に労いの言葉をかけていた所に木下名棟梁が・・・。
車が出るまでの時間が長かったこと(苦笑)

アンケートは7月31日締め切りですね。
棟梁さんに確認してもらいます。

これから本格的な梅雨です。
ご多忙の御身です。くれぐれもお体おいといください。

2010/7/4(日) 午後 2:18 [ 金輪継ぎ ] 返信する

顔アイコン

金輪継ぎさん>そうでしたか…色んな意味でお疲れ様でした(笑)
私は記録のため(PCで先生方の発言をグワングワン打ちこんでいました)最前列の報道席に座っていたので、後ろの様子は見られませんでした。
アンケート第二弾、どうぞよろしくお願いします。
8月には前回のアンケートと一緒に集計して、委員会にも届けます。(また、更新が止まるかも〜w)

2010/7/7(水) 午前 7:11 bajane1515 返信する

土壁は、藁を混ぜ入れてた記憶がある・・50年も前の話だけど・・
今もそうかしら?
周りの隙間は厄介ヤネ、古くなると土が落ちて来たりして・・
都会では神社、お寺の塀さえもコンクリートです。
片田舎の古い神社や、お寺で土塀を見ると、風情を感じ、落ち着きますね〜

2010/7/7(水) 午後 0:35 [ - ] 返信する

顔アイコン

mezonさん>今でも土に藁を混ぜます。今は「泥コン屋さん」という土を作る業者さんが藁を混ぜて現場に運んでくれます。今でも自分で土を作っている左官さんも居るようですが、数は多くないみたい。
壁との隙間は、土を十分に寝かせるとか、壁との間に溝をつけるとか、木を打つとか、やり方によっては少なくできるのですが、手間は要りますわ。
それにしても、コンクリートの城や寺や神社はいただけませんなぁ〜
どうしてコンクリートでは風情がないのでしょーね。

2010/7/7(水) 午後 8:50 bajane1515 返信する

顔アイコン

土壁築35年で寒くって辛いです。
暖かくしたいものです。
いい方法はないかと此処にきました。

2015/2/6(金) 午後 3:24 [ pim*nt*01*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事