倉敷長屋日記

福田の家、荒壁つきました

全体表示

[ リスト ]

尾道空家再生プロジェクトの続きだ。

このプロジェクトで再生された家を借りている若いアーティストのアトリエにお邪魔した。

イメージ 1

イメージ 2


机の上に乗っているのは、地元でのイベントのために彼が制作している円形の畳床の一部だ。
この畳も古い畳を再生しているという。


イメージ 3


ここがキッチンだ。
昨今流行りの高価で美しい家具のようなシステムキッチンとはちと違う、個性的×実用的×魅力的なキッチンだ。
玉島の長屋(まだ、改造中です!)のKちゃんが見たら、きっと喜ぶだろう。

私も含めたひと歳取った者達は、とかく「最近の若い者は…」と言いたがる。
高度成長期やバブル期に子ども時代や若い頃を送った者は、とにかく上昇志向であれと教えられたし、自分でもそれが幸せだと信じてきた。
より偏差値が高い学校、より多くの収入、より高い社会的地位、それらが幸せに不可欠な3点セットのように思いこんでしまった。けれども本当にそれは人間の幸せの全てだろうか。

最近同世代の友人と夜中にskypeで幸せについての話をした。
ええ歳こいて「タダが魅力」のskypeというのが何ともではあるが…
彼は最近フランスへ行き「お金がなくても幸せに暮らせる」という事に気がついたそうだ。
私はそこまで遠出をしなくても、倉敷の長屋に住んでその事を実感している。(どや、参ったか。ガハハ)

決してお金は邪魔にはならないし、ある程度必要には違いない(一度でいいから「あー、邪魔くさ」と言い放ってみたいもんだ)が、幸せの必須条件ではないという、あったりまえの事に今更ながら(遅まきながら)気がついたのだ。

おそらく尾道や倉敷だけでなく、全国でこういう若者達が背伸びをしないまちづくり活動をしているだろう。
実に頼もしい!

彼のアトリエは大きな道から良く見える。
X'masにはツリーのオブジェを、ハローウィンにはパンプキンのオブジェを飾ったそうだ。
きっと町の人達に楽しい気分を提供したことだろう。

帰り際にアトリエを振り返ると、彼がバイバイと手を振ってくれてた。

イメージ 4


それだけで嬉しくなった。





閉じる コメント(2)

アバター

うんうん、いい話です。自分の価値観が定まると、人生は迷いが少なくなるのでしょうね。僕はまだまだっす。

実は、僕は高額納税者なので、あまりの重税に悩んでいた時期もありました。アワワ。でも今は、クビ間際なので、開き直っています。生涯所得は大したことないです。

2011/5/1(日) 午後 0:44 Blackmore

顔アイコン

Blackさん、おっしゃる通りだと思います。私も自分の価値観(モノサシ)を持っている人は迷いが少ないように思えます。本来、幸せのモノサシは自分が持っているのが当たり前で、他人のモノサシで測るものではないですね。

アララ、ナント高額納税者ですか!なるほど、ジェットセッターらしき仕事ぶりと優雅な暮らしぶりに納得です。高額納税者は重税に悩み、私のような低額納税者でも税金の捻出に悩むので、結果一緒ですな(笑)

2011/5/2(月) 午後 5:50 bajane1515


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事