倉敷長屋日記

福田の家、荒壁つきました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

おてんこもりっ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

午前中は前の事務所の草刈をする予定だったが、大工のOさん(まだ30歳チョイだと思うが棟梁も務められる期待の大工さん)と打ち合わせのため長屋へ行った。

そのうち、友達のKちゃん(設備会社勤務)にお願いしていた空調設備屋さんが来て、仕事部屋のAC取付と既存のAC移設をしてくれた。
自分の部屋にACはないが、仕事部屋は一日中PCを使うのでこの文明の利器は不可欠だ。

いつまでたってもACを付けない私に向って母が「今時、生活保護を受けている人でもACくらい持っているわよ!熱中症で死んだ人だって居るのよ!貧乏臭くてみっともないから付けたらどうなの?」と言うが、世間様の為に付ける気はない。

確かに熱帯地域と化した日本の夏は寝苦しいが、死ぬほどでもない。現に私は元気で生きている。冬も寒いが凍死する事もない。毛布三枚重ねの業でそこそこ温かく、スヤスヤと眠れる。おかげで私は友達から「地球が滅亡しそうなくらい異常気象になっても、きっと生きながらえる」野生児と呼ばれている。ガハハ

そして、お昼からはNルーフの職人さんが例の鐘馗様を玄関上に設置してくれた。
これで私の厄払いは万全だ。これからはきっと「いい事」が津波のように押し掛けるに違いない!
おまけに綾部の鯱を頂けるらしい。もうこうなったら怖いものなぞ、ありゃしない。
槍でも鉄砲でも持って来いっつーんだ!

材料と格子を持って来てくれる事になっていたY木材の配達が遅いとOさんと喋っていたら、グッタイミンでトラックが到着。やっぱ、悪口言ってなきゃダメねぇ(笑)

この格子はY所長が秘蔵してると自慢していたのを聞いて、私が勝手に「事務所移転祝」として略奪した。格子だって暗〜い倉庫で眠っているより、私の事務所のファサード(っつー代物か!)で晴れ舞台を踏む方がいいに決まっている。

しまった!そうこうしているうちに肝心の草取りをする時間がなくなった。
あわてて前の事務所へ行って、強風の中草取りをしたが…当然片付かない。
明日も草取り?トホホのホ…

写真は「白蟻に喰われた部分を根継ぎした隅柱」「玄関上の鐘馗様」「看板用板」←手持ちの板(私は工務店の倉庫で欲しい物を見つけると、しつこくねだってgetする名人なのだ。現場のゴミコンテナを漁るのも趣味にしている)「ACが設置された仕事部屋」

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事