つれづれなるままに日暮らし…

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

あ゛ぁ!忙しかった。

4月中旬から5月中旬まで、とにっかく忙しかった。
 
こんな処で働いてました。
 
でも、
花の美しい所にいても、
花を愛でている時間など
ありませんでした。
 
イメージ 3
須坂市 遠藤酒造の桜まつり
 
イメージ 1
中野市 谷厳寺の桜まつり
 
イメージ 2
飯山市 菜の花祭り
オイラは常に鶏のから揚げ弁当大盛り
4つのから揚げで、大盛りのご飯を食べるのには、
オイラ流の方法がある。
 
1.まず、から揚げを蓋にどけて、下にあるパスタに塩コショウをかけ、残りの塩コ  ショウとレモン汁をから揚げにかける。
2.最初にドレッシングをかけたキャベツの千切りサラダを食べる。
3.パスタと(たぶん)高菜の漬物をおかずに、ご飯の3分の1を平らげる。
4.残りのご飯をから揚げでいただく。
 
このおかず配分で大盛りでもOK!
 
イメージ 1
 
……なのに、
なんじゃ、このパスタの量は!
これではご飯の3分の1は食べれないではないかぁぁぁぁぁ!
これは、オイラに特から弁当を買わせるための策略ではないだろうか。
 
 
ここんトコロ、食べ物のことばっかり書いてる。
 
仕事で遅くなると『居酒屋太郎』で晩ご飯食べることが多くて、
今回はなんと「ナシゴレン」。
 
イメージ 1
 
大将の太郎さん、結構海外(特にアジア)をアチコチうろついていて、
時々エスニックな飯を作ってくれる。
 
正直、汚ったねー小さな店なんだけど……
 
隠れ家っぽくて
 
ナンカいいよね💛
 
春なのに暇だ!
アベノミクスって一体何なんだ?
物価が上がっただけで終わるんじゃないのか?
 
ヤバいよ、マジで。
 
 
……ということで、今回は日本がイタリアに誇るナポリタ〜ンを作ってみた。
材料は約3−4人前で、317円。1人前約100円ぐらい。
 
イメージ 1
 
レシピは、いたってカンタン。
 
1.パスタはスパゲッティーニが一番ナポリタンにはいい太さ。
※スパゲッティ(1.9mm)では太すぎるとオイラは思う。好みだけどね💛
  パッケージに書いてある時間通りに茹でる。
  茹でる時は、パスタが躍るくらいたっぷりの水とたっぷりの塩を使う。
2.茹であがる1分前からフライパンにオリーブオイルを小さじ2杯ぐらいと
  包丁の腹でつぶしたニンニク1かけを入れて火にかける。
3.ニンニクとオリーブオイルのいい匂いがしてきたら、ニンニクを取り出す。
  茹であがったパスタを湯切りして、そのフライパンに入れて軽く炒める。
4.オイルにパスタが馴染んだらトマトケチャップをチューブ一押し。
  ピュピュッってくらい。
※ニンニクとトマトケチャップが大事!これを入れないと、オイラも好きな日本人好みのヤボったい味にならない。
  好みでハムやウインナー、ピーマンを入れてもいいけど、オイラは入れない。
  安くするため、余計なものは入れない主義です。
  必要なモノは、たった78円のレトルトソースに全部入ってます。
5.パスタに若干の焦げ目がついたら火を止め、レトルトのナポリタンソースを
  入れ、絡めて皿に盛り付ける。
※昔の喫茶店のようにヤボったく盛り付けてね。オサレにしてはいけません。
  上からチーズとパセリをパラパラ撒いて出来上がり。
 
イメージ 2
 
大人っぽくタバスコ(ホットソース)かけて食べなきゃね。
 
うんまいっ!
 
やっぱ、スパゲッティ(今回ははスパゲッティ−ニ使用)はナポリタンだよなぁ。
フォークだけで、日本人らしくすすって食べるべし!
💛
 
ナポリタンを食べる時は、
決してスプーンを使ってはいけません。
 
 
ラーメンが喰いたい。
普通のラーメン。
 
口コミや雑誌の情報の、ナンカいろいろ入ってて、
美味いのか不味いのか分からなくて、
後で胸焼けするようなラーメンじゃなくて、
ごくごく普通のラーメン。
しかもそこらの減価償却済みの小汚ねー食堂で、
年金暮らしの爺さんが、
何にも考えないで作ってるようなクソ不味いラーメンじゃなく、
普通のそこそこ美味いラーメン。
 
でも、そーゆーラーメン屋って、
なかなか無いんだよねぇ。
 
そんなわけで、自分で作ることにした。
 
材料はこんなモン。
 
イメージ 1
 
1人前約197円(調理時間約6分)。
ラ王はすごい進化していて、そんじょそこらの生麺より美味い。
 
さあ、作りましょう。
レシピはラ王のパッケージに書いてある。
あとは各パッケージを開けて、
長ネギを刻んで
ナルトをスライスして、
煮卵を二つに切って、
のせるだけ。
 
コツは
時間通りに作ること。
スープを作るお湯の量は、正確に計ること。
ガリレオの湯川教授の言う通り、料理は化学です。
 
ちょっとした工夫は、麺を茹でた湯は捨てて、
別に沸かした湯でスープを溶きました。
この方が麺のヌメりが少ない。
 
イメージ 2
 
あっさりスープのそこそこ美味しいラーメンの出来上がり!
 
テーブル胡椒をかけて、
いただきます。
 
やっぱ、ラ王はすごい!
 
ごちそうさまでした。
 
思ったより美味かった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事