bakinbokin のブログ

今日からブログを始めてみよう。

もう冬だな

あ〜やっぱりフォントも色も変わらない。もうこれはダメだな。

まだだめかい

 相変わらずフォントの大きさも色を変える事にも対応しない。システムが悪いのかオレのPCがわるいのか・・・。

安く感じる・・・・

 ヨメが「海老蔵がすごい時計してた。」と言ってた。松屋銀座のL・Vに入ってみたら置いてあった。触らせてもらったらスマートウォッチだった。しかも値段が30万円位。第一印象が「安っ!」と思った。 でも良く考えてみればスマートウォッチって高くても5万円しないわけで。25万円分がデザイン料というかブランド料と思うと「高っけ!」だよなぁ^^。

ルンは置いてけぼり

 今日は銀座にルン抜きで行って来た。暑過ぎて参ってしまうだろうと置いてけぼりにして来たけれど。火曜日は朝から普段と違う行動をしているオレ達を見て出かけられると思って居る。自分用のカゴが出されて無い事も理解してか、置いて行かれる予感がするようで大騒ぎで走り回っていた。
 4丁目交差点を新橋方面に「ギンザ6」を目指して歩いたけれど、結婚したばかりの時に親友夫婦と「ディマジオ」ってブランドの日本初の路面店で初めてクレジットカードを使った買い物をした事を思い出した。その後でテレビCMも流していた伊勢海老料理の「中納言」ってのが有ったのだけれど、4千円のコース料理に千円のメロンをデザートに頼んで昼食したのも思い出した。両方とも撤退して消えちまったけれど。ランチに5千円使ってたその頃の方が金に無頓着だった気がした。だって「月給15万円なのに1食に2人分で1万円かけてたんだよなぁ・・・。」といい加減だったように思えた。物に対する価値観って相当に収入が上がらないとそれほど変わって行かないもんだと思った。まして日本はデフレ脱却出来ずに居るから余計に価値観が変わって行かない。数年ぶりでアメリカを訪れるとホテルの部屋代や駐車料金とか「高く成ったなぁ」と思うけれど、日本政府も経済をインフレに誘導しあぐねて居る姿勢が見える。
 GTRはちゃんとインフレ傾向を辿ってるようで800万円スタートだったけれど、今や1500万円では上級車は選べなくなった。
イメージ 1

 海老蔵がルイ・ヴィトンで時計を買ったようだ。元々凄いのを色々持ってるのは知ってたけど。オレが初めて買った高い時計はヴィトンのタンブール(太鼓って意味)って時計で、ルイ・ヴィトンが時計の販売に参入したその最初のヤツだった。ワイキキのDFSで2900ドルだったと思う。次に革ベルトだと夏場は汗がベルトを痛めるし、プールや海にも行くのでエルメスのダイバーズクロノって「いかにもスポーツマン!」みたいな時計を買った。正確な金額は忘れてしまったけれど35万位した気がするなぁ・・・。時計を買う時イハ」ベルトを違うのにしたり交換する為の換えベルトやDバックルも買ったりするので定価が分からなく成ってしまう。「時計は一生モノを・・・」みたいな事を耳にしていたけれど。時計に対してのウンチクは面倒だった。「いいじゃない、好きなんだから。」で選んで正解と思ってたので、時計オタクからは酷評されるヴィトンやエルメス・シャネルとかファッション・ブランドの時計を好んだ。革ベルトはヴィトンでスチールベルトをエルメスでペアウォッチにした。老眼で日付や小さい秒針が見えなくなったのでヨメのエルメスと色使いが同じティファニーのビッグフェイスを買った。これは何も買い足す事も無かったのでそのまま腕の太さを調節してもらって付けて帰って来た。そういえばティファニーはヨメの誕生日にリングを買いに入って以来行って無かった。何も無いけど覗いて見る店では無かったし・・・・。でもそのリングがアトラス・シリーズだったしオレのブレスレットもアトラスで今度は時計もアトラスだから。結構ティファニーは御ひいきブランドに成ってるのに気付いた。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事