バキコTIMES

神に誓うな!己に誓え!

日常生活日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

忘れた頃に

「ばきちゃんの誕生日プレゼント、注文してるんだけど
 まだ入荷できていなくて、5月に届く予定だから!」
と3月に言われていたのを今月思い出しました。

届きました。
誕生日プレゼント。

届いたダンボールを抱えて「一体何が入っているんだろう?」
と考えましたが想像がつかず。
開けてびっくり、なんという過剰包装。

イメージ 1

わわっ!
高級腕時計!

しかもオシャレな猫柄。

イメージ 2

1分おきに名言、名シーンが出てくる楽しい時計。
(他にも違うモードがあり、選べます)

イメージ 3
「一番いけないのは自分なんかダメだと思い込むことだよ」
そうです、そうです。生きる上でとても大事な自己肯定感がこれですね。
自分を否定的に捉えると人生楽しく生きられないと思います。
自分を認めてあげられたら、自ずと他人に対しても肯定的な捉え方ができると思います。

イメージ 4
「人間の値うちはテストの点数だけで決まるものじゃないのよ」
ごもっともです。
優秀な方から発する言葉だからこそ、深いなぁと感じます。

イメージ 5
時には他者評価も大事です。
受け入れましょう。


ちなみにこの時計は限定品でもう売ってないそうです。
良いものをありがとうございます。
名言を心に刻み、これからも時計と共に歩み大事にしたいと思います。

開く コメント(7)

ゴールデンウィーク!
皆さん何をして過ごされましたか?

って、私は一体いつの話してんだよ

私はGW期間中、唯一遠出をしたのは同じ市内の隣の区。
まぁ、隣町ですな。
どこ行っても人が多いので、ちょうど良い距離だ。うんうん。

マルチな特技を持つ古くからの知人から
「イベントステージに立つから見に来て」
という連絡があっていたので、暇だし見に行きました。

壇ノ浦の闘いの舞台となった関門海峡の歴史にちなみ
「門司港レトロ倶楽部」という街づくり団体が毎年開いている
「海峡フェスタ」というイベントです。

今回は甲冑武者行列をやるという事で、源氏ゆかりの甲宗八幡宮を出発して
ホラ貝を吹き鳴らしつつ、門司港駅までを行進後、ステージに到着。
参加人数は約100人。
知人は壇ノ浦の戦いで弓の名手として名をはせた「浅利義遠」のコスプレをしていました。
あとで聞いたら甲冑は25キロと重くて当然ながら非常に暑かったそうです。
でも皆さん涼しい表情をしてらっしゃいました。
さすがプロ根性です。

イメージ 1

張り切って友達と一番前の真ん中の席に座ったので
近すぎて全体が撮れませんでした。
向かって左側にも武者行列の人がたくさん立っていました。
写ってないけど。

イメージ 2
 
一通り終え、甲冑武者行列の方々が去ったあと、知人と総合武術の団体の方々がステージに残り、殺陣のパフォーマンスがありました。
(知人はその団体を立ち上げた館長であり、総合格闘技や剣術や殺陣などいろんな事教えてる)
迫力があって良かったです。

イメージ 3

それが終わったかと思いきや、更にまた知人だけが残って
お次は「甲冑弓術演武」というパフォーマンス。
いろんな体勢で弓を引き、的に放っていました。
この格好で射抜くのはなかなか難しいそうです。
しかもステージ上なので近すぎて逆に難しかったそうです。
全部的中していました。
お見事。

イメージ 6

あとは関門海峡を眺めたりして過ごしました。
海を覗き込み、友達が小魚の群れを見て
「あ、メダカ!」と言ったのには耳を疑いました。

イメージ 7

ちなみに関門海峡はマラッカ海峡よりも船の往来が多く
潮が速く、幅700メートルと狭く、浅瀬も多く、難所としても有名です。
色々な船が往来するので眺めていて飽きません。

イメージ 4

補修工事が終わりリニューアルした門司港駅にも行きました。
日本で初めて国の重要文化財となった駅として有名です。
ちなみにもう一つは東京駅だけです。

イメージ 5

遅い報告となりましたが
そんなバキコのゴールデンウィークの1日でした。

開く コメント(10)

おふろとおうどん

イメージ 3

久しぶりに友達が休みで、お互いの都合がついて
友達がちょうど膝を痛めていたのもあって
「日本一のおんせん県」をうたう大分県の別府に行って来ました。

訪れた温泉は510円で入浴ができ、なんならトレーニングジムで
筋トレも好きなだけやっちゃって下さいっていう設備も備えた
市営の湯都ピア浜脇という施設のお風呂です。
お風呂は数種類あり、飽きがこないような感じ。
観光客相手ではなく、地元の方々に親しまれている感じがしました。
お店の方も穏やかでホッとする空間でした。
すんごく気持ちが良かった。
もし別府に行く機会のある方にはオススメかも〜。

もういちょオススメしたいおうどん屋さん
大分県のご当地うどんチェーン店「鳴門うどん」です。
鳴門くんではなく
「トリプルくん」というイメージキャラが特徴的。
どの店舗も看板が大きくて白なのに目立ちます。

イメージ 1

うどん1玉分のお値段のままでダブル(2玉600g)
トリプル(3玉900g)が食べれるという太っ腹ぶり。
もしや、普通サイズの1玉のおうどんの値段が最初から高めに設定してあるのでは?
と思いきや、「ゴボ天うどん1杯300円台の安さ。
食べ盛りの庶民に対し、とても優しいうどん屋さんです。
しかもメニューがびっくりするくらい豊富です。
セットメニューが充実している中、私が選んだのはごぼ天うどん。
小腹が空いた程度でしたのでトリプルにはせずにダブルで完食。
麺も具もお汁もしっかり美味しい。
ベリーハングリーな状態だったらトリプルは余裕ではないかと思えます。

イメージ 2

ちなみにシングル、ダブル、トリプルの他に
1.5玉、2.5玉も選べる配慮あり。

心身共に満たされた私達はのんびり帰路につきました。
今日という一日にご馳走さまでした〜(*^^*)

開く コメント(10)

思い出めぐり

私には3つ上の兄がいるのですが
普段あまり一緒に遊んだりしません。
まーお互いそーゆー歳でもないのでしょうけれども。

ですが、ちょっと時間も出来た事だし
久しぶりにドライブに行こうという事になり
ぶらっと2人で出かけてみました。

なんとなく最初に向かったのは子供の頃に住んでいた場所。
私の記憶は当てにならないので兄の記憶を頼りに
昔、この辺に住んでいたのであろう的な場所を
ラブラと散策してみました。
どうやら家族で暮らしていた社宅はもう無くなっているようでした。

イメージ 2

社宅は無かったのですが、遊んでいたプールとか公園はありました。
「ここの公園の階段を上がったような記憶がある」
とか
「子供の時は物凄く長い距離だったように思えたあの角からここまでが
こんなに近い距離だったのか!」など
古い記憶の中で、新鮮な感覚を得る事が出来ました。

イメージ 1

緑豊かな公園を散策したあとは海に向かいました。
だだっ広い海!
「やっぱり海はいいよねぇ〜」
と言いながらちょっと海水につかってみたりしました。

イメージ 3

イメージ 4

別に何かを語り合ったわけでもなく
楽しい事をやったわけでもなく
ただただ穏やかな空気だけが流れていった感じの一日でした。

別れ際に兄は
「いやぁ〜今日は楽しかった」
「いやぁ〜今日は良かった」
と繰り返し口にしていました。

穏やかな景色は心を豊かにしてくれるんだなぁと
私も穏やかな景色と兄のおかげで
まったりとした1日を過ごす事ができました。

開く コメント(14)

断捨離

今月に入ってから、年末大掃除並みの掃除をしているのですが
一向に進みません。
本なんて整理していたら、気づいたら読み始めている。
そのうちちょっとコーヒー淹れよう、捨てる前にもう一回読んでおこう、
ちょっとお茶菓子でも食べようかな・・とかなるし。

古くからの愛読書は捨てきれずにいるのですが
ここ10年以内で買った本などは、わりと思い切ってバンバン捨てております。
特に医療系。
医療系のものについては頭の中に全部入っているなんてことは到底無いのですが、知りたいことは知れたからいいかなー的な。

何回か近所の古紙回収コーナーに足を運んで整理したのですが
ふと
看護学校に行っている知人の学生がもしかして欲しいと言うかな?
と思ってこれから捨てようとしていた本の写真を撮って
この中で、どれかいるのある?
と聞いたら全部要るって返事が来た。

イメージ 1

捨てたの、とっておけばよかったかなぁ。
だけど、これも要るかも、あれも要るかも、とか思い始めたら一生部屋が片付かないし。

他人から頂いた本とか物とか絶対捨てれないし。
思い出の品とかゴロゴロあふれています。
いっそ、ごちゃごちゃした中で一生暮らしていてもいいかなぁ、なんて。

それって、ただの片付けの出来ない女だな。
よし、やっぱりちゃんと頑張ろう。
今月末までには。

開く コメント(12)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事