ここから本文です
☆たくさんの山を登るより 先のルート地形を目に浮かぶようにしたい気分・・・☆

書庫全体表示

ゆふいん駅に降り立つと 正面に 一際目立つ 由布岳

豊後富士の別名をもつ 双耳峰
イメージ 3


宿の主人が登山にも詳しい方で

是非 登られるのなら 正面登山口から登って

西峰か東峰か どちらかしか いけない場合は 

是非 西峰にいってほしいと

アドバイスをいただいた


お鉢めぐりをする気満々でしたが 結局は そのアドバイスが役立つことに。





バス停降りてすぐ 登山口というのは とっても贅沢

↓左手の飯盛ヶ城 と 右手の由布岳を 正面に見ながら↓ 

牧草地をすすむ



この日は 日曜日

たくさんの人であふれていた
イメージ 4

登山口から感じていたこと

ものすごく整備されている登山道。




ミズナラの気持ちのよい樹林帯をすすむとやがて合野越(ごうやごし)

ここから本格的な登り開始

本来 急傾斜なんですが

 何度も何度も つづら折りの登山道で くりかえされているので

それほどの傾斜は感じないで 標高をかせぐ道です


・・・もう、何回 曲がったかな

そんなこと 考えて 歩いていたかな。


灌木帯だったところが やがて 草付きの道になり

ガスの切れ間越しに 湯布院の街並みがみわたせるようになることで

標高をかせいでいることを実感する

イメージ 5





やがて それまで苦に感じていなかった つづら折りの道の傾斜が

やや 傾斜が キツク感じくる

この急坂をひと登りすると

↓西峰と東峰の分岐点 マタエ に到着↓
イメージ 6





京都のオジちゃんと相談して 西峰だけに登ることに決定

なんだか 険しそうなので

私は重たいザックを マタエに 置き去りにして出発





↓いきなり 鎖↓
イメージ 7




↓あそこ 歩くのかー↓

カニのヨコバイ じゃ!
イメージ 8





↓由布岳 西峰↓

イメージ 9

山頂で休憩していたおじさんに

お鉢めぐりのことや

東峰からは 別府湾の海が見渡せ

国東半島、大分市内、九重山群が見渡せることを聞いた


聞いていた通り、かなり 展望が いいじゃないですか!

見られなくて ざんねん




マタエから上部は ミヤマキリシマも まだ 咲いていた

例年 5月下旬ごろが見頃のようです↓

イメージ 10




西峰直下の ゴツゴツした岩は  まるでハイカーを 阻むよう
イメージ 1





横ばい、実は苦手なんだよなー

少々 高所恐怖症の気がある私
イメージ 2








下山も同じ道をピストンして 無事にかえる。





実はこの正面登山口には 杖を無料で貸し出しているようで

びっくりしました!

つづら折りの連続なので 確かに ストックをお持ちでない方には ありがたいことです





  • 顔アイコン

    すご〜い!
    本格登山ですね〜

    グータラハイキングをしている私には、一寸憧れ!
    すばらしいね〜^^

    ゆき3

    2013/6/22(土) 午後 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ゆきさん、そんなことないです、
    歩いて、飲んで、食べることが一番ですよ〜

    ばく

    2013/6/26(水) 午後 11:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事