ここから本文です
☆たくさんの山を登るより 先のルート地形を目に浮かぶようにしたい気分・・・☆

書庫山形県のお山

バクの出身地&青春時代を過ごした山形の山を紹介します
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

今日も あいかわらずの お天気の中

それでも とりあえず 登山口へ むかう




とりあえず こまくさチャン かな

↓もう終盤かな  こまくさチャン↓

イメージ 1


今日は こまくさ メインじゃなくて

いつもお世話になっている 美容院のスタイリストさんと一緒に 「高山帯の雰囲気を体感しよう!の会」



いやー

若返って 帰ってきましたヨ あたくし。精神的に。

あたくしこそ、 気分転換なりましたー。

なにせ いつも ほとんど単独の山行がほとんどじゃないですか。



若い方と一緒って いいですね




「お前も まだ 若いだろ!」と蹴られる(?)雰囲気は決してない(?)のですが。




当の本人は気が付いてなかったかもしれませんが

すれ違うハイカー(特にワカモノ男子)、 彼女をみて振り返るくらい

めちゃくちゃ メンコイのです。

こんな彼女に合羽を着せてしまったあたくし・・・

でも、まあ、これが、また 似合うんだな!





 そんな 彼女に 劇的なサプライズ


なーんと


ガスが切れて 

それまで まったく まったく 視界のなかった 

馬の背・御釜周辺は 

一瞬ガスがひらけて


顔を出してくれたのです


この瞬間が また 幻想的〜


イメージ 2








そりゃー でしょ






イメージ 3






今日は あたくしこそ 新鮮な気分をたくさん味わえて感謝です。




自分より背の高い植物がないところを歩くこと

雲より上に 身をおいていること

避難小屋をみて感激

ガスの中、身通しがきかないところを歩くこと

雨天時に合羽を着て歩くこと、ザックカバーを取り付けること

などなど 感激、体験したことを素直に喜んでいた彼女をみて

自分もいろいろ 思い出しました



馬の背〜熊野岳周辺までの視界がひろがって


 あそこまであるいて あそこでご飯食べたことに驚きと、歩いたことへの喜び。


今後につながると幸いです



イメージ 4



避難小屋でご馳走になった山ごはん すでに調理法に慣れてて

スバヤク調理 体温まる具だくさん野菜スープ 

美味しかったぁ〜 本当ご馳走様でした

開くトラックバック(0)

いつになったら 雨は あがってくれるかな・・・

毎日、毎日、降りまくっています。雨。
そして
毎日毎日、風、吹きまくっています。



こんな天気が続いておりますが、今月2度目の朝日連峰。


なんだか、今シーズンは無性に朝日に登りたい。

自分にとって登りごたえ、登りがい、№1の御山様が朝日。

小屋で飲むビールをたくさん背負って、登って、たどりついた後の

最初の一口は なんとも言えません!


あとは、先のルートを頭に叩き込みたいし。

次、どうなってんのか、 地図見ながら想像して、実際どうなっているかとか、

以前通行してても 忘れてる、物覚え悪い私。


そして、晴天のときじゃなくて、あまりよくもない、天候のときとかも。

強風で吹っ飛ばされないように、一寸たりとも油断しちゃなんねー、

と呪文を唱えて歩を進める、たまによろける。たまにかがむ。

そういえば、最近、山の「鬼」のようになった環境に身を置いていない。

山って本来厳しんだ、ということを晴天の良い時ばかりに登っていると忘れがちになる。





先週末、竜門小屋で一緒になったグループは浜松からの団体さんでした。

翌日も悪天候のため、彼らは大朝日は断念して日暮沢に下山しました。

あとご一緒したのは西川山岳会さん達です。

明日からの登山道の刈り払いのために入山されていました。

なんでも4−5日間連続で続ける作業とのこと。

スゴイですね。でもこのような方達がいるからこそ、

登山道が整備され、楽しく安全に通行することができるのだと思います。

本当にありがとうございます。の一言に尽きます。




昨日、朝日鉱泉で朝一おあいしたのは 姫路№の車のオジちゃん2人組。

ガスもなーンもみえない、大朝日で昨日はカメラを出すことも出来ず、

「ホンマに登ってきたんか いわれるから、小朝日で写真撮ってもらお」

と、2日目の縦走時にパチリしてあげました。



遠方からお越しいただいているだけに、悪天候が悩ましく感じます。

こんな天気のために あんなすばらしい景色を見ずして、

朝日の素晴らしい景色を脳裏に焼きつけないで

よいイメージ残さないで 行っちゃうんじゃんか・・・

残念でなりません。

・・・でもお天気様には勝てませんし。






↓鳥原山山頂より小朝日側にある展望台↓

イメージ 1



↓展望台から小朝日方面↓
イメージ 2



↓御田湿原↓
イメージ 3





↓金山沢↓5m位の川幅を岩の上を伝ってわたります
イメージ 4


8日土曜日はカメラの調子がわるく1枚も写真が撮れませんでした。

土曜日は天気も曇り。

残雪の状況は どんなんかなー♪ と。



1000m過ぎから ちょこちょこと残雪が見え始めて

1200m付近の(わたしにとっては)巨大雪庇を歩く時は

ドキドキでした。

だって、スキーで歩くのと違って、全くツボは慣れていないから

なんだか安心しません。

足元がすこし雪面から浮いたまま 歩を進めている感じです。


そして お天気様は晴れオンナのあたしを無視して

時折、肝心な竜門山の山頂を ガスで隠しちゃう。


あんなとこ(雪があるから) 

ガスの中歩きたくないなー

お願いだから、私が歩くときは晴れてくれー

と、心の中で叫ぶ。

ここで 転びたくないなー

滑ったら 洒落なんないなー

なんて 一人問答していたら

竜門の分岐に到着。

竜門小屋到着13:30でした。(日暮沢9:00発です)





この日、西川山岳会さんで竜門小屋の水場工事をされていました。

地すべりでパイプが崩壊したそうです。一週間後の山開きもあり、

そのために復旧工事を皆さん一丸となってされておりました。

15時ごろには 確か 開通?して、とても豊富な水量。

小屋内にあるトイレにも水を通して、

ああ、シーズンを迎えるんだなーと感じました。

本当にこのような皆様のおかげです。







翌日、お天気予報通り

昨晩の星空もすごかった。期待通り。

何しろ 雲海がスゴイ。

尾根上になだれ込んでくる雲のナガレ。





竜門小屋前から月山と奥に小さく鳥海山↓
イメージ 1





小屋前の西側も雲海↓
イメージ 2






お天気に つい、ひきつられ 

下山は大朝日を周回して帰ることにしました。




素晴らしい! この配色! 左側に寒江山、奥に以東岳
イメージ 3






雪は どんな感じかなー 西朝日とか、中岳とか・・・
イメージ 4








西朝日岳  山頂部に少しの残雪
イメージ 5






中岳 まだまだ 雪上歩きますよー
イメージ 7






大朝日小屋、大朝日岳♪♪到着です!
イメージ 6













古寺山から下りは まだ 1200m付近までこんな感じでした。

イメージ 8


昨夜 満点の☆と 早朝 朝焼けに迎えられ
下山へと日暮沢へと出発する
 
 
 
 
狐穴小屋から 三面分岐までの わずかな 距離のあいだですが
 
月山と村山葉山に 目を奪われる アングルが あります。
 
イメージ 1
 
 
 わかるかなー月山と葉山 どれだか。左奥のうっすらと見える山が月山です。
 
 
 
 
 
 
昨日 歩いてきた縦走路
なんども なんども ふりかえる
 
 奥には どっしりと 以東岳
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
寒江山周辺は 朝日連峰の中でも
個人的に癒される 空間 広がるところ
お花も その時期には たくさん咲いています
 
大朝日岳は百名山なので全国各地から訪れますが
少し離れたこの場所までは あんまり 来ないのかなー
いいところなんだけど・・
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竜門小屋が どんどん 小さくなっていく・・・
竜門の水場は じゃぶじゃぶと それはそれは ノド越しサイコー
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく 見納め かな?   朝日の山並み
 
また 来るからね
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
注>日暮沢小屋登山口手前で土木工事により
一般車両は通行できませんでした。
徒歩では行けます。
一般車両は登山口約2km手前の
根子ダム駐車場(約10台)に駐車し
徒歩約40分くらいで日暮沢小屋登山口です。
 
登山の際は、事前の役場でのご確認を。

1ヶ月ぶり以上の登山
 
下界の暑さに負け、とても休日に歩きに行く気になりませんでした、8月。
 
今回も、
 
またまた天狗小屋に行きたくって、
 
というより、前回7月、たくさんご馳走になりすぎて、
 
返しに行かなきゃならん!
 
ということで・・・
 
 
行って来ました!
 
 
今度は、天狗→狐穴を初めて歩きました。
 
 
 
イメージ 1
天狗角力取山から朝日連峰主稜線方向
 
 
 
イメージ 2
コバラメキ、オバラメキ、を超えると、景色は一変します。
 
 
 
イメージ 3
エズラ峰  オツボ峰  そして、  以東岳がどんどん迫ってくる
 
 
 
ところが・・・
 
なかなか つかないのよね。高松峰までの、遠いこと・・・
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
目指す狐穴小屋は もうすぐ
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
あとすこしで 草紅葉の時期・・・・ 
 

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事