日美礼讃

今年のBlogアップ目標達成(笑)

全体表示

[ リスト ]

時代を超えて引き継ぐことの難しさよ・・・

星新一や江戸川乱歩の少年探偵団を手にしていた小学生の頃、同じクラスの女子は赤川次郎にはまっていたように思う。
出逢ったことのない本 −少なくとも図書室にはなかったように思う− を読んでいる女子に対し、どうでもよさそうなことではあるけど、
その当時はなんとなく負けた感があった。
その後、赤川次郎の吸血鬼シリーズとか三毛猫ホームズシリーズを始め諸々を読みあさり楽しかった記憶がある。

いつの頃からか、読むことがなくなかったが、数年前、本屋でふと件の吸血鬼シリーズ最新刊を目にして、まだ続いてる驚きと好奇心で買ってみたけど、
残念ながら今の自分の心には何も届かなかった。

読了後、しばらく考えた。何が面白かったのか、何故そこまで引き込まれたのか思い出せなくて。
結局、その時は思い出せず仕舞いだったのだが、今思うと、「軽いタッチの、終わりそうもないシリーズもの」を好む傾向があるようだ。

それは現在の読書傾向にも引き継がれていて、時代ものの庶民生活を描いた小説などを、寝る前にパラパラとめくりながら文字に触れるのがなんとなく落ち着く。
物語の中でぐだぐだあったとしても、主人公を中心に日々の暮らしが続いていく、ほどよい安心感のようなものがいいのかもしれないと思ったり。


年末、本屋で平積みになっていた本。

見覚えのある絵。
まさか・・・

コロボックルシリーズの最新刊!
幼少時にかなりはまって、その後も何度か繰り返し読んだ小人と人間の物語。
どことなく秘密めいた交流と佐藤さとるが描く独特な世界観がとても好きだった(ちなみに今も本棚に収まっている)。

探してた訳でも追いかけてた訳でもなかったし、
続編がでることはないと思っていたから新鮮な驚きと興奮に包まれながら、
震える手(←誇張)で取り上げてみると、

あれっ?!
著者が違う・・・。
イメージ 1

どうやら、今をときめく作家が背景を現代にして描いたらしい。
さすがにこのシリーズの1冊目は昭和40年頃みたいだし、
そのまま続きというのも読者に受け入れられがたいだろうから分からないではないが、ちと寂しい。

読んだ結果は、やはり物足りない。
今までの登場人物がでることはなく新しいストーリーで、ほぼ人間側にフォーカスされているせいか
わくわく感がないんだよねぇ。
「コロボックル物語」ではなく、「コロボックルに関わる人間の物語」ぐらいのイメージ。

続きがあるような、ないような微妙な展開で、仮に続きがないならこの構成は頂けない。
ただ、続きを読みたいかというとそうでもない。

読後に著者を思い出したが、今まで数作品を読んだが軽いタッチではあるけどどうも好みではなくて、
悪くはないけど何も残らないという感じ。

とはいえ、楽しめたこともあって、ひとつは主人公家族が養蜂家。
職業描写は、へぇと思うことも。
タイトルにも一工夫あって、なるほどと思ったり。
それに数十年前を思い起こしてくれたので、ひとまずは感謝!かな。

しかし、先人が作ったものに対し、引き継ぐというのは大変なことだと思う。
それがどんなものであっても、一から始める以上の苦労があるだろうことを考えると、敬意を表せざるを得ない。

そういう意味で今後の続きを期待したいし、今後もいつまでも続く「安心感」を紡いで欲しい。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

サラリーマンになってしばらくすると読書のできる時間がなくなり、習慣が途絶えてしまった。
そのせいか、今とても暇なのに読書が出来ない。
ペーパーでの読書はここ数年していない。
なぜか・・・近くに本屋が無いし。
もちろんタブレットで読めるものは読んではいるが、無料立ち読みを電子版で読んでも、なんか昔人間には響かない。
やっぱり「本当の本」でないと・・・

結果電子版も購入せず、今日のようにほとんど読まなくなってしまっているのです。

サラリーマン時代でも、赤川次郎作品は電車で移動するとき結構読みましたよ。
単行本だけど、内容が軽くて、暇つぶしにはよかった。

2016/3/12(土) 午後 4:56 A 返信する

顔アイコン

ハラハラドキドキ、大どんでん返しは、なくていい。
結末が簡単に予想つくくらい、の、安心がうれしい近ごろです。

でも、本を読んでないなぁ。こりゃ、いかん。

2016/3/13(日) 午前 7:40 [ kazzzzz ] 返信する

顔アイコン

ARKさん、自転車通勤していた頃は、読書量がグッと減って、電車通勤で復活して。サラリーマン時代はそんな感じでしたね。
最近、ようやく電子書籍を使ってみましたが、読み終わってもなんとなくしっくりこないですね〜。読書っていうのは手に持った本の厚みとかも大切な要素なんだなと実感。ただ、手元に置きたくないものは電子版でもいいかもと思い始めています。
酒ばっかり呑んでないで、たまには本を片手に夜を過ごすのもいいのではないでしょうか(笑)

2016/3/13(日) 午後 7:04 山葵の唄 返信する

顔アイコン

> kazzzzzさん
あっ、おんなじですね(笑)

年間100冊目標を何年も達成できてなくて、目標を半減させました。なんとかクリアせねばと年1/4経過した今から頑張ろうと面白本を物色中^^;

2016/3/13(日) 午後 7:06 山葵の唄 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事