全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ようこそ♪

★☆★WELCOME☆★☆★
 
ご訪問ありがとうございます
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2イメージ 3
みなさまお久しぶりです。
 
早いものでショコラが居なくなって1ヶ月です。
 
あの日は何年も前のような…昨日のような…不思議な感覚です。
 
記事も書いてないのに心配して訪問してくれた方、
 
沢山のお花…本当にありがとうございました。
 
ショコラはみなさんに愛されて本当に幸せでしたね。
 
ショコラはプライドが高いし媚びないので今頃「フン!当たり前でしょ!!」なんて思っていると思います。
 
本当に見た目は可愛かったけど、人(犬)一倍性格は悪かったんです(笑)
 
 
ショコラが居なくなって悲しみは少し癒えましたが、寂しさは消える事はありません。
 
気付くと家でショコラの存在を探してしまうし、居ないのがなんとも違和感があります。
 
でも、悲しんでばかりはいられません。
 
犬は元々人間より寿命の短い生き物。看取る事も責任です。
 
それは避けて通れないし悲しい事をいつまでも引きずるより、楽しかった思い出を大事にしていきたいです。
 
なので私はもう大丈夫。
 
愛犬の死を乗り越えて「犬を飼う」という事をまたひとつ学んだ気がします。
 
 
というよりいつまでもメソメソしている場合ではありません。
 
コンビはパワーアップしているし(この前など骨の入った小瓶を嬉しそうに振っていた 汗)
 
ミルちゃんも居るし…居るし…多分居るし…
 
そのミルちゃんなんですが…
 
私達がショコラが居なくなってショックを受けた何倍…いや、何十倍ものショックをうけてしまったようです。
 
まず、ショコラが居なくなってから3週間ほとんどご飯を食べませんでした。
 
大好きだった馬肉もパンもフルーツも一切口にしないのです。
 
一日一回嫌々少量のささみとご飯粒を食べるだけ。おかげで寸胴だったウエストにくびれが出来ました。
 
今は少し食欲が戻り前ほどではないですが食べています。
 
 
段々とショコラが居ないのに慣れてきたようですが、元々ミルは信じられない程の臆病者なので
 
一人で留守番が半狂乱になる程恐ろしいようです。
 
このくそ暑いのに布団の中…もしくは箪笥の中(最近見つけた居場所)で
 
ハァハァ言いながら過ごしているようです。
 
帰ってくると100%髭はヨダレでベタベタのヒタヒタです。
 
そして歓迎が半端ではない。30分近くディープな攻撃を食らうのです(フレンチでは駄目らしい)
 
ミルには一人っ子は性格上無理のようですね…
 
では、なるべく家にいてあげたらどうか??
 
それが…私が家に居ても駄目なんです。
 
なぜかリビングにあまり寄り付かず(ショコラが具合悪くなってリビングにずっと居たせいかしら??)
 
私の部屋か箪笥か洗面所に篭ってしまうのです。呼ぶと来ますが、すぐ篭っちゃうんです。
 
もはや存在感ゼロです。
 
前のような天真爛漫さも無くなってしまいました。
 
 
つまり人間が居るから良いという事でなくて仲間(ワンコ)が居ないと駄目という事でしょうか??
 
今妹を〜というのは無理なので、時が解決してくれればいいのですが…こればかりは慣れるのでしょうか??
 
本当に困っちゃいます。
 
 
先日そんなミルに刺激を〜と思いムックママの家へ遊びに行きました。
 
ショコラが居たときと違ってなんとも大人しくしょぼくれてしまったミルに
 
ムックママもガムシさんもビックリしてました。
 
誰が見てもあきらかに落ち込んじゃってます。。。。
 
 
そして久しぶりにソルペ(ムック)を見て嬉しくなりました。
 
ムックはショコラほどではないですが大きく、色もショコラによく似ています。
 
抱き心地もショコラに似ていて(ミルは小さくてヘボい)面影を感じました。
 
 
毎日毎日いじり倒して、抱っこして〜ウザしていましたが足りません。
 
もう一度…ショコラを抱っこしたいな…あの納豆臭い髭の臭いを嗅ぎたいな…
 
もう叶わないのかと思うと悲しいですね。
 
私亡くなった人(犬)がよく夢に出てくるんです。
 
お爺ちゃんも、従姉の犬も、レインさんの弟も…でもなぜかショコラだけは出てこないのです。
 
夢の中でもいい、ショコラを抱っこしたいな。
 
 
イメージ 1
 
 
これは生前とある画家さんに
 
描いてもらったものです。
 
ショコラが居なくなってから届き
 
沢山写真を送ったのですが、
 
偶然にも遺影と同じ絵でビックリしました。
 
 
良い記念になりました。
 
 
 
悲しみは癒えてきたものの、まだまだ気持ちの切り替えは出来ず…
 
普通の写真はいいのですが、ショコラらしい表情をした写真を見るのはなんとも辛いです。
 
 
 
にょんちゃんお空で今頃なにしてるかなぁ〜
 
みんなで仲良くやってればいいけど…あの子凄くえばりん棒だから
 
友達ワンコを傅かせたりして迷惑かけてないかしら…
 
居なくなっても心配はつきません。
 
 

6月3日20時45分

みなさんゲスブに沢山の暖かいメッセージありがとうございます。
 
一つ一つ涙しながら読ませていただきました。
 
本日6/5の15時過ぎ…ショコラはお空へ旅立ちました。
 
あんなにドン臭い子だったのに、旅立ちは猛スピード…なんだかショコラらしいですね。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沢山のお花とショコラへのお手紙ありがとうございました。
 
お手紙はちゃんと棺の中へ入れさせていただきました。
 
ショコラは抱えきれない程の愛と共にお空の仲間の元へ旅立ちました。
 
本当にありがとうございました。
 
*******************************************************************************
 
6月3日…
 
朝6時頃ショコラが気になりリビングへ行きました。
 
前日の夜またジャーキーを食べ、
 
パパに「落ち着いてるから一緒に寝てあげたら??」と言ったのですが
 
実際はパパの部屋へ連れてきたらハァハァと暑そうだっのでリビングで寝かせたらしいのです。
 
階段を下りている頃から異臭がして
 
廊下には排泄をしてしまい、動けない為ドロドロに汚れたショコラがいました。
 
すぐにショコラを洗いましたが、プライドの高いショコラは機嫌が悪い顔していました。
 
 
昨日まで我慢していた排泄は垂れ流し状態になり、血便が酷くなりました。
 
トマトピューレ??イチゴジャムのような…
 
受診すると大腸からの出血だろうという事で(先生はさほど焦った様子は無かった)
 
下痢止めの注射も打ってもらいました。
 
その後叔母の家にコンビをあずけていたのでショコラを家に寝かせコンビを迎えに行きました。
 
帰るとショコラの息は荒く目がうつろ…というか瞳孔が開いた状態でした。
 
水を飲ませるもぐったりしていて昨日よりも飲みたがりませんでした。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
6/3午前中の写真です。
 
生前の写真は
 
これが最後になってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
夕方、コンビが凄くぐずりました。(昼寝があまり出来なかったので機嫌が悪かった)
 
ショコラはコンビの泣き声を聞いて少し起き上がってコンビをじっと見ていました。
 
ショコラに「ごめんね、コンビにジュースあげたらショコラにもお水あげるからね」
 
と声をかけた次の瞬間…いきなりショコラが凄い痙攣しだしたのです。
 
私はコンビに渡すはずのジュースをほうりなげショコラを抱きかかえました。
 
完全に瞳孔は開き口からベロがだらしなく出て泡を吹いていました。
 
痙攣はすさまじく、思い出すだけでも恐ろしいです。
 
もう私には抱きしめて泣き叫ぶ事しか出来ませんでした。
 
 
 
 
 
時計を見たら19時頃でした…
 
 
 
 
すぐにパパと病院へ電話しコンビとショコラを抱えて急いで病院へ。
 
先生の診断は「急性腎不全による尿毒症、毒が脳にまわり痙攣を起した」という事。
 
その時のショコラはベロは出たまま目はうつろでしたが痙攣は治まり落ち着いていました。
 
選択は二つ…
 
①痙攣止めの座薬を持ち帰宅して様子を見る
②眠らせて楽にしてあげる
 
先生に「もうショコラの意識はありませんか?」と聞くと
 
「意識は薄いですが戻る可能性はあります。反射もあります。今は痙攣があまりにも辛くて放心状態
 
「あーっ辛かった…」と脱力状態なんですよ。動くのも嫌なくらい辛かったんですよ」
 
薬を持ち帰って様子を見た場合の寿命を聞いてみると…
 
「一応薬は出しますがまた必ず痙攣は起こります。かなり辛いのでそれで駄目になるかもしれない」
 
「薬を持ち帰っても2,3日延命出来るだけだと思います、正直究極の選択です…」
 
 
もう分っていたんです…どうすればいいのか…
 
どうしてあげる事が一番なのか…でも私の口からは言えませんでした。
 
 
 
お客さんが切れたのでお店を閉めパパが駆けつけました。
 
先生はもう一度パパに丁寧に説明をしました…
 
パパは「もうショコラは頑張ったから…眠らせてあげてください」
 
 
 
なにが正解だったのか…
 
意識が戻るかもしれないし、ショコラは生きようとしていたかもしれない…
 
でも次の痙攣で命を落とすほど苦しい思いをさせるのは…
 
もうどうしたらいいのか解らず号泣する事しか出来ませんでした。
 
 
最後に…ショコラを抱っこした時とても軽くて細くて…
 
13年間毎日抱っこしていたショコラ…まだ暖かいし息もしているのに…
 
そしてパパが抱っこした時いきなり目がぱっと開いてパパをじっと見つめていました。
 
ショコラはパパが大好きで、パパが居ないと生きていけないほど好きだったのです。
 
意識は薄くてもパパが来た事は分ったんですね。
 
 
 
 
そして…20時45分ショコラは永眠しました。
 
 
 
レインさんは残念ながら仕事で居なかったので最後に抱きしめる事は出来ませんでした。
 
日曜にはヨロヨロしながらも一緒に散歩へ行ったし、
 
サッカーを見ている時レインさんの傍にいって寄り添って寝ていたのです。
 
経過は報告していましたが、レインさんには実感がなく会えたのは冷たくなってから6時間が経過していました。
 
 
 
ショコラは急に逝ってしまいました…
 
あまりブログではご報告してませんでしたが、最近の状態はいつこうなってもおかしくなかったので
 
私達家族はある意味覚悟はしていました。
 
ただ…早すぎますね。
 
一週間前まで歩いて一緒に散歩してたし…1ヵ月前までミルのご飯を奪うほど食いしん坊だったし
 
2ヶ月前は伊豆に旅行へ行ったのですよ…
 
 
ただ…抗がん剤のおかげで最後までガンは転移しなかったし
 
辛い思いをさせたけど私達はショコラの為に精一杯やりました。後悔は無いです。
 
ただただ…寂しいですね。悲しいですね。
 
デカかったし物凄く人間臭くて存在感があったので、
 
今はポッカリ穴が開いてしまい寂しくてしょうがないです。
 
ミルだけの散歩はなんとも簡単で味気なくて…あれ一匹ってこんなに楽だったっけ??
 
今までペースの違うショコミルの散歩は本当に大変だったので余計寂しく感じます。
 
 
多頭飼いに憧れて…やっとショコミルとの楽しい生活がはじまったのに
 
たった2年で終わってしまいました…
 
 
いまはまだ急に悲しくなって号泣しちゃったり、写真を見るのがちょっと辛かったり…
 
まだ悲しみの中にいますが、あまり無理に立ち直ろうとせず
 
悲しい時は泣いてやろうと思います。
 
 
今日はご報告でしたが…次回はショコラとの思い出話を…
 
もう少しショコラとの事語らせてください。。。
 
 
イメージ 3
 
 
 
遺影はこの写真にしました。
 
パパがこのショコラ可愛いって。
 
 
そしてこのピンクの洋服
 
とても似合っていたって。
 
 
 
 
 
 
 
 

生命力

6月3日20時45分
ショコラ永眠しました。13歳と3ヶ月でした。
 
気持ちの整理がついたらまた詳しく書き留めておきたいと思います。
 
 
話を聞いてくれて相談に乗ってくれたnoriさん
貴重なアドバイスをくれたアトムママさん。
心配でメールをくれたてんちょうさん、みあるさん
我が子のように可愛がってくれたガムシさん、ムックママ
本当にありがとうございました。
 
そして治ると信じて応援してくれたみなさんありがとうございました。
 
ショコラは辛いことも沢山あったけど沢山の人に愛されて幸せでした。
 
今頃苦しくない体で走り回っていると思います。
ジュニマ君、すみれちゃん、しおんちゃん、どんどん君が居るから寂しくないね。
 
 
本当にありがとうございました。
 
バンビ
 

明日のために。。。

みなさんご心配おかけしてすみません。
 
そしてショコラへの応援コメント、本当にありがたく読ませていただいています。
 
ショコラにもみなさんの気持ちは届いていると思います。。。
 
 
 
 
昨晩時間を追うごとにショコラの体調は悪くなっていきました。
 
お昼までヨロヨロながらも散歩もしていたし(排尿の為だけ)ジャーキーも食べたのです。
 
20時頃急に起き上がったかと思うと崩れ落ちました。
 
後ろ両足がぐにゃぐにゃでまったく立ち上がれなくなったのです。
 
コンビをお風呂に入れていたら凄い物音がして…動けないのに一生懸命お風呂場に来ようとしていました。
 
その姿に泣けて泣けて…お風呂場には私とコンビ…そしてストーカーのミルが居たのです。
 
ショコラは不安そうな顔で「お姉ちゃん…私…足が動かないよ。どうして??」という顔をしていました。
 
動けなくてもみんなの傍にいたかったのですね。。。
 
そして下痢をするとそのまま眠ってしまいました。
 
ちょっとボーっとしていて意識があまりはっきりしない状態でしたが、
 
とりあえず落ち着いてはいたのでケージに入れて寝かせました。
 
 
***************************************************************************************
 
朝一番で動物病院へ⇒
 
色々調べた結果、ショコラの症状が「腎不全」と一致していたので先生に「腎不全かもしれない」
 
と伝え受診。。。先日の血液検査で尿毒素が上がっていたので…嫌な予感がしたのです。
 
先生から「血圧が測れない、ちょっとヤバイな…」と言われ
 
一通り検査をする為一度病院へあずけました。。。。
 
 
血液検査・レントゲン・腹部エコーの結果…
 
「急性腎不全」という診断結果が出ました。
 
先日の血液検査と照らし合わせた結果、慢性的なものではなく急性のものだという事です。
 
その他胆嚢がパンパンにはれ上がり破裂寸前。
 
先生もガンの転移かもしれないとの事でしたが、臓器を調べた結果
 
腎臓にも脾臓にも膀胱にも胆嚢にもガンの転移は見られず、全ては加齢によるものだそうです。
 
ショコラは抗がん剤の副作用により肝臓と腎臓が悪かったので
 
毎日薬を飲んでいたのですが老化には敵わなかったようです。
 
 
 
さて…治療なんですが…足の麻痺に関してはステロイドが有効ですが
 
肝臓にダメージをくらう為ショコラに使ったら一環の終わりという事でした。
 
もう足の麻痺はほっておいて、とりあえず腎臓のサポートをしたいところですが…
 
ショコラの臓器の損傷具合と年齢により…もうなにもしてあげられませんでした。
 
ご飯をまったく食べなくなってしまったので、栄養剤を皮下注射して回復を待つという
 
なんとも消極的なものです。
 
そして…早ければ1週間…もって2週間と言われてしまいました。
 
ショコラの状態と年齢で回復するのはちょっと難しいらしいです。
 
正直ショックでした。
 
でも過去にもガンにかかったとき「あと半月もたないかも」と言われましたが
 
先生の期待を裏切ってガンの転移もせず4年が過ぎました。。。
 
 
過剰に期待は出来ないけど…ショコラならやってくれるかもしれませんね。
 
本当に奇跡が起こらないと…ですけど。
 
 
 
ショコラとの時間はもしかしたら本当に短いのかもしれません。
 
なるべく一緒にいてあげたいけど…コンビも居るし習い事等もあるので
 
一日中ずっと一緒にいてあげる事は出来ません。
 
コンビが居るのでショコラを抱きしめてあげられる時間も限られてしまいます。
 
とても悲しい状況だけど…救いはそんなお邪魔虫のコンビの存在です。
 
ショコラのお世話をしたいのに、あいつは容赦ないので逆に救われます。
 
なにも解っていない無邪気な笑顔が私達家族に明るい時間をくれます。
 
「泣いてばかりいては駄目だ」とコンビが教えてくれました。
 
 
ちょっと先が見えない状態ですが、
 
ショコラも私達家族も希望を捨てずに残された時間を楽しもうと思います。
 
みなさんも応援してあげてください。
 
 
こんなショコラですが…帰宅後いきなりジャーキーを食べる!!という
 
ザ☆デカシュナ的な行動に出ました。そしてこんなものを美味しそうに舐め
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
ネーミングが気に入って購入。
 
食べてくれてよかった。
 
本当に元気になってほしいな。。。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
そしてこちらが現在のショコラ。
 
点滴を打ってから調子がよくなったみたい。
 
昨晩のこん睡状態から抜け出しました。
 
ちょっとなら起きていられるんです。
 
 
 
 
 
 
 
腎不全って本人は辛いのですか??と先生に聞いたら、
 
どうやら頭が痛くなるようです。そして嘔吐したりするんですって…
 
 
立ち上がれなくなってから排泄を一切しなくなりました。
 
先生曰く「本人も立てなくなったのがショックなんだよ」って…
 
私達家族もショックですが、何も解らないショコラが一番ショックですよね。
 
ちなみにタオルでサポートして外に連れ出しましたが駄目でした。
 
毎日病院で出してもらう事になります。
 
 
 
 
 
みなさんから暖かいコメントいただいて本当に救われます。
 
お返事が出来なくてすみません。
 
でも一つ一つ何度も読み返して励まされています。
 
 
悲しい報告しか出来ないのが辛いです。
 
でも頑張ります。
 
 
 
経験者の方でなにか良いアドバイスがありましたらどんな事でもいいので
 
お願いします。藁をも掴む思いです。。。
 
 

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事