全体表示

[ リスト ]

2006年10月7日(土)15:00
J1第26節(博多の森、12,181人、晴)
鹿島 5位 勝ち点46(14勝8敗4分) 得失点差+5

鹿島アントラーズ  1−2  アビスパ福岡

イメージ 1

「博多の森球技場」に初めて行った。
前節のセレッソ大阪戦で、2点のリードを守りきれず、痛恨のドローに終わった鹿島アントラーズ。その試合の精神的な後遺症から福岡行きをやめようかと思ったが、すでに航空券を予約していたため、仕方なく出かけた。しかし、結果的には福岡行きをやめればよかったと後悔。あまりにも情けない試合を見せられ、福岡まで行った自分自身を責めたくなった。

「博多の森球技場」は福岡空港の近くにある。空港前からシャトルバスが出ており、空港から10分とかからず到着。スタジアムに入ってから、お馴染みのゴール裏の面々と一緒に応援した。

試合のほうは、守備の集中力の欠如から開始5分で先制点を奪われ、さらに前半15分にも2点目を献上してしまうという目を疑いたくなるような展開。この時間帯は、まるでセレッソ戦の後半の続きを見てるかのようだった。

この試合で鹿島のシュートは、たったの5本。枠内に飛ぶシュートをほとんど打てなかったし、これでは勝てるわけない。気持ちの面でもアビスパの選手のほうがはるかに上回っており、鹿島の選手の闘争心の乏しさに心底がっかりさせられた。

試合終了間際、内田篤人の放ったシュートがラインを割ってゴール内に入っていたように見えたが、実は福岡のDFが手でボールを弾き出していたらしく、ハンドの反則を取らなかった松尾主審に対して鹿島の選手が猛烈に抗議する場面があった。ただ、ここで得点が決まったとしても、残り時間からして引き分けが精一杯。鹿島が勝利する可能性は、ほぼなくなっていた。

数少ない見どころを挙げるとすれば、ヤナギとアレックスのコンビネーションから野沢のシュートが決まった場面と、京都戦で骨折した田代が復帰してきたことくらい。その他の試合内容については、とても書く気になれない。

試合後、さっさと飛行機に乗って東京までとんぼ返りしたが、出発前の福岡空港の手荷物検査場と出発ロビー付近で敗残兵のアントラーズの選手たちに遭遇した。

普段からサポーターに対して笑顔で快く応じてくれるフェルナンドとアレックスには声を掛けた。しかし、彼らにいつもの笑顔は無く、お互い硬い表情のまま握手を交わした。

フェルナンドとアレックスのそばにいた増田、青木、小澤は、売店で土産物を物色していた。その中の増田は、なんと満面の笑みを浮かべながら携帯電話で喋っていた。観戦に来ていた九州の知人とでも話をしていたのかもしれないけど、最下位に負けてリーグ優勝が絶望的となった直後にもかかわらず、大勢のサポーターの目の前でよく笑っていられるなと呆れた。その他、柳沢は何だか気分良さそうにミニサイン会的なものを空港内で開催していた。

おそらく増田に悪気は無かったと思うし、ヤナギが「ファン」の求めに応じるのだって構わないといえばそれまでだが、はっきり言ってムカついた。このような精神性では、とてもリーグ優勝など無理。監督は、やる気のない選手に猛省を促しているが、今の選手の様子からすると、何も結果を残せないままシーズンが終わってしまいそうだ。

イメージ 2

イメージ 3

先発メンバー
   アレックス  柳沢
 ファビオ      野沢
  フェル   増田
新井場 青木 岩政 篤人
     曽ヶ端

得点
前半05分 飯尾 
前半15分 布部 
後半06分 野沢 

シュート
鹿島…5本(前半1、後半4) 、福岡…6本

交代
後半26分 新井場→深井  後半31分 増田→田代

警告
前半35分 新井場 、後半20分 内田 、後半41分 野沢
 
主審 松尾 一

アウトゥオリの試合後のコメント
Q:結果的に序盤の2失点が響いた形になりましたが、どのようにお考えですか?
まあ、なすべくして罰を与えられたなと。やはり、45分間、試合をやっていないということが2失点につながったと思いますし、それが最後に響いた形になったと思います

Q:最後のシーンは何を抗議されていたのでしょうか?
選手がちょっと混乱してレフェリーを囲んでいたので、そういうことをやらないようにと注意し行ったのですが、勘違いされて逆に私が抗議していると思われたようです。私は30年間サッカーをやってきて、レフェリーと問題を起こしたことはありません。ですから、そういうことはしませんし、もしレフェリーがミスを犯したとしても、レフェリーの判定のせいにして、45分間で自分たちがやるべきことをやらなかったことの言い訳にするのは、おかしなことだと私は選手たちに言いたいです。レフェリーのいい、悪いは別にして、まずは自分たちが何をやらなかったから、こういう結果になってしまったのかということを、お互いに反省しなければいけないと思います

Q:後半は、ほぼ一方的に攻めましたが、後半に入るにあたっての修正点はどのようなところにあったのでしょうか?
修正すると言うよりも、試合の入り方、あるいは姿勢というところを私は言いました。また、試合は45分だけではなくて90分であって、たとえば60分集中してできても、残りの30分で集中を切らしてしまったり、あるいは、最初の60分は集中力がなくて、残りの30分を頑張ろうと思っても、それは試合ではありません。サッカーというのは90分のスポーツであって、いかにして集中力、注意力、あるいは試合の密度、自分たちの動きの密度という部分を高くすることが重要であって、それを一人、一人が意識しなければいけません。45分間やらなかったことに対する罰として2失点したのだと私は思っています

イメージ 4

閉じる コメント(16)

顔アイコン

福岡までお疲れ様でした。テレビ観戦していてもなんともいえない内容だったので、スタジアム観戦していたら、なおさらだと思います。俺も同じく今日はなにも言えないような感じです。こんなコメントですみませんでした。

2006/10/7(土) 午後 11:48 ant*n44*2 返信する

お疲れ様でした☆★負けたのに笑顔で・・・ってチョットショックです(;´^`)

2006/10/8(日) 午前 0:26 めろ 返信する

顔アイコン

福岡おつかれさまでした、言葉もないですね

2006/10/8(日) 午前 2:23 [ - ] 返信する

顔アイコン

応援お疲れさまでした。試合内容はお寒いものだったようですね。前回の引き分け以来、へたに期待しないようになってます。鹿島の調子に合わせて僕も不調ですし・・・(それは関係ないか)。取り敢えずナビスコまでに調子を戻してほしいと思っています。

2006/10/8(日) 午前 5:37 [ qazu ] 返信する

カツさん、リーグ戦とナビスコを含めると対福岡戦は19戦目らしいですが、初黒星を喫してしまった試合をわざわざ選んで見に行ったようでかなりへこみました。内容に関してはカツさん同様、何も言うことはありません。このあとのリーグ戦はナビスコ決勝や来期に繋がるような戦いができることを期待しています。

2006/10/8(日) 午後 11:01 demenz 返信する

負けたとき、それも大事なゲーム、下位相手、笑っている選手はムカつきますね!!気持ちわかります。

2006/10/8(日) 午後 11:02 [ koz*_go*y ] 返信する

ぴのさん、笑顔だったのはたまたまだったと思いますけど、増田にはちょっとがっかりさせられました。もう少し場所と時間を考えてほしかったなと…。ただ、増田はまだ若いですし、(メンタル面を含め)これからの成長に期待します。伸びてほしい逸材であるのは間違いないですから。

2006/10/8(日) 午後 11:04 demenz 返信する

すみこうさん、飛行機で行ったので肉体的にはそれほどでもないのですが、下位チームに足元をすくわれリーグ優勝が絶望的となったわけですし、やはり精神的にはかなり疲れました。。。試合後のゴール裏で揉め事が起きたりしたんですけど、またそういうのを見てさらに疲れが倍増しましたよ。

2006/10/8(日) 午後 11:04 demenz 返信する

chrischangweさん、内容については何も言うことはないですね。この先の鹿島を考えると、かなり心配になってきました。ただ、田代が復帰してきたのは良かったと思います。ロングボールの競り合いではほぼ勝っていましたし、これからの活躍に期待します。ナビ決勝も視野に入れ、できれば先発で使ってもらいたいです。

2006/10/8(日) 午後 11:05 demenz 返信する

kozy_goby さん 、福岡もそうですが、鹿島にとっても負けられない大事なゲームだったわけで、敗戦直後の選手がヘラヘラ笑っている姿を見ることになるとは思ってもいませんでした。サポがいることも分かっていたわけですし、きっと眼中になかったのかなと。これが鹿島の現実かと思うと悲しくなります。

2006/10/8(日) 午後 11:13 demenz 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。 あの超決定的の場面で終了のホイッスルとは意味がわからない!エリア内で篤人も倒されたにニシュミレーション?まさに八百長試合でしたね。

2006/10/9(月) 午後 0:45 ☆ヒーロー 返信する

顔アイコン

おつかれ様です!なるほど空港でそういうところに遭遇しちゃうとガッカリですね。。。気持ちをすでに切り替えていたってことなんでしょうか!?!?だったら千葉戦はスッキリ勝ってもらいたいもんですねぇ。。

2006/10/9(月) 午後 11:47 しの 返信する

kashimaantlers1993さん、遠征お疲れ様でした。篤人が倒された場面はシミュレーションではないですよね。それと、終了間際の問題のシーンは現場だとよくわからなかったんですが、どうやらハンドの見逃しですね…。録画で確認しましたけど、DFが手で弾いていたようです。ただ、審判の誤審など問題にせず、自分らの力で勝って欲しかったという気もします。

2006/10/10(火) 午後 0:12 demenz 返信する

しのさん、もうこの段階になるとプレッシャーはあまり無いと思うので、これから先はのびのびとプレーして自分たちのサッカーを少しでも取り戻してほしいです。ただ、次の千葉戦はナビスコの前哨戦となるわけですから、そうも言ってられないのかもしれませんけど(汗)....空港での出来事については、帰りの時間をずらせば良かったなと少々後悔しています。

2006/10/10(火) 午後 0:13 demenz 返信する

顔アイコン

ダメダメだぁ( ´△`) アァ-。ダラダラと横パスばっかしちゃって・・・もう、縦パスで一気にシュートまで行けって感じ!!見ててイライラしちゃう!!ホームでのジェフ戦は負けるな〜!!

2006/10/10(火) 午後 5:39 さ 返信する

横パスをただ漫然と回しているだけで、たとえボールを放りこんでも、キープできずにすぐにカットされ逆襲を食らうという場面が目立ちましたね。それと、ゴール前をがっちりと固められた時など、もっと積極的にミドルを打ってほしかったです。とにかくシュートが少なすぎ…。勝とうという意識が希薄だったのが一番ショックでした。次のジェフ戦はナビスコ決勝の前哨戦として大事な試合なので、絶対に勝って欲しいです。

2006/10/11(水) 午後 0:53 demenz 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事