B&B オークランド/パインバレー

ニュージーランドへのミニ留学、エコ旅行、お手伝いします♡

全体表示

[ リスト ]

私の好きな読み物

私の好きな読み物/My Favorite Books




イメージ 1

一月に日本に行った時は、時間があまり無かったので、

ゆっくり本屋で本を選んでいる暇もありませんでした。

通りがかった本屋の突出しに山積みになっていたベストセラーの中から、

「私の渡世日記」と云う高峰秀子さんの本を、咄嗟に選んで持ち帰りました。

分厚くて2冊あるから、しばらくは楽しめそう、という理由も確かにありましたが、

私は元来、伝記物が大好きなんです。

エラい人のことを書いた伝記でも、本人が書いた自叙伝でも、

なんでもいいんです。

かなりどうでもいいような人の本も、ずいぶん読みました。

その人なりの人生を生きて、その人だけのアングルを持っていれば充分です。

だれかの一生を、最初から終わりまで、かいつまんで覗くことが出来るのが

たまらなく楽しくて、アラビアンナイトにでも招ばれた気分に成れます。










イメージ 2

高峰秀子さんは、昨年お亡くなりになったそうですが、

私の世代の女優さんではなく、映画も1〜2本見たことがあるだろうか?

という程度の認識しかありませんでした。

上品でおきれいな方と云うくらいのイメージでしたが、

俳優たちが「河原乞食」と云われた時代から子役で走り回っていたとは夢知らず、

ましてや、5歳から家族を養って働き詰めに働き、学校もロクに行けなかったとは、

はじめから予想外の展開でした。

日本の映画界の興隆から転落までを、現場の女優の目から見た点も、

非常に面白かったですね。

日本映画を少しでもご存知なら、かなり楽しめる本です。

地に足のついた、自分なりの価値観を持った、働く女性の意見本でもあります。







 


イメージ 3


それから、私は料理本読みでもあります。

アメリカで、レストラン業の市場調査みたいなものを長く書いていたので、

一時は必要に迫られて読んでいました。

新しく出た、これというクックブックは、片っ端から買って読みました。

食べ物に関する雑誌もすべて取り寄せ、ニューヨークタイムス紙をはじめ、

あちこちの新聞の料理欄、レストラン批評欄、そんなものは全部読んでいました。

思い起こせば、子供の頃からそこら中を食べ歩き(半分は仕方なく)、

大人に成っても食べ歩きを職業としたようなもので、

一時は自分でレストランをやっていたことさえあります。

アレばかりは二度としたくありませんが・・・










イメージ 4

この「食文化的に痴ホウ集団」であるニュージーランドに移り住んで以来、

そんなものとはすっかり疎遠になり、ほぼ毎日うちご飯。

「食」に関する雑誌は1冊もとっていないし、新聞さえ読まない。

料理本もさっぱり買わなくなりました。

それでも、こちらに来て入手した少数のクックブックの中で、

上の緑の本にはずいぶんお世話になっています。

ニュージーランドの本ではもちろんなくて、パリにある「ローズ・ベーカリー」と云う

小さなカフェ/パン屋が英語で出したクックブックです。

シンプルで実用的なレシピが満載されていて、

店を朝9時に開けて、夜7時に閉めるまでの順でレシピが追われているのも

面白いくくり方だと思います。

料理本読みの方には、おススメです。



***

http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー

閉じる コメント(52)

顔アイコン

随分古い俳優さんをご存知で・・・昔の人は 自分って言うかポリシーを持ってましたね
なんか 考えさせられる話ですね

2012/3/5(月) 午後 11:05 [ ゴロンパ ]

顔アイコン

otoriさん、
5歳の時から職業を持っていれば、所見を持たざるを得ないでしょうが、賢い子供だったのでしょうね。
名子役と云われたそうですから。

お料理学校に行かれたのですかー?
じゃあ、栄養のバランス、バッチリですね。
ポチありがとう。

2012/3/6(火) 午前 3:43 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

しゅうさん、
大袈裟ですよー、ただの楽しみです、本を読むのは。

確かに、人生一度きりしかないから、人の人生を垣間見るのはサンコーになりますデス。
ポチありがとう。

2012/3/6(火) 午前 4:19 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

ゴロンパさん
だれかと思ったら、コロンさんだったのですね。

日本映画はアメリカで好きになりました。
とにかく、黒澤明が神様のように云われている国なので。
でも、この本を読んで、まだまだ知らない映画がたくさん有るんだな、と思いました。

2012/3/6(火) 午前 4:27 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

あなたの伝記についての感想で異人でも異人でも
のぞき見たいとありましたがまったく価値観とか
考えが同じでう〜んとうなってしまいました。
私も小学校のときかび臭い図書室でさまざまな
偉人伝を読みふけり心を開放してくれるような
インナートリップを体験していました。快感でしたね。
小さい頃のプチ心の旅でいろいろな心の体験が
できたような気がします。油絵のようにぬりかさねる
絵の具が今の私を造っているみたいだと感じます。
だからあなたのブログ記事好きだな。読みに来ると
過去の自分に暖かい風が吹いているような気がします。
心の贅沢でしょうね。
高峰さんは秀子さんと峰子さんの区別が小学校のときは
つかなかったのですが映画を観る様になって
なげやりな台詞が違和感がありましたが
目の芝居ができる貴重な女優さんでしたね。
二十四の瞳、放浪記など記憶に残っていますね。
松山善三さんがご主人でしたっけ、私もこの
秀子さんのエッセイ集一冊ありますね。

2012/3/6(火) 午後 5:44 [ takara ]

顔アイコン

忘れてました。
私の好きな高峰秀子さんの映画は
喜びも悲しみも幾年月ですね。
燈台守の夫婦愛の映画です。
一度観てみて。唄は聴いたことあるでしょう。

2012/3/6(火) 午後 6:00 [ たから ]

顔アイコン

あっ! これは失礼しました 日本では古くとも アメリカでは 大分経ってから上映されてますもね 逆も同じですけど・・・ 私はいわゆる洋画が好きで 学校に行ってる時間より映画館にいる時間が長かった・・・(汗)

2012/3/6(火) 午後 11:54 [ コロン ]

顔アイコン

タカラさん、
私は、実は、高峰秀子さんの映画と云われても、あまりピンと来なかったのですが、この本を読むうち、「浮き雲」という映画を、アメリカのテレビで観たのを思い出しました。
長い映画で、前夫と一緒に観たのですが、見終わってどちらからともなく、私たちって夫婦としてあまりそぐわないのではないか、ってポロッと話し始めたんですよね。
思えば、アレが離婚話の発端でした。
別に、この映画の内容とは関係がなかったと思いますが、何故かこの映画が気持ちを正直に、真っ白にしてくれたのでは?と思います。
今まで忘れていたことです。

伝記には、その人の生きた時代背景が、一個人の目を通して書かれていますが、それも魅力のひとつです。
歴史は、記録だけよりも、スタンドポイントがハッキリして、感情が織り込まれている方がずっと面白いですよね。

2012/3/7(水) 午前 4:24 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

たからさん(2)
喜びも悲しみも幾歳月、木下惠介の監督作品ですかね。
タカラさんのお勧めとあらば、探して買い求めてみます。
これから古い邦画を観る楽しいが増えました。
家に「宗方姉妹」というのがあったので、近々観たいと思っています。

2012/3/7(水) 午前 4:41 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

コロンさん、
欧米では、日本の戦前戦後の映画の評価がとても高いんです。
黒沢なんて神様です。 小津安次郎も「オヅ、オヅ」と呼ばれて通のあいだでは崇められています。
アメリカに行くまでは、私も完全洋画派タイプだったので、全くオドロキました。
日本では観られないような古い映画を、テレビでやっていたりするんですよね。

2012/3/7(水) 午前 4:49 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

読書好きでテレビや雑誌でおすすめの本を図書館で予約して読んでます。
テレビも大好きだしつねになんか情報をえていないと気がすまない症候群のようです。
緑のクックブック気になります。こんど探してみようかな。

2012/3/11(日) 午後 9:42 yumimu☆

顔アイコン

映画の話をしたくて遠路はるばるやってきました。
最近観たなかでは「最後の忠臣蔵」が好きですね。
藤澤周平原作の映画は全て気品が漂っています。
蝉時雨なんかは胸が痛くなるような人を想う気持ちが
表現されています。いいから最後は結ばれてよという
気持ちになるすばらしい作品です。
そうだ、最後の忠臣蔵も男のドラマのようですが、
耐えて耐えてやっと幸せになるそのときの一皮むけた
心の動きが好きでしたね。そして男の決心。
ネットで調べて一度観てみて。無理しなくていいけどね。

2012/3/12(月) 午後 10:20 [ takara ]

顔アイコン

素敵なお部屋の写真。。。オモシロい天井ですね。

二度としたくないとまで言わしめるとは・・・
レストラン、大変なんですね。

2012/3/14(水) 午後 10:46 [ さかな男 ]

アバター

高峰秀子さんのことは、お名前はかろうじて知っていても実際に作品を
観たりはしてないんですが、日本映画の銀幕スターで華やかな時代を
生きて来られた方だったのかと思っていました。。。
幼少期からそんな大変な生活をされていた方だったとは!
クックブック、、、さすが、そんな読破なさってたんですね〜
NYの書店で、オシャレだからとホリデーシーズン前あたりになると
平積みになるクックブックの中に、マンハッタンでも高級エリアである
アッパーイーストの奥様達のレシピ本がありました。
ハイソのプロではない奥様ばかりがあえて選ばれているんですが、
そのうちの一人から聞いたところでは、彼女はお料理など全くしたことがなく
子供の頃からメイドさんがお世話してくれたそうで・・・
そんな本でも、サイン入りということで押し頂いた私でした(苦笑)

2012/3/17(土) 午後 5:00 な〜が

顔アイコン

飲食業界誌の記事を書いてらしたんですね!
サスガにいつもブログも素晴らしい記事と感心致しておりました!!
やはりプロの方ですね〜♪

伝記の面白さって有りますよね
読んだ人の数だけ勉強になるし、いろんな意味で励まされます
BBさんも何やら波乱万丈の人生が有りそうに想像してしまいます^^;

2012/3/18(日) 午前 3:04 [ yaya ]

顔アイコン

Yumimuさん
いつも情報を得ていないと気が済まない・・・私もそんなところがあります、最近。
現代病ですかね。
緑のクックブック、ひょっとするとカバーが有ったかもしれません。

2012/4/4(水) 午前 1:45 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

takataさん、
遠路はるばる、映画の話しをしにきて下さったのに、長らく留守をしていてスミマセンでした。
1ヶ月近くも、ブログを休んでしまって・・・
別に何があった訳でもないのですが、夫が来ていて落ち着かなかったのと、新しいプロジェクトが始まったり、恵里さんが仕事を辞めたりして、落ち着きませんでした。
全く、人生、いろいろ有りますよね。
ちょっと一休みにアメリカに戻っています。
やっぱり古巣は居心地がいいと云うか、都会は便利でアリマス。
古い映画も見られる時間が出来ました。
昨日は、ドリス・デイの88歳のバースデーだったそうで、テレビで彼女の映画を連続してやっていました。
古き良きアメリカを代表する女優の1人だったのですね。
明るくて、歌が良くて、楽しかったです。
takaraさんお勧めの映画も、ネットで探してみますね。

2012/4/4(水) 午前 1:53 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

さかな男さん、
お久しぶりです。
写真のお部屋は、奥の#1のスイートですよ。
レストランは、やっぱし水商売ですね。
専門家の方にお任せするのが一番かと思います。

2012/4/4(水) 午前 1:58 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

な〜がさん、
マンハッタンのハイソ奥様のレシピ本ですか、知らなかったですねー。
NYのアッパークラスティーな奥方たちは、いつも黒を着て、アノレクシア的に痩せ細っているのがファッションですから、およそ食べ物からは縁遠い方々ですよね。
ダイヤとパールを光らせるカラスを連想してしまいます。
しばらく行っていないので、今年は友人たちに会いに行きたいものです。

2012/4/4(水) 午前 2:10 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

ママヤスコさん、
波瀾万丈の人生か・・・人ごとだったら面白くていいですが、自分の人生は、そろそろ穏やかな波に乗りたいものです。
上に書いたのですが、昨日はドリス・デイの88歳のバースデーだったらしくて、一日中、彼女の映画をやっていました。
4回も結婚して(そのうち、ロック・ハドソンとの結婚は、親切でしてあげたみたいですが)、今はたくさんの犬たちと暮らしているようですが、先日長年続いた裁判に勝訴して、20億も手に入れたとか。
波瀾万丈ですよね。

2012/4/4(水) 午前 2:19 [ B&B オークランド ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事