B&B オークランド/パインバレー

ニュージーランドへのミニ留学、エコ旅行、お手伝いします♡

全体表示

[ リスト ]

サンフランシスコ、7月19日/ San Francisco, July 19th



イメージ 1


ブーゲンビリアの花が、そこかしこの家々に咲き溢れるサンフランシスコ滞在も

残り4〜5日を残すばかりとなりました。

Haragonさんに言い当てられたのですが、

30年余も長居したアメリカを離れてみたものの、

しばらく経って、また懐かしくなっている、というところです。

懐古趣味なのか、年のせいなのか、

初めてアメリカに来たときのことを、・・・もうとうの昔に忘れていたようなことを、

やたら思い出しました、今回の滞在では。











イメージ 2

例えば、このレモン。

カリフォルニアでは、当たり前の様にどこの家の庭にも有る木ですが、

初めてこの地へ舞い降りた時、寮の中庭の寝椅子に寝そべってみたら、

頭上にレモンがたわわに実っていて、実に驚いたことを思い出しました。

それまでレモンと云えば、サンキストのシールが貼られたものしか見たことがなかったのに、

生きた木に生るものだったなんて・・・と仰天したんですね、ワタシ。

"Hotel California"なんて曲が流行っていた頃のこと。

計り知れなく遠い昔のことなのに、降り注ぐ太陽が変らないせいか、

照り輝くレモン樹を見たとたんに、若かりし我が身にワープしてしまった。










イメージ 3

ニュージーランドの家にも、何本かレモンの木が有って、

今回出て来る時には、それこそ枝が曲がるほどに実っていましたが、

カリフォルニアのはまだ緑色が多いですね。

これは、本当は冬に生るものなのでしょうか?

みかんと一緒かな?

サンフランシスコの気候は、夏も涼しくてオカシイので、

いつ実って良いのやら分からないのかもしれません。











イメージ 4


夫が独り住まいしていることの多いこの家は、

インテリアはセットされていても、一皮剥けば男所帯。

まだ倉庫から出していない食器も多く(いったいいつ日の目を見るのやら)、

キッチンのパントリーはひどい状態だったので、とりあえず片付けました。

バスルームの棚も片付けたし、今回はかなり家政婦をさせられました。

でも、こういう単純作業はストレスにならなくていいですね。

すぐに達成感も得られるし!











イメージ 5

うちを一歩出ると、そこは繁華街。

美味しいレストランが軒並みで、グルメなデリやマーケットにも不自由しません。

上は、イタリアンデリの老舗 "LUCCA" で買って来たラヴィオリ2種。

それぞれチーズとほうれん草入りですが、箱のデザインも素敵。










イメージ 6

これを5分ほど茹でて、マリナラソースやバジルのペストに和えるだけで

美味しい食事が楽しめます。

これが都会の良さですよね。

都会生活とは、他人を詮索することなしに助け合う、

そういうものなんだなと、今回納得した次第です。










イメージ 7

夫の今は亡き父親は医師でしたので、

我が家では、診療所に有った医療器具が家具として活躍しています。

なかでもこの体重計は、とっても重くて古めかしい。

アメリカでは未だに、お医者さんに行くとこれに乗せられるんですよね。

重しを移動して行って、体重を量る仕組みの原始的なものですが、

これが案外正確なんだそうです。


とりとめない日記になりました。

多分、今回の旅の最終編になります。



http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー


***

閉じる コメント(39)

顔アイコン

B&Bオークランドさん、もちろん、体重計とカート気がつきましたよ。体重計、ちょっと余裕がないと無理ですよね。診察室では、デジタル体重計を使っています。カート、タオル入れにマッチしていますね。

2012/7/22(日) 午前 8:41 [ HARAGON ]

顔アイコン

Hotel Californiaは1976年のロックでしたね。
1970年代の西海岸はヒッピーの発祥の地で当時僕が働いていたインドネシアにも大勢のヒッピーが来ました。

1976年と言えばベトナム戦争が1975年に終わった翌年で、ヒッピーたちは一様にLost Generationと言われていましたね。

Hotel Calicorniaは実在しない(しかし、Pink Hotel?と言うモデルはあった?)架空空間に若者が入り込むと言う難しいロックでした。

そんな時期に西岸で青春時代をB&Bオークランドさんは送られたなんて、羨ましい。

僕もそんな時代にNYに出張して車のDodgeを見てその大きさに驚いた記憶があります。アメリカの家具も機能的だがやはりチビの僕のような日本人には圧倒されます。

2012/7/22(日) 午後 6:20 [ taruim1941 ]

顔アイコン

コメントへの返信を律儀に続けているのですね。しかも手抜きでなく。
これは時間取られて大変でしょう。

片付け仕事は自分も好きですよ。モクモクと働けばいいので、結果も直ぐ出るし。

2012/7/22(日) 午後 9:20 Fuku

お医者さんのアンティークな道具。お洒落なインテリアにみえます。
いなかと都会はどちらもいところと不便なところがありますよね。
田舎生まれなので田舎が好きですが、でも、美術展やコンサートは都会じゃないとないしな〜とか。。。
食材は田舎が美味しいけど、お洒落な料理とかいろんな国の料理は都会で食べられるなぁとか

2012/7/22(日) 午後 10:55 yumimu☆

顔アイコン

Haragonさん、
日本で、あの体重計に乗せられたことはありませんね。
でも、ニュージーランドもあれでした。
西洋人、余程あの体重計が気に入っているんですね。

2012/7/23(月) 午前 2:03 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

Taruimさん、
正に、1976年でした。
19歳の夏に、初めて本土へ行って、一夏過ごしました。
本当に留学したのは、それから1年後でしたが、最初の印象は強烈でした。
とにかく、今のアメリカとは似ても似つかないヒッピー文化全盛の頃で、特にSF、バークレーは凄まじく、全てがラビシャンカールの音色とお香やドラッグの煙にまかれているような状態でしたが、そこら中でデモがあり、人々は国のあり方に対して真剣でした。
レッド・ツェッペリンやディランが公園でフリーコンサートをするような時代で、誰もが「イコール」と云うスタンスでした。
バイセンテニアルでしたっけね。

2012/7/23(月) 午前 2:24 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

Fukuさん、
24日まで休暇中なので、その間にブログを楽しんでいます。
今のうちです。

帰ったら4人の男の子たちを2週間も預かる仕事が待っています。
ドキドキです。

2012/7/23(月) 午前 3:57 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

yumimuさん、
そうですね、田舎と都会、どちらにも住めたら最高です。
どちらにも住んでみた経験から言えば、普段は都会で、時々田舎で骨休めと云うカタチが良いように思います。

2012/7/23(月) 午後 2:58 [ B&B オークランド ]

アバター

ん、、、確かに郷愁に浸っておられないとは否めないかな。
それだけ良い所だったということですよね。
家政婦さん業、お疲れ様でした〜
イイねぽちを〜

2012/7/24(火) 午後 0:33 な〜が

顔アイコン

な〜がさん、
正直言って、田舎の生活は大変で、そろそろ音を上げそうです。
自分がアメリカナイズされてたってことにも、今になって気付いた次第で・・・
当たり前ですよね、人生の大半を過ごせば。
イイね、有り難う。

2012/7/25(水) 午前 8:11 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

こんにちはサンフランシスコに30年間も住んでらしたんですね。それは懐かしいですね〜私は今、実家の青森に、帰省中。近い将来帰るつもりでいますが…春から秋までは、青森に、冬は東京でと、いいとこどりの生活ができたら一番いいですね

2012/7/25(水) 午前 9:02 [ ダンボ ]

顔アイコン

まさしく、思い出のサンフランシスコですね。
30年という月日を思えば・・
第二のふるさとと言っても過言ではないですよね。
お気持ち分かりますとも。。

この懐かしいような切ない思いは・・
もう一つあって、若かりしころの自分への郷愁もあるのかもれませんね。
ちょっと、無責任のように思われるかもしれませんが・・
田舎暮らしも、馴染めは、いいものです。(笑)
私も子どもの頃は、県都の駅前に住んでいましたが、いまは、ド田舎。
たぬき、ムジナ、雉子、狐さえもでる小高い丘の団地。
寂しいといえば、田舎はさみしいですが、家族がいますものね。。(o^^o)♪
お互い、頑張りましょうか。。(^^♪

2012/7/25(水) 午後 8:29 宮松里(みやまつり)

3つ前の記事から物語紀行のように読み進めて参りました^^
知らない土地、異国の地の様子を見て、読んでとても楽しいです。
3つ前の一番最初のお写真の椅子に釘付け。
メスの鹿のような形をした?椅子。籐なのかしら。
変わった絵もお持ちでしたね。3Dのような(笑)
美術館でリラックスし過ぎちゃってる(笑)のほほんとしたお顔の作品にも癒されました。
懐古思想、みんなある程度年を経るとそうなるのでは??
ブーゲンビリア、見事です!
こんな情熱的なアーチが家の前を彩るなんて!!
一度見てみたいですね〜^^

2012/7/26(木) 午後 8:56 *NoeL*

久しぶりの訪問です。
珍しいあれこれを見せていただき、知らない世界を楽しませてもらっています。
B&B オークランドさんがブログで取り上げられるものって、センスがよくって心が癒されます。

なかなかお邪魔できないけど、楽しみにしていますね♪

2012/7/26(木) 午後 11:45 ちい

顔アイコン

ダンボさん、
いいとこ取り、したいんですけれど、何分にも国が違って距離がありますから、行ったり来たりが面倒です。
所帯が増えると、何がどこに在るやらも分からなくなって・・・年ですね。
青森と東京なら、近くていいですヨねー、特に故郷だと最高です。

2012/7/27(金) 午前 6:29 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

みやまつりさん、
ズバリですねー、若かりし頃への郷愁ーーー痛いところなんかなくて、朝からもりもり食べられた頃(笑)への郷愁ですよ。
毎日が天国、寿命なんて言葉がリアルだったなって知らなかった頃の事です。
田舎暮らしは、空気も景色も良くて、最高なんですが、きっとこの土地へのなじみが薄いんでしょうね、まだ。
だいたい、ここの田舎はする事が多くて、下男(夫の事ですが)不在の時はてんてこまい。
孫のような年の子を持ったタタリですね〜〜〜。

2012/7/27(金) 午前 6:37 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

ノエルさん、
私も、ノエルさんの記事、物語紀行のようで大好きです。

椅子はイタリアの籐の椅子で、近代家具ですが、私も気に入っています。
住んでいた時は、なかなか行く機会もなかった美術館も、こうしてたまに帰ると行きたくなるものですね。楽しかったです。

沢山の良い思い出が有るからこそ、懐かしい昔ですよね。
ブーゲンビリアも、知らないうちに、そんな懐かしい昔のバックドロップとなっていました。
カリフォルニアの大陽は、ちょっと他と違いますね。

2012/7/27(金) 午前 6:44 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

ちいさん、
ご訪問、ありがとうございます。
昨日、ニュージーに戻りまして、これから忙しくなるので、はてブログはどうしようかと思ったりしています。
まだ旅の疲れでボーッとしていますが。

また、素敵なお庭やお料理を楽しみにしていますね。

2012/7/27(金) 午前 6:47 [ B&B オークランド ]

顔アイコン

白い体重計懐かしい。とは云う物の家に有った物は高さが低い物で
水あめや、砂糖、小豆を計ってましたょ(和菓子を作ってたので。)

身長の差が計りの形にでも出てくるのですね。^^;

2012/7/27(金) 午後 7:16 ハァピープラン

顔アイコン

プランさん、
プランさんところは和菓子屋さんをされてたんですね。
和菓子が大好きなので、羨ましいな〜。
そう言えば、こんな秤の小さいの、ありましたね、日本にも。

2012/8/3(金) 午前 11:57 [ B&B オークランド ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事