B&B オークランド/パインバレー

ニュージーランドへのミニ留学、エコ旅行、お手伝いします♡

旅行

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

東京から戻りました

東京から戻りました/ Back from Tokyo



イメージ 1


娘を夫に預けて、東京へ行っていました。

たった1週間でしたが、色んな意味で有意義で盛り沢山な旅でした。

上は、サンフランシスコを出る時に、飛行機の窓から見えたニュージーランド航空機。











イメージ 2

こちらは、弟のホテルから見た東京の街です。

(いつもは気持ちの良い秋晴れでしたが、この日だけどんよりしていましたね。)

いえ、弟と一緒に行った訳ではなくて、偶然彼に出くわしたのです。

仕事先で、「今、IMFの総会をしているよ」と聞かされ、

家に帰ってテレビを見ると、世界銀行との合同総会だと云うではありませんか。

これはひょっとして?と思って、弟にメイルしてみると、

やっぱり来ていたんですねー。











イメージ 3


なんと2年ぶりでした。

最後に会ったのは、高野山に法事で行った時。

時々スカイプで話したりしていると、何年会っていないかなんて忘れますね。

世の中、バーチャルになったものです。

伯母や従姉妹も誘って、みんなで弟にご馳走になりました。

上は、梨の杏仁豆腐です。

本当に杏の種を使った杏仁豆腐だったので、とても美味しかった。











こちらは、丸の内仲通に在る一保堂のカフェでいただいたほうじ茶のセット。美味でした。
イメージ 4


弟はフラフラしているお姉さんとは大違いのエリートで、

正に世界を股にかけて活躍するエコノミスト。

高校まではまったくの野球バカ、大学で幸か不幸か肩を壊し、

それでも4年間、野球をヤメられず、苦しい下積みを経験し、

毎日、京都の山へ(どの山か知りませんが)走って上がって考えたのだそうです。

結果、姉(ワタシのこと)を追って留学し、世界銀行に入って世の中に貢献したいと

決めた!と言って渡米して来た時には、本当にオドロキました。

「ア、アナタ、英語、ゼンッゼンできないんじゃなかったの?!」と私。











イメージ 5


でも、スポーツで鍛えた人は違うんですね。

毎日山に走って上がって瞑想すれば、人間こうも鍛えられるものか、と云う感じで、

努力に努力を重ね、ずっと賢かった筈のお姉さんなんか、とーっくに追い抜いて、

見事目的を果たされました。

「喫茶店でもやらせて、毎日新聞でも読ませておくしか仕方ないのかなぁ・・・・・」

と、弟の高校時代、成績表を見ながら溜め息ばかりついていた父を思い出すと、

ウソのような話しです。











イメージ 6


怠け者のお姉さんも、今回はなんとかB&Bを宣伝しようと、

東京中を奔走し(ちょっと大袈裟ですが)、かなり良い成果を上げました。

従姉妹や叔母や友人とも会い、8月に泊まりに来てくれた男の子たちにも会えて、

それはそれは楽しい時も過ごせました。


サンフランシスコに帰って来たその日には、

友人の乳がん全快祝いが有って、これまた嬉しい会でした。

上は、どなたかが手作りされたティラミスですが、

乳がん応援マークであるピンクのリボンがアレンジされていて、

素晴らしいですよね。 全快おめでとう!










イメージ 7

こんなホームレスの風景もアメリカですが、









イメージ 8

こんなピケやデモをして、政治参加に熱心なのもアメリカです。

でも、これは何のアピールかと思ったら、

遺伝子組み換え食品に、その事実を明記せよ!!と叫んでいる訳ですが、

日本はとっくの昔にそうされていますよね。

アメリカは、モンサントなどと云う悪い大会社が、その資本力を使って

消費者を騙そうとするので、けっこう遅れているところが有るんですよね。

規制の効かない民主主義は、これだからダメ。

なんでも「お金」が主導権を持ってしまう。











イメージ 9


なんだか長い記事になりました。

少しだけサンフランシスコで息をついて、金曜にはNZに戻ります。











イメージ 10


これが、今回のアメリカ旅行最後の記事かな。
(どこが家で、どこが旅行か分からなくなってきた・・・)



http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー、オークランド


***

アメリカの大統領選ディベート/ Presidential Debate in America



イメージ 1


今、この11月にある大統領選の最初のディベートが放送されています。

夫は、朝から準備にかかっていて、仕事を早く切り上げ、

ポップコーンとビールを用意して待機していました。

わざわざシアトルから訪ねて来る友人にも、空港から勝手にタクシーを拾うように指示し、

私達にも、この時間には家の中で騒がないようにと念を押します。

彼は、民主党と言うよりは、共和党を極端に嫌うリベラル人間ですから、

オバマ氏に落胆したとは言え、ロムニーなどに大統領になられては大変だといきり立っている訳です。



アメリカ人の政治に対する熱さと云うのは、外国人には理解しがたいものかもしれません。

パーティーにでも、共和党支持者と民主党支持者を交えて招こうものなら、

ヘタをするとつかみ合いのケンカになりかねません。

考えてみると、国が始まって以来2大政党に2分されていて、

南北戦争では大変な殺し合いにまで成ったんですものね。

今も一触即発の感があるし、第一みんな武装できる状態ですものね。
(セミオートマティックのガンが簡単に買える国です。)


しかし、これだけ熱くなると云うことは、

大統領選がどう転ぶかによって国が大きく変わることを、誰もが知っているからです。

政治は、こうでないと面白くないのかもね。

誰が成っても一緒だ〜と言うのなら、どうでもいい訳で・・・



しかし、疲れます、この時期に帰って来ると。


http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー


***

サンフランシスコ、7月19日/ San Francisco, July 19th



イメージ 1


ブーゲンビリアの花が、そこかしこの家々に咲き溢れるサンフランシスコ滞在も

残り4〜5日を残すばかりとなりました。

Haragonさんに言い当てられたのですが、

30年余も長居したアメリカを離れてみたものの、

しばらく経って、また懐かしくなっている、というところです。

懐古趣味なのか、年のせいなのか、

初めてアメリカに来たときのことを、・・・もうとうの昔に忘れていたようなことを、

やたら思い出しました、今回の滞在では。











イメージ 2

例えば、このレモン。

カリフォルニアでは、当たり前の様にどこの家の庭にも有る木ですが、

初めてこの地へ舞い降りた時、寮の中庭の寝椅子に寝そべってみたら、

頭上にレモンがたわわに実っていて、実に驚いたことを思い出しました。

それまでレモンと云えば、サンキストのシールが貼られたものしか見たことがなかったのに、

生きた木に生るものだったなんて・・・と仰天したんですね、ワタシ。

"Hotel California"なんて曲が流行っていた頃のこと。

計り知れなく遠い昔のことなのに、降り注ぐ太陽が変らないせいか、

照り輝くレモン樹を見たとたんに、若かりし我が身にワープしてしまった。










イメージ 3

ニュージーランドの家にも、何本かレモンの木が有って、

今回出て来る時には、それこそ枝が曲がるほどに実っていましたが、

カリフォルニアのはまだ緑色が多いですね。

これは、本当は冬に生るものなのでしょうか?

みかんと一緒かな?

サンフランシスコの気候は、夏も涼しくてオカシイので、

いつ実って良いのやら分からないのかもしれません。











イメージ 4


夫が独り住まいしていることの多いこの家は、

インテリアはセットされていても、一皮剥けば男所帯。

まだ倉庫から出していない食器も多く(いったいいつ日の目を見るのやら)、

キッチンのパントリーはひどい状態だったので、とりあえず片付けました。

バスルームの棚も片付けたし、今回はかなり家政婦をさせられました。

でも、こういう単純作業はストレスにならなくていいですね。

すぐに達成感も得られるし!











イメージ 5

うちを一歩出ると、そこは繁華街。

美味しいレストランが軒並みで、グルメなデリやマーケットにも不自由しません。

上は、イタリアンデリの老舗 "LUCCA" で買って来たラヴィオリ2種。

それぞれチーズとほうれん草入りですが、箱のデザインも素敵。










イメージ 6

これを5分ほど茹でて、マリナラソースやバジルのペストに和えるだけで

美味しい食事が楽しめます。

これが都会の良さですよね。

都会生活とは、他人を詮索することなしに助け合う、

そういうものなんだなと、今回納得した次第です。










イメージ 7

夫の今は亡き父親は医師でしたので、

我が家では、診療所に有った医療器具が家具として活躍しています。

なかでもこの体重計は、とっても重くて古めかしい。

アメリカでは未だに、お医者さんに行くとこれに乗せられるんですよね。

重しを移動して行って、体重を量る仕組みの原始的なものですが、

これが案外正確なんだそうです。


とりとめない日記になりました。

多分、今回の旅の最終編になります。



http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー


***

サンフランシスコ、7月14日/ July 14th, San Francisco


イメージ 1


娘の風邪を貰ってダウンしていますが、

先週行って来た場所を2件、アップしたいと思います。

まずは、ゴールデンゲートパークの中にある De Young Museum (デ・ヤング美術館)。

2年ほど前に建て替えられたのですが、素敵な建築です。

ブロンズの壁がとても美しいと思いました。











イメージ 2


紀元前300年ごろのセラミックの彫像。

モダンな感じですよね。

リラックスしている感じがよく出ているなーって思いました。











イメージ 3


カゼをひき始めてた私、横になりたかったのかナ、やたらこの絵に惹かれました。











イメージ 4


これは近代の作品ですが、ガラスです。

女性のドレスが、まるで衣擦れの音が聞こえそうに柔らかく見えます。












イメージ 5

公園内を行くセグウェイの軍団。

どうやら案内人を先頭にしたツアーグループのようです。

別に歩けないほど広い訳じゃなし(かなり広いですけど)、

歩けば良いのにと思ってしまった。










イメージ 6

ヘルメットは大袈裟ですよね。

工事現場のおじちゃんたちみたいな蛍光色のベストも大袈裟ー。

きっと何かで訴えられたときのための準備ですね、さすがアメリカ。












イメージ 7


こちらは、娘と出かけたエル・サルバドル料理を出すレストラン。

前から行きたいと思っていたんですよね。

エスニックな雰囲気でしょー。












イメージ 8

お目当ては、このププサと云うディッシュでした。

もう25年以上も前かな、お祭りかなんかで食べて美味しかったのを覚えています。

その後一度、LAのレストランでも食べたけれど、それ以来です。

ポークとベジタリアンの両方を試してみましたが、期待を上回る美味しさでした!











イメージ 9

ププサについて来たキャベツのサラダ。

油っけがないので、サラダと云うより「お漬け物」かな。











イメージ 10

こちらは娘が注文した「エンチラーダ」。

メキシコ料理にもありますが、エルサルバドル風なのかしら。

ちょっと頂いたら、マッシュドビーンがとっても美味しかったです。




今日、7月14日はフランスの独立記念日ですね。

ラ・マルセイエーズを歌わなくっちゃねー、ワインで酔っぱらって。




http://www.pinevalley.net.nz/
B&B パインバレー

***

サンフランシスコ、7月7日/ July 7th, San Francisco




イメージ 1

今度もすったもんだの末に、やっとたどり着いたサンフランシスコ。

まず、月曜日に飛行機をミスりました。

娘のパスポートを家に忘れてしまったの。

けっこうギリギリな時間に空港へ行く方だから、取りに帰る時間もなく、

完全にアウト。

これで3度目だなぁ、パスポートを忘れて乗れなかったのは。

でも、代わりの便に大枚払わされたのは今回が初めて。











これ、ふろふきポテトみたいなのにオリーブオイルとまさごを合わせたもの。 美味! 大発明かも。
イメージ 2


木曜の便に乗るまでも、いろいろと忙しいことでした。

娘はカゼをひく、私は歯が痛くなる。

私の歯は、もともと抜かなくてはいけないと云われていた親知らずだったけど、

まさか長い国際線に乗る前に抜かれないだろうと、

お薬だけ貰うつもりで行ったら、

「思いきって抜きましょー」ということになってシマッタ。











この絵、売れるみたいです。昨夜、バイヤーが品定めに眺めて行きました。中国の「飯や」の前にテレビが置いてあって、昼メロとかやってる.・・・面白い絵です。
イメージ 3


幸い、とっても腕のいい歯医者で、ジョークを飛ばしている間に済ませてくれた。

ニュージーランドにもこんな歯医者が居たなんて!

私と同じくらいのお年かな、クロアチアから12歳くらいの時に移住してきたとかでした。


そんなこんなでたどり着いたカリフォルニアは、頭が空っぽになるような晴天。

カラ〜ッと湿度もなく晴れ渡り、気持ちの良いことこの上無しです。

空気が光っていて、思い切り軽い。

身体から重苦しい何かが蒸発して行くようでした。










あるショーウィンドウ。 詩の本が並んでいました。
イメージ 4


ニュージーランドの冬は雨がちで、湿度がとても高いので、

きっと気持ちまでクサクサしてたのね。

でも、私が去ったとたんに晴れたそうだから、私のせいだったのかな・・・











イメージ 5

私達の棲み家が改造される前の写真です。

いつ頃でしょうか、20世紀の初め頃でしょうね。

このユダヤ教の教会で、若き日のメヌーヒンがバイオリンを弾いていたそうです。

ユダヤ教では、女性は清廉なものとは見なされず、男性とは別に2階席に座らされたとか。

そればかりか、教会にはシャワーが付いていて、

女性は、いちいちシャワーしてからでないと入れなかったそうですよ。

日本よりひどいですねー。










これもショーウィンドウ。 いったい何を売る店か・・・
イメージ 6


ニュージーランドとは対照的に、一歩外へ出ると繁華街。

東京で言えば、原宿の真ん中に住んでいるようなもの。

先ほどお散歩してきましたが、居ますね〜、いろんな人が。

双子の乳母車を押すお父さん、これ以上キタナクなれないと云う風体のホームレス、

ミニスカートの見事な脚にタトゥーをのぞかせるブロンド美人、

アイスクリームを売歩くメキシコ人のおじちゃん・・・

サーカスさながら。

しばらく楽しめそうです。




http://wwwpinevalley.net.nz/
B&B パインバレー


***

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事