ここから本文です
中国語、日本語教師のBangziです!
春らしい気候になり、家の近くの公園で、桜が咲き始めました!(^。^)
長引いていた風邪もようやく治りそうです。(^_^;)
そんな中、しばらくぶりのブログの書き込みです。

中国語を始めて1年になるSさんが、今月また何度めかの台湾旅行に行き、帰って来ました。台湾では、必要な単語を辞書で調べながら、がんばって中国語を話したそうです。すごいですね〜(^。^)
「通じると嬉しいので、もっと勉強したい」と、やる気十分!
全くの初心者から始められたSさんですが、普段からとても勉強熱心で、1年で入門編のテキストを1冊終了しました。

文法や単語のほとんどを習得してきたSさんでしたが、唯一「発音」にやや手こずっていて、なかなか覚えられないようでした。
テキストは、1冊め終了後2冊めに入り、単語数もどんどん増えて行きます。このまま、発音をあやふやにしておくと、これから先、更に大変になるので、今のうちに対策を取った方がいいと思い、教師として、一つの提案をしました。
その提案とは、「文章を丸暗記する」こと。
丸暗記とは、文字通り、一字一句間違いなくおぼえることです。読んだり、書いたりするのとは違い、暗記するとなると、言葉の意味・文法・発音の全てに注意を払う必要があります。そのため、今までの勉強でちゃんと覚えていなかったり、勘違いしていたことがあれば、それに自分で気づくことができる、大変効果的な学習方法です。
また、一度きちんと覚えれば、その文章は、その後は苦労せずにすらすらと言えるようになり、会話が楽に進みます。
更に、正しい文章を覚えこむことで、言わば回答サンプルを手に入れるようなもの。単語を入れ替えるだけで、いくらでも違う文章にアレンジ可能。つまり、いくつかの例文を覚えるだけで、たくさんのことが言えるようになり、自然と会話の幅が広がるというわけです。

もちろん、発音についても、もし急にわからなくなったり、あるいは、新しい単語に出会って発音の仕方がわからない時でも、覚えた文章を参照すれば、わかるので、大変便利です。

この方法は、正にいいことづくめの学習方法と言えるわけです。
ただ、暗記することは努力が必要なことであり、なかなか難しいのも事実です。

そこで、Sさんには、まず自分で宿題の答えとして書いた簡単な会話文を覚えていただくことにしました。
さすがSさん、旅行のお休みがあったにも関わらず、ちゃんと覚えてきてくださいました。ホント、すごい!
更にすごいのは、暗記してみた感想です。
「暗記してよかったです。本当に自分にあった勉強方法だと実感しました。これからも続けて行きたいと思います。」
素晴らしい!
ぜひ、これからも続けて行きましょう。きっと力になることでしょう。(^。^)

中国語は外国語と言っても、大変日本語に近い言語です。初心者から始めても、努力次第で、Sさんのように1年で大分できるようになります。
新しいことを始めたくなる春。今年は中国語を初めてみませんか?

この記事に

オーストラリアから来た中国人小学生、JOくんJAくん兄弟が来て、あっと言う間に2週間が過ぎ、今回の日本語集中レッスンも無事終了しました。

前回の来日から約2ヶ月でしたが、最初はやっぱり、単語とかいろいろ忘れていたので、まずは、絵カードを使ってゲームをしながら、ちょっとずつ思い出すようにしました。
その後、前回の続き、会話と文法の勉強と、お兄ちゃんは漢字、弟はカタカナの勉強をしました。

いつものように、お兄ちゃんはすごくたくさん努力して、テストは完璧百点満点!
弟はテスト中も甘えて答えを探り出そうとしたり、あれこれと知恵を働かせようとするけど、結局は、ちょっぴりオマケの、やっぱり100点!
ふたりとも、よく勉強してくれました。

今度来るのは、年末か、もう少し先か、また来たら、ぜひまた一緒にお勉強続けましょうね。
また勉強したこと忘れちゃわないように、今度はもう少し復習して来てね(^。^)
待ってます(^。^)

日本語の個人レッスンにご興味のある方は、登録不要・お問合せ無料の下記サイトよりお問合せください。
大人の方も大歓迎です。

教えるのが上手な先生.com
http://oshieru.osakaschool.com

この記事に

オーストラリアに住む中国人兄弟JO君とJA君が、また日本に来ることになりました。
今回は2週間の日程です。

お父さんのお話によると、先月、お兄ちゃんJO君が地元の日本語スピーチコンテストに出場したところ、小学6年生の部で、見事1位を獲得したそうです。
すご〜い!さすが、頑張り屋のJO君‼
日本語を教えた者として、私もうれしいです。

それで、前にも増してやる気になったせいか、来週からまた日本語の集中レッスンに来ることになったようです。
私も、また2人に会うのがたのしみです。

JO君、JA君、毎日レッスンするのはちょっと大変だけど、また一緒に勉強しようね。
楽しみに待ってます(^。^)

この記事に

中国の雲南省へ行かれていた生徒さんが、無事帰って来ました!
(^。^)

お仕事で2週間ほど行かれていたので、日本語の話せる通訳さんもお願いしていたそうなのですが、途中、通訳さんなしで移動する場所もあるからと、出発前に必死で中国語を学んでいた、あのSさんです。

お仕事の都合で、帰国後初のレッスンは、帰国から2週間ほどたってからでしたが、旅の感想を尋ねると、「中国語習っておいて、本当によかったです。習ったことはどれもこれも役に立ちました。」とおっしゃってました。

あんな短時間に集中的にレッスンしたのに、ちゃんと現地で役立てたなんて、スゴイ!
もしかして、「全然通じなかった」なんて言われたらどうしよう...と、少し心配していたのですが、そんな心配はいらなかったようでした(^。^)

通訳さんには「お疲れ様」や「お世話になります」と言って仲良くなり、現地の人とは、「美味しい」などの簡単な言葉で、仲良くなるきっかけができたとのこと。
お友達もできたようです。
「本当に習っていてよかった。何も知らなかったら、どうなっていたことか」と、何度もおっしゃってました。
役立ててくださったのなら、なによりです(^。^)

また、来年1月にも中国に行かれるそうで、それまで頑張ってレッスン続けたいとおっしゃっていました。
実際に話して通じた経験から、ますます中国語が好きになったらしいです。
ぜひ、これからも一緒にレッスン頑張りましょう!(^。^)

ご旅行や出張で、中国語が話せたらなぁ、と思っている皆さん、気軽にレッスン始めてみませんか?
新しい何かが始まるかもしれませんよ。(^。^)

レッスンの詳細、お申込み、お問い合わせは、紹介料無料の下記サイトをご参照ください。
お問い合わせ、お待ちしています。

教えるのが上手な先生.com
http://oshieru.osakaschool.com

この記事に

オーストラリアから来ていた中国人兄弟、JくんとJくんの3週間集中レッスンが無事終わりました。
2人とも、よく頑張ったね。
お疲れ様でした(^。^)

前回のレッスンから1年半のブランクを経てのレッスン再開。
お兄ちゃんの方は、学校の第2外国語で日本語を習っているとのことで、少し期待していましたが、兄弟どちらも、単語など、以前私と勉強したことはほとんど忘れてしまっているという、ややショッキングなスタートでした。
久しぶりの日本での本格レッスン、それも無理ないことではありますが...

でも、レッスンがスタートすると、お兄ちゃんの方は猛烈な興味と、絶大なる吸収力を発揮し、どんどん上達。2日に一度のペースで行うテストも、最後まで全て100点!
正に恐るべき学習能力を発揮した結果となりました。
これには、本人も大満足!
「100点取ったら、ご褒美あげるよ」と、プレゼント作戦を展開したのも、多少効果あったかな...?(^_^;)

弟の方はというと...、お兄ちゃんほどのモチベーションはなく、すぐに遊びたくなっちゃう、まだお子ちゃま。
でもその分、勘が鋭く、考えなくても直感で学び取っていくタイプ。
教科書の問題に、「うーん」と頭を抱えてもがいているので、ヒントを出そうとする瞬間、いきなり正解を書き始めて、驚かされることが何度も。
そして何よりすごいのが、2歳違いのお兄ちゃんに対するライバル心。
お兄ちゃんがテストで100点取って、ご褒美をもらったと聞くと、自分もテストすると主張。そして、どんな手を使ってでも、結果100点をもぎ取り、お兄ちゃんと同じご褒美をもらうという、恐るべきど根性の持ち主!
これが、彼のモチベーションなんですね〜。それでもなんでも、結果毎回100点を取るのだから、すごいものです。(^_^;)

2人とも、それぞれアプローチは異なるものの、すごく頑張って、この3週間で驚くほど進歩しました。
また、11月末に日本へ戻って来るそうで、「その時もよろしく」と、お父さんに今から依頼されました。
喜んで!こちらこそ、よろしくお願いします(^。^)

兄弟ともに、仲良く7月がお誕生日。
最後のレッスン日に、ちょっと早めのバースデープレゼントを渡したら、とっても喜んでくれました。
また11月に会う時まで、今回勉強したことをよく復習して、忘れないでおいてね(^。^)
また、一緒に勉強しましょう(^。^)

日本語・中国語のレッスンにご興味のある方は、登録料無料の下記サイトより、お気軽にお問い合わせください(^。^)
大人の方も大歓迎!

教えるのが上手な先生.com
http://oshieru.osakaschool.com

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事