四川大地震災害支援活動/慶應義塾大学坂茂・松原弘典研究室

ご理解ご支援をお願いいたします。義援金はプロフィールにある口座までお願いいたします

SFC記録

[ リスト | 詳細 ]

本支援活動の口座情報は以下です

口座銀行:東京三菱UFJ銀行
口座支店:東松原特別出張所
支店番号:319
口座種別:普通預金
口座番号:3761620
口座名義:慶応大学四川大地震復興支援室坂茂

bank account in English
ACCOUNT WITH BANK:
THE BANK OF TOKYO-MITSUBISHI UFJ, LTD, HIGASHIMATSUBARA BRANCH
SWIFT CODE:BOTKJPJT
BENEFICIARY's ACCOUNT NUMBER:319-3761620
BENEFICIARY's NAME:Keio University, Disaster relief for China Earthquake
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

080701合同研究会

7月1日(火)に坂研と松原研の合同研究会が行われました。
内容は、四川を訪問した学生4人より
現地での活動報告および今後の活動についてでした。
最初に、土井、谷垣内、楢原より初日から6日目までの
仮設住宅建設のプロセスと現地での生活について報告がありました。
次に、原野さんより7日目に行われたカンファレンス、
小学校視察についての報告がありました。
そして、地震のため使用できなくなった成都市華林小学に8月より
仮設の小学校を建てることが決定したことについての報告もありました。
その後、松原さん、松本さん、原野さんより今回の件に関する
感想および、今後の展望が述べられました。

8月の小学校建設ワークショップの参加希望者を
募ったところ20人の学生が手を挙げました。
今度は前回よりも規模が大きく、
また9月より実際に小学校として使われます。
一人一人責任をもち尽力をつくし
快適に暮らせる小学校を完成させましょう。(楢原圭紘)

6/23構造設計の手塚先生と打ち合せをしました。量産化する際に修正すべき部分に関して話合いました。(松本淳)
On 23rd of June, there was the meeting with the structure engineer, Mr Tezuka.

慶応義塾大学坂茂・松原弘典研究室+西南交通大学建築学院
「四川大地震」救援活動 記者会見のお知らせ

こちらでワードファイルをダウンロードできます。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~mat/080520basicproposal.zip

慶應義塾大学坂茂研究室と松原弘典研究室は、2008年6月26−27日に、成都の西南交通大学建築学院の協力のもと、仮設住宅のプロトタイプの記者発表と被災者用仮設住宅に関する講演会を行います。期間中には中国人建築家による震災後の救済活動に関する意見交換会も開かれます。どうか主旨をご理解ご支持の上、記者会見へのご参加を頂ければ幸いです。

1、日時
第1セッション:2008年6月26日14時−18時
第2セッション:2008年6月27日9時15分−16時

2、場所
西南交通大学九里校区网絡学院国際会議庁(中国四川省成都市二環路北一段111号、中国610031)

3、当日スケジュール
第1セッション:被災紙管仮設住宅
1400−1410 西南交通大学建築学院沈院長 ご挨拶
1410−1440 慶応義塾大学松原弘典准教授講演「日本の都市生活と地震」
1440−1600 慶応義塾大学坂茂教授講演「世界の被災紙管仮設住宅、四川大地震への適用」
1600−1800 仮設住宅プロトタイプ記者公開、質疑

第2セッション:中国建築家による震災後支援活動(「時代建築」共同主催)
0915−0930 西南交通大学建築学院沈院長 ご挨拶
0930−1130 中国本土建築家の震災後支援活動報告(非常建築、劉家琨、都市実践、劉克成など交渉中)
1130−1200 討議
1200−1330 昼食
1330−1530 台湾香港建築家の震災後支援活動報告(朱涛、台湾科技大、謝英俊、王維仁など交渉中)
1530−1600 討議

4、問合せ、事前参加表明先
出席されるメディア関係の方は以下の連絡先に事前の参加表明をいただけますと幸いです。予定に万一変動があった場合のお知らせが確実になります。
 1.日本語、英語での事前参加表明先「慶応義塾大学坂茂研究室」
連絡窓口:松本 淳 助教(男)
  電話:+81-466-47-5111、+81-90-4168-5697(携帯)ファクス:+81-466-49-3536
電子メール:mjun(at)sfc.keio.ac.jp(松本), tokyo(at)shigerubanarchitects.com(坂)
2.中国語での事前参加表明先「北京松原弘典建築設計諮詢有限公司」
 連絡窓口:劉迪(女)
  電話:86-10-8598-3342、86-1381-107-6407 ファクス:86-10-8598-3343
電子メール:office(at)bma.net.cn, ldliudi(at)gmail.com

我々の活動が災害復興に微力ながら力になることを祈念しております。

慶応義塾大学坂茂研究室・松原弘典研究室

Ban and Matsubara Research Laboratories, Keio University
+ Southwest Jiaotong University, Faculty of Architecture
Disaster Relief Activities for “5•12 Wenchuan Earthquake” 

Announcement of a Press Conference

You can download the word file here,
http://web.sfc.keio.ac.jp/~mat/080520basicproposal.zip

On June 26th and 27th, 2008, Ban and Matsubara Research Laboratories, Keio University, will hold a press conference regarding the disaster relief activities for “5/12 Wenchuan Earthquake” with the support of Southwest Jiaotong University, Faculty of Architecture in Chengdu.
There will also be presentations on disaster relief projects and panel discussions by domestic architects in this conference.
It is highly appreciated if you could understand and support our purpose and therefore attend the press conference.

1.Time and Date
1st session: Thursday, June 26th, 2008, 2:00 pm-6:00 pm
2nd session: Friday, June 27th, 2008, 9:15 am-4:00 pm

2.Place
Southwest Jiaotong University, Jiuli Campus, International Lecture Hall (Bei yi duan No. 111, 2nd Ring Road, Chengdu City, Sichuan Province, CHINA 610031)

3.Time Table
1st session: Paper Tube Temporary Houses for Disaster Relief

2:00-2:10 pm Opening Speech by Professor SHEN Zhongwei, Dean of Faculty of Architecture, Southwest Jiaotong University
2:10-2:40 pm Lecture by Associate Professor Hironori MATSUBARA, Keio University
“City Life and Earthquake in Japan”
2:40-4:00 pm Lecture by Professor Shigeru BAN, Keio University
“Paper Tube Temporary Houses for Disaster Relief, Adaptation to Wenchuan Earthquake”
4:00-6:00 pm Public Opening of the first prototype of temporary house, questions and answers at site

2nd session: Activities of Chinese Architects for Disaster Relief
(co-hosted by “Time and Architecture”)

9:15-9:30 am Opening Speech by Professor SHEN Zhongwei, Dean of Faculty of Architecture, Southwest Jiaotong University
9:30-11:30 am Presentations by Chinese Mainland Architects on Activities for Disaster Relief (tentative speakers: Atelier FCJZ, Liu Jiakun, URBANUS)
11:30-12:00 am Discussion
12:00-1:30 pm Lunch
1:30-3:30 pm Presentations by Architects from Taiwan and Hong Kong on Activities for Disaster Relief (tentative speakers: ZHU Tao, Taiwan Technology Institute, Xie Yingjun, WANG Weiren)
3:30-4:00 pm Discussion

4. Contact Information
Please confirm your participation by contacting either personnel below so that you will certainly be informed in case any changes occur.

1. The point of contact to express participation in English or Japanese:
“Shigeru Ban Research Laboratory of Keio University, Japan”.
Liaison: Matsumoto Jun, Assistant Professor (male)
TEL:+81-466-47-5111, Mobile: +81-90-4168-5697
Fax:+81-466-49-3536
E-mail:mjun(at)sfc.keio.ac.jp (Matsumoto)
tokyo(at)shigerubanarchitects.com (Shigeru Ban)

2. The point of contact to express participation in Chinese:
“Beijing Matsubara and Architects (BMA)”.
Liaison: Liu Di (female)
Tel:+86-10-8598-3342、+86-1381-107-6407
Fax:+86-10-8598-3343
E-mail:office(at)bma.net.cn, ldliudi(at)gmail.com

We sincerely hope our activities will be able to exert what little strength we have for disaster reconstruction.

Ban and Matsubara Research Laboratory
Keio University, Japan

本日、シェルターにて現地での災害支援出発前の最後の研究会を行いました。

先週末にシェルター内に建てた仮設住宅を解体し、部材に分けていつでも搬出できるような状態にしておいたのですが、輸送の際、税関を通過するのに、仲介する貿易会社が必要で、その会社探しで滞ってしまい日本で建てた仮説住宅のモックアップを輸送するのは厳しい状態になってしまいました。

昨日の坂事務所でのミーティングの結果、現地で資材を集めて一から建て直すことになりました。

坂茂研究会からは博士課程の原野、学部3年の土井と谷垣内、松原研からは学部3年の楢原の計4名が6月20日(金)の朝に現地へ出発します。中国側でのプレゼンが6月26日なので建設期間が限られますが、現地の被災者のため、また今回研究会で参加を希望して行けなかった方、手伝ってくれた方のためにもしっかり建ててきたいと思います。

帰国は6月27日(金)を予定していますが、現地のネット状況が良ければ随時作業経過を報告したいと思います。

それでは頑張ってきます。

(谷垣内 晶彦)

Today, we had are last laboratory meeting before departing to China.

Last weekend, we've dismantled the mock-up so that we could carry out to China, but since there is some problem with the customs, we cannot take it with us.

In the meeting at Shigeru Ban Architects yesterday, we came to a result of gathering materials and building the mock-up from the beginning.

From Shigeru Ban Laboratory, Harano (doctor course), Doi, and Tanigaito (both undergraduate) and from Matsubara Laboratory, Narahara (undergraduate) will depart for China in the morning of Friday, 20th of June. There's not much time before the presentation which is scheduled on the 26th, but we are going to do our best, for there were some people who wanted to go but can't and many others who helped us along the way.

We will be back in Japan on Friday, 27th of June. If we are lucky to use the net, we will be reporting the work flow on this blog.

We, will work hard to accomplish this task.

(Akihiko Tanigaito)

English translation - Masahiro Tanaka

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事