ここから本文です
新しいブログ→ https://blog.banzaimotorworks.jp

書庫全体表示

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

商品の注文申込時にお知らせ頂く連絡先が「携帯電話番号と携帯・スマホのEメールアドレス」という場合があります。

 この申し込みパターンには、
 とある負の可能性が潜んでいます 

連絡しても電話に出ない
・Eメールを送っても届かない
 (入力したメールアドレスが誤っている)
 (受信できるメールを制限している)

つまり、せっかくお知らせ頂いた連絡先ですが、これでは用をなしません。

こうなると「この注文者は実在するのだろうか」と考えざるを得ない訳です。

またこの問題は、当店だけにとどまらず、お届け先に電話連絡をしようとする配達員にも及びます。



そこで、当店では様々な経験から、注文者に電話をかけて

 ・銀行口座に代金を先に振り込み
 ・クレジットカードで先に支払い

のいずれかをお願いしています。

誠実なお客様にはご不便をおかけしますが、上記のような不徳の事例があるのが実情です。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

バンザイ・モーター・ワークス
イメージ 1
商品は試して、納得してから買いたい!

そんなお客様の声に応えるのが、
当店の「お試しレンタルサービス」です!

その「お試しレンタルサービス」の内容が更にアップグレード(?)したお知らせです。

商品説明ページに矢印の部分を
新しく加筆しました。
イメージ 3



文字が多くてややこしいと思いますので、実例で紹介致します。(以下では、消費税を省きます。)

BMW R1200/1250GS用のハンドルポジション調整キットを、1週間借りて試したいとします。



購入するなら・・・

価格:26,000円(送料込み)
イメージ 2



ひとまず試すなら・・・

1週間レンタル料金は4,800円(往復送料込み)
イメージ 1



1週間試して気に入ったので
商品を買うとすると総額は・・・
4,800+26,000=30,800円

これだとレンタル料の4,800円は高かったな・・・と思う方もいるかもしれません。



でもご安心を!

実は、当初から「お試しレンタルサービス」をご利用頂いたお客様には、商品毎の所定の金額(1,500円)をリベートとしてお戻ししています。1,500円が保証金で戻ってくると考えてください。)

つまり、お客様の実際の支払い総額は 
4,800+26,000-1,500= 29,300円

実質的なレンタル料は3,300円ということです。



当てになるような、ならないようなネット上のインプレッション情報を参考にするよりも、実際に愛車に取り付けて試せる当店の「お試しレンタルサービス」を是非ともご利用下さい。(レンタル商品は限定的ですが・・・)

明日、3月22日から東京モーターサイクルショーが開催されます。

開催場所はお馴染みの東京ビッグサイト

これは、東京の江東区にある大きな国際展示場です。

英文表記だと TOKYO BIG SIGHT

今日は、この名前について。



初めて「東京ビッグサイト」と聞いて、とっさに TOKYO BIG SITE(SITE: 場所、土地、用地)だと思った。

ところが、現地に行くとデカデカとTOKYO BIG SIGHTと書いてある。

イメージ 1

建物が海沿いに面していて、広大な景色が広がるからかな・・・と、一応は考えてみる。

イメージ 2

でも、私の思考が英語モードの場合は発想が違う。

入り口の広場で、TOKYO BIG SIGHT の最後のTが見えない場所に移動。

イメージ 3

TOKYO BIG SIGH(トウキョウ ビッグ サイ)

おもわず「ハァ〜ッ」と大きなため息をつきながら、顔がニヤけた。

2020年真夏のオリ●ピック、観光立国妄想、英語教育義務化・・・せいぜいBIG SIGHにならないように。

これは、分かる人だけ分かればいいですョ。どうせ、我流の冗談ですから。



言葉と文化は非常に密接な関係です。

英語を学んで世界中の人とコミュニケーション!

私見ですが、こんな寝ぼけた戯れ言を真に受けてはいけません。

英語だけを覚えるのは、諸刃の剣です。(または、両刃の剣)

話す相手の文化、国民性、地域性、個性を踏まえて、相手がどう理解するかを予測するのはとても重要です。

面白い例がコレ

世界各国の国民性を表した『沈没船ジョーク』

世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。
しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。
したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…。
さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」

ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」

イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」

中国人に対して・・・「おいしい食材(魚)が泳いでますよ」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

韓国人に対して・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」

北朝鮮人に対して・・・ 「今が亡命のチャンスです」

関西人に対して・・・「阪神が優勝しましたよ」


さて、あなたのコミュニケーション能力はいかに?

バンザイ・モーター・ワークス
バンザイ・モーター・ワークスでは、日本人が快適で安全に大型バイクに乗るならコレ、といったコンセプトで商品を取り揃えています。

その中で、商品を買わずに体験できるのが
「お試しレンタルサービス」です。

本日ご紹介するのは
BMW R1200/1250 RT用
ハンドルポジション調整キット

イメージ 1

装着後は、これだけグリップが変わります!
イメージ 3

費用は1週間コース(7泊8日)4,500円から。

じっくりと、ロングツーリング、高速道路、ワインディングロードを試してみたい方は、2週間コース(14泊15日)をお選び下さい。

※特殊工具はオプションです。

イメージ 2


バンザイ・モーター・ワークス

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事