ここから本文です
バンザイ・モーター・ワークス
個性、快適性、実用性、自己満足を求めるならバンザイ・モーター・ワークス!

書庫全体表示

記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

予想外の人気のBMW R nineTレーサーのハンドルポジション調整キット!

お客様からの指摘を受け、取り付けマニュアルを更新しました。

アクセルワイヤーは従来通りメーターの裏側から回しますが、ブレーキケーブルはメーターとトップブリッジの隙間から出して下さい。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

カフェレーサーを彷彿させるR nineT RACER

近年はどのメーカーも製品化しなかったカテゴリーなので、若い年代の人達には新鮮さがあるかもしれません。

BMWのR nineTシリーズの魅力は、従来のツアラーモデルより軽量なので取り回しが楽なこと。

また、R nineTシリーズに限っては、オーナーの個性に合わせて、様々なカスタムが楽しめるのが一番の魅力だと感じています。

イメージ 1

さて、本題。

スタイルとパフォーマンスは秀逸なのですが、正直言って、あのセパハン(敢えてセパレートハンドルと説明を加えます)が低くてキツく感じるのは、年のせい?

ところが、このポジションがキツく感じるのは私だけではないようなのです。

実は、金額も高いので売れても月に平均2個位かな・・・と思いきや、予想を上回る注文数(汗

このハンドルポジション調整キットは、R nineTレーサーのハンドル位置を、上に89ミリ、手前に108ミリずらします。

イメージ 2

すると、自ずとライダーの上体は持ち上がるので、腕・肩・首・腰への負担が減り、リラックスしたポジションになります。

これなら、R nineTレーサーでもロングツーリングが楽しめると思います!



余談になりますが・・・
設計当初はBMW純正のトップブリッジを流用して、グリップの位置だけ持ち上げれば・・・と安易に考えていたのですが、それだとグリップがカウルに当たることが判明。やむを得ず、専用のトップブリッジを設計したようです。

イメージ 3

非常に高い効果が期待できるキットですが、取り付け作業は一筋縄ではゆきません。

詳細は省きますが、取り付けはご自分ではなさらず、必ず整備士にお願いしてください。

イメージ 4


バンザイ・モーター・ワークス

この記事に

開くトラックバック(0)

BMW K1600GTのハンドルポジションが
ちょっと遠いと思っていた方に朗報です!

百聞は一見にしかず!

まずは、取り付けイメージをご覧下さい!
イメージ 2

イメージ 1

巷では、K1600GTにGTLのツアラーハンドルを流用する事例があるようですが、GTLのハンドルを左右買い揃えると約11万円です!(もちろん工賃が別途かかります!)

ところが、このハンドルポジション調整キットなら、おおよそ4分の1の費用です。↓

イメージ 3


このキットを装着すれば、ハンドルポジションがずっと手前に来るので、上体が自然な感じで起き上がり、これまで我慢していた首・肩・背中・腰へのストレスが軽減されるでしょう。

また、自ずと目線も高くなるので、ツーリングでの景色もよりリラックスして楽しめると思います。

特筆すべきポイントは、装着した部品が露出しないのでパーツの後付け感が出にくいことです。



以下は余談になりますが、K1600のハンドルバーをトップブリッジから外すには、整備士でも想像以上に手間がかかります。

そもそも、K1600のハンドルは分解する事が想定されていないようで、妙な部品構成です。

イメージ 4

作業を始めるにあたっては、トップブリッジの下側(ハンドルを固定しているトルクスボルトのある場所)が狭く、片側に3本のトルクスボルトがついているので、まずは、サイドカウルとコンソールカバーを外して、工具が入る作業スペースを作らなくてはいけません。

そこで、カウル類の取り外し・取り付けが面倒くさいので、新たに作ったのがこの特殊工具です!

高さ13ミリ、長さ180ミリのストレートトルクスレンチ(笑
イメージ 5

これなら、カウル類の取り外しに時間を費やされず、いきなりトップブリッジからハンドルバーを外す作業に取りかかれます。

でも、上向きのトルクスボルトを外したら、元に戻すのにも一苦労・・・なんて事はありません。

商品には、純正のトルクスボルトの代わりに、六角ボルトが同梱されているので、取り付けは一般的なメガネレンチで可能です。



この一連の作業ですが、難易度を5段階で評価するなら4です。

でも、バンザイ・モーター・ワークスが販売する商品ですので、分かりやすい日本語の取り付けマニュアルが付属しているのでご安心ください。


バンザイ・モーター・ワークス

この記事に

開くトラックバック(0)

BCD XMAXのスクリーン2種類と、ウインカー・ブレーキランプカバーセットを実際に手に取って見たい方に朗報です。


イメージ 1

申し訳ございませんが、メーカーの夏休みとお盆休みが重なり、現在は在庫がほとんどありません。

既にご予約頂いたお客様の分+アルファは、8月末の便で到着する予定ですので、今しばらくお待ち頂けますようお願い致します。

とりあえず現物を見たい! という方はラフ&ロード横浜店へGO!

この記事に

開くトラックバック(0)

相変わらず、ネット検索で見つけた安値につられ、フィッシングサイト(偽装ネット通販ショップ)に注文をしてしまう方がいるようです

ネット通販ショップを利用する方は、そのウエブサイトの情報をよ〜く読んで、内容を確認して下さい。

日本語は非常に複雑な言語なので、「てにおは」の誤用、謙譲語・尊敬語・丁寧語が間違っている・・・この程度ならとりあえずは許容範囲かもしれません。

でも、こんな不自然なサイトには要注意・・・いや、即刻無視して下さい。

イメージ 1

できることなら、ウエブページに掲載されている電話番号に電話をかけて、注文したい商品の事を詳しく質問することをお勧めします。

この記事に

開くトラックバック(0)

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事