中国語通訳の手帖

寵辱不驚、閑看庭前花開花落; 去留無意、漫随天外雲巻雲舒

日本世相万華鏡

すべて表示

青い池(美瑛)


イメージ 1
  変わり映えのない毎日ですが、元気に暮らしています。(写真はスマートフォンで撮影したものです。)

  ここ数年でコミュニケーションツールが多様化するにつれて、私たちの日常生活は少なからずその影響を受けました。
  2年前にパソコンを新調したものの、電源を入れること自体めっきり減り、今やすっかり時たま遊びに来る母のおもちゃに化しました。中国のウエブサイトをネットサーフィンする母を横目に見ながら、お年寄りは遅れているねと笑ったりしています。
  日本最後のガラケーにするぞと豪語しておきながら、私のスマートフォンは3代目になりました。ニュースやメールのチェックもチャットも、YouTubeの観賞も写真撮影もスマホ一台で済ませるようになりました。日々の仕事もアプリ一つで、パワーポイントを読むことも出来れば、毎日の決済や勤怠管理でタイムカードの打刻も出来てしまいます。気がついたら、スマートフォンをいじっているという時間が長くなりました。

  昨日、面白いツイッターを読みました。「家に電話がないのが普通」の時代に生まれて、「家に電話がないのが普通」の時代まで生きてくることが出来た、とありました。
  ここへ来ると、生活スタイルは思った以上に大きく変化したような気がしてなりません。
  良いことか悪いことか、時代は確実に変わりました。

  とりわけ今私が身を置くIT業界では、日々接する言葉の変化で肌が風を受け止めるように、ごく自然にそれを実感しています。
  私の中では、今年のキーワードはIOTと人工知能。
  これから10年先の未来はどう変わっていくか、想像すら難しくなりました。

  未来学という学問があり、それを研究する学者が存在し、研究成果を時々発表しています。未来学の権威によれば、2030年までには地球上の仕事の5割にあたる20億の仕事がなくなるでしょう。ウェブ教育が広がって、教師がなくなり、無人運転の普及で運転手の仕事が消滅します。そして3D印刷の技術が発達して、荷物を持たずに旅に出る事が可能になります。
  未来を想像することは難しいので、想像することをやめました。

  ただ一つ確実に言えるのは私と関わりの深い通訳翻訳業も間違いなく消えていく20億の仕事のうちに入っているでしょう。文芸翻訳などのように人間の感性が問われる部分や趣味嗜好として技術に依存しない部分を除けば、人工知能が私たちの代わりに上手に働いてくれる日はそれほど遠い将来ではないでしょう。

  それより、目下気を揉んでいるのは、スマホばかりいじって、およそ知的な生活と無縁な生活を送っている私は、まともに日本語の読み書きができなくなること、悲しいかな、これだけは想像するまでもなく、確実に言えることです。

その他の最新記事

すべて表示

自己流チャーハンその2

2017/3/26(日) 午後 1:07

  むか〜しむかし、テレビで周富徳さんかその弟の富輝さんがチャーハンを美味しく仕上げるコツを伝授するのを見たことがありました。なるほどこういうちょっとした裏技を利かせればいいのかと、目から鱗の記憶がありますが、今となっては、どん ...すべて表示すべて表示

自己流チャーハン

2017/2/13(月) 午後 11:55

野菜さえあれば、なんでも美味しくなります。 美味しいごはんさえあれば、幸せに近づきます。 幸せのためなら、いくらでも食べられる気がします。 さあ、いくらでも食べてやります。

謹賀新年

2017/1/5(木) 午後 11:41

  明けまして、おめでとうございます!   遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。   昨年の抱負は1キロ減量でしたが、目標達成とならず、がっくりしました。   今年は引き続き1キロ減量、そして仕事も趣味も楽しくやっ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事