中国語通訳の手帖

寵辱不驚、閑看庭前花開花落; 去留無意、漫随天外雲巻雲舒

日本世相万華鏡

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

青い池(美瑛)


イメージ 1
  変わり映えのない毎日ですが、元気に暮らしています。(写真はスマートフォンで撮影したものです。)

  ここ数年でコミュニケーションツールが多様化するにつれて、私たちの日常生活は少なからずその影響を受けました。
  2年前にパソコンを新調したものの、電源を入れること自体めっきり減り、今やすっかり時たま遊びに来る母のおもちゃに化しました。中国のウエブサイトをネットサーフィンする母を横目に見ながら、お年寄りは遅れているねと笑ったりしています。
  日本最後のガラケーにするぞと豪語しておきながら、私のスマートフォンは3代目になりました。ニュースやメールのチェックもチャットも、YouTubeの観賞も写真撮影もスマホ一台で済ませるようになりました。日々の仕事もアプリ一つで、パワーポイントを読むことも出来れば、毎日の決済や勤怠管理でタイムカードの打刻も出来てしまいます。気がついたら、スマートフォンをいじっているという時間が長くなりました。

  昨日、面白いツイッターを読みました。「家に電話がないのが普通」の時代に生まれて、「家に電話がないのが普通」の時代まで生きてくることが出来た、とありました。
  ここへ来ると、生活スタイルは思った以上に大きく変化したような気がしてなりません。
  良いことか悪いことか、時代は確実に変わりました。

  とりわけ今私が身を置くIT業界では、日々接する言葉の変化で肌が風を受け止めるように、ごく自然にそれを実感しています。
  私の中では、今年のキーワードはIOTと人工知能。
  これから10年先の未来はどう変わっていくか、想像すら難しくなりました。

  未来学という学問があり、それを研究する学者が存在し、研究成果を時々発表しています。未来学の権威によれば、2030年までには地球上の仕事の5割にあたる20億の仕事がなくなるでしょう。ウェブ教育が広がって、教師がなくなり、無人運転の普及で運転手の仕事が消滅します。そして3D印刷の技術が発達して、荷物を持たずに旅に出る事が可能になります。
  未来を想像することは難しいので、想像することをやめました。

  ただ一つ確実に言えるのは私と関わりの深い通訳翻訳業も間違いなく消えていく20億の仕事のうちに入っているでしょう。文芸翻訳などのように人間の感性が問われる部分や趣味嗜好として技術に依存しない部分を除けば、人工知能が私たちの代わりに上手に働いてくれる日はそれほど遠い将来ではないでしょう。

  それより、目下気を揉んでいるのは、スマホばかりいじって、およそ知的な生活と無縁な生活を送っている私は、まともに日本語の読み書きができなくなること、悲しいかな、これだけは想像するまでもなく、確実に言えることです。

開く トラックバック(1)

我的那棵樱树

      櫻花樹是一種蘊含著瘋狂能量的樹。
      一棵樹要花上一年的時間, 沉默一年,等待一年,只為了在短短一個星期的花期裡燃燒自己。 然後在一場突如其來的春雨中撲簌簌飄零而去,化成一点春泥。
 
      十多年前, 我們去相模湖參加志願者植樹活動时,買回了一株小小的櫻樹, 瘦弱的樣子,讓人憐愛。抱回家,種在院子裡,誰都沒有在意。 小樹卻一天天長大了,扎下根的第二年, 稀疏的枝條上就迫不及待似的綻開了淡淡的粉紅的櫻花。 枝條一年比一年彖圈げ嵬薜貲比一年密。漸漸的,每年一到花季, 左鄰右舍走過我家門前,都會停下腳步,笑瞇瞇地仰頭看一會花, 掏出手機拍幾張照片。就连每年為我家送燈油的大叔也打趣說, 你家最好找了,記住櫻樹準沒錯。
 
      不知不覺中,櫻樹高過了電線桿, 枝葉從院子裡漫出去,有卡車開過時,呼啦啦地搖來搖去。 好心的鄰居有時會搬來梯子,幫我剪枝。 可是還是趕不上它滋長的速度,我越來越擔心, 它的枝葉會不會刮斷電線,造成小區停電; 它的不斷擴張的樹根會不會拱破鋼筋水泥的院牆。 鄰家阿姨也和我一起擔心。
 
      終於有一天, 在這種憂慮即將壓垮我們的時候,有一天,回到家裡, 我發現它繁茂的枝葉消失得無影無踪,只剩下一棵泛青的樹幹, 风吹过时,再也没有树叶摇动时沙沙的声音,也没有脚下深浅斑驳的树影。 旺盛的生命力使它失去了伸張的機會,那樹幹孤零零的矗立在那裡,顯得十分無助而單薄。
     那天, 我有些莫名的不安和不捨。
 
      失去櫻樹的第二年,我搬家了。住進了公寓, 再也沒有种樹的機會了,有的只是滿目的鋼筋水泥森林。

私の出会い系サイト

 日曜日の下り電車はほどほどに空いていました。
 空いている席に腰掛けて、iPadを取り出して開くと、「それ、大きいね」と声をかけられました。
 父親ほどの年齢でしょうか。隣に座る老紳士が心持ち覗きこみながら、しきりに感心しました。
 「なかなか立派ですね。」
 「そうですね、持ち運びにはちょっと大きすぎたかもしれませんけどね。」
 「それ、何ができるの?」
 「まあ、ニュースを読んだりすることができます。」就職するとこれまでのようにリアルタイムでニュース番組を見ることができなくなる、それを見越して昨年の9月に購入したiPadです。
 「ほ〜お、今、みんな持ってるんだけど、そういう使い方をしているんだね?!」周りを見ると、6、7割くらいの人たちは何かしらのスマートフォンを一心不乱にいじっていました。
 「ほかにも色々な使い方があって、音楽を聞いたり、映画を見たり、ゲームをしたり、あと、知りたいことを検索したりすることもできますよ。」
 「なるほど、そんなにいろんなことが出来るんですね。で、知りたいことはなんでも調べられるの?」
 「大丈夫ですよ。知りたいことのキーワードを書き込めば、すぐたくさんの情報を調べあげて教えてくれるようになっています。」
 Googleのトップページを出して見せました。「こんな感じで今日の主なニュースがすぐ見られるようにまとまっています。」
 老紳士はますます興味が湧いてきたようで、腰に巻いている黒色のウェーストポーチを手探りでファスナーを引き、古い文庫本を取り出しました。
 「じゃ、例えばこういう本もそれで読めるの?」
 内田百里痢悵に捨鷦屐戮任靴拭
 「さあ、それは著作権の問題があるので、これで全編を読むのは多分無理だと思います。でも、検索くらいはできますよ。」
 Googleに「内田百」と入れて、Wikipediaにつなげてみました。
 「ほほ〜、出ましたね。こういうのも載ってるんだね」
 「そうですね。結構便利なもので、例えばここの作品リストに知りたいものがあると、指で押すだけでその作品の解説を読むことができます。」
 『阿房列車』をクリックしてみせました。第一阿房列車、第二阿房列車、第三阿房列車とずらりと長文の解説が表示されました。
 「それは面白いですね。おじさんは紙の本に慣れてるから、新しいものにはついていけないけど、いいものを見せてもらいました。ところで今の人はどんな本を読んでるの?最近読まれている女性の作家は誰かな?」
 「さあ、最近の女流作家ですか。」頭を巡らせてもぱっと思いつかず、うむ〜と唸りました。
 「ごめんなさい。あまりよく知らなくて・・・」
 「じゃ、どんなのが好きですか。」
 「昔の作家ばかりで、例えば幸田文さんとかが好きです。」
 「なるほど、幸田文、それはいいね。それなら、白洲正子も読めばいいと思いますよ。」
 「はい、少しだけ持っていますので、いつかもっとじっくり読みたいですね。」
 電車はスピードを落として駅にすべり込みました。
 腰を浮かして軽く一礼すると、老紳士はにこやかに手を振りました。
 「ありがとう!楽しかったです。」
 いい出会いでした。
 
 
 

千人針のスーツ

 「着なくなったスーツがあるんですけど、よかったら使ってもらえないかしら。」
 というわけで、同じ仕事で切磋琢磨をしてきた友人と会いました。
 いつも背中を押していただき、就職直前に「元気で頑張ってきてね」と笑顔で送り出されて早4ヶ月。
 久しぶりの銀座三越「ハロッズ・ザ・プランテーション ルームス」、優雅なひとときを過ごしました。
 
 会社員生活を始めてからというもの、洋服を買わなくなりました。
 上司からはやんわりとだったり、単刀直入だったりで、プロフェッショナルたるものはスーツを着用するものだと三、四回諭された後、毎日スーツを着るようになりました。
 センスに自信があるわけではないけれど、これだって女の端くれだから、おしゃれの一つや2つはしたい。
 「お客様に会うことが多いんだから、やっぱりスーツがいいでしょう。」上司は決して妥協しようとしない。
 そして色のコーディネーションにも一家言を持っているらしく、茶色とグリーンがアジア人の肌色に合わないと聞かされてから、隠れて着るようになりました。
 それにしても大したものですね。他社の技術者はみな、「今三丁目の公園の砂場で遊んできました」といった格好で打合せに来ているのに、我社の男性社員は全員ビシっとスーツでキマっています。たとえ若干の中国人社員のダボダボなスーツでもそのスタイルだけは決して崩しません。
 女性社員は各々カラフルな洋服を身にまとっているというのに、私に男性社員の基準を求めてきます。
 
 以来、洋服代という必要経費がかからなくなった上、朝のお出かけの準備がうんと楽になりました。ものは一長一短です。
 しかし、会社のそんなことを一言も口にしていなかったのに、いつものように友人は気にかけてくれました。
 「会社ってスーツを着るんでしょ?そんなの買うことはないわよ。みんな着てないんだから、全部もらってきたら。」
 温かい言葉に感激し、千人針を携えて出征する兵士の気持ちがわかりました。
 
 「当分こっちに帰ってきそうもないですね。」
 当分帰らないでしょうね。まだまだ色々なことを覚えなければなりませんし、微力ながらも必要とされています。望まれたことをすればそれだけ喜んでもらい、そして喜びを覚えています。
 いつか自分の役目が終わる日があるかもしれませんが、それまではこの会社の力になろうと考えています。
 たとえ去る時があっても、決して手ぶらで帰らせません。利用出来るだけこの会社を利用してください。今のうちにたくさん勉強しておくようにと、入社した際、上司に言われました。器の大きい上司です。
 
 いつでも話を聞いてくれる友人に恵まれ、やり甲斐のある仕事に恵まれ、幸せとはこういうものではないでしょうか。
 

謹賀新年

 正月早々、年賀状のすったもんだで大騒ぎしましたが、それでもいつものように松の内が明けました。
 
 いよいよ我が家にも赤紙が来るのではないかと気を揉みました。どうか彼の島騒動は今年収まりますように。
 
 師と仰ぐ方々からの年賀状、図らずも同じメッセージが届きました。
 
 
 九月に出版された歌集『な忘れそ』で、一九二八年生まれの歌人橋本喜典さんは、そのあとがきに、―敗戦後のあって欲しいと願った国の姿はこういうものであったのだろうかと慨嘆し、かっての悲しみを、悲劇を忘れぬことは生き残っている者の務めであり、道徳なのである。―と決意を表明しています。
 敗戦という犠牲の末に手にした「不戦の誓い」 、いまや累卵の危うきに瀕しております。勇ましいことを言い募っていさえすれば、国家の安全も保たれるがごとき言辞を弄する面々がおりますが、認識不足であります。
 忘れない、ということを忘れない!
 この子らに戦はさせじ七五三。
 十二月八日の天声人語に紹介されていました。
 
 
 
 この処、八十路も半ばに近く、体力の劣化に加え短気と涙脆さが交雑する情緒不安定が顕著になってきたようです。
 これは、濡れた古障子すら破れそうにない、目立ちたがり屋の耄碌じじいが、時代錯誤も甚だしい、改憲だ徴兵だ核武装だなどと、見栄をはって暴走する醜い姿に腹を立て、それに同調しはしゃぎ過ぎている無知蒙昧な輩が哀れに思えて涙したのがきっかけのような気がします。
 僕らは先の大戦で武力の争いの愚かさを学び、紛争解決の手段として武力行使は永遠に放棄すると決めたのです。今、喫緊の課題は、賢く思考力の豊かな外交力の結集だと思います。昭和の頃、銃弾の下を生きた老人は、幾許もない残照の日々を穏やかな世で終わりたいと希っています。
 冬の夜も命落ちゆく砂時計
 
 
 

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事