日本バプテスト川越キリスト教会 Baptist Kawagoe

加藤享牧師,山下誠也協力牧師の礼拝説教・教会週報のメッセージ、イベント・行事案内

全体表示

[ リスト ]

[聖書]マタイによる福音書2章1〜12節
イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

[序]闇の力を奪う光の到来
2000年前にイエス・キリストが十字架で死なれた後、世界を支配するローマ帝国内にキリスト教が広まりました。4世紀になってローマ皇帝までもがキリスト教に入信しますと、キリストの誕生を国をあげて盛大に祝おうということになりました。

しかし既に300年以上前に、世界の片隅ユダヤの田舎町ベツレヘムの家畜小屋で生まれたイエス・キリストです。誕生日の記録など残っていません。そこでローマで盛大に祝われていた冬至の祭りを切り替えて、クリスマスを祝うことになりました。北半球の冬至は、一年の中で一番夜が長い日です。これから光が次第に輝きを増して昼が長くなっていきます。闇の力を奪い世界を明るくしていく救い主の誕生を祝う最も相応しい日だと考えられたからでしょう。

新約聖書にはイエス・キリストの生涯を記した福音書が4つありますが、誕生物語はマタイ福音書とルカ福音書にしかありません。ルカ福音書では、野宿して羊の番をしていた貧しい羊飼いが、ベツレヘムの家畜小屋の飼い葉桶に寝かされている赤ん坊の救い主を一番最初に礼拝しに来たと記されています。豊かな教養人で医者のルカは、貧しさのただ中に誕生してくださった救い主に、注目しています。

一方、新約聖書の最初の書マタイ福音書は、選民意識の強いユダヤ人を対象に旧約聖書とのつながりの中で救い主の誕生を記しました。そこではイエス・キリストの誕生を祝った最初の礼拝者が、はるか東方の国から星に導かれてやってきた博士たちだったと語っています。ユダヤ人は外国人を異邦人といって差別・軽蔑し、汚れるからと言って交際しません。その異邦人が、ユダヤ人が大事にしてきた預言書の示すベツレヘムへ向ったのに、都の王やユダヤ教の指導者たちは、拝みに行こうとはしなかったのです。

選ばれた神の民だと誇るユダヤ人にではなく、異邦人に喜び迎えられた救い主の誕生――今日はこの記事からクリスマスメッセージを汲み取りたいと示されました。

[1]人種差別・偏見の根深さ
私は国際日本語教会牧師として、10年間シンガポールで暮しました。シンガポールは中国人、マレー人、インド人その他種々雑多な人種が、仲良く一つの国を作り上げていこうとしています。人種が違っても皆シンガポール人だ。one people ,one nation,we are Singaporians これが国家のスローガンです。日本に次いで経済水準が高く、政治家・警察官の汚職が少なく、清潔で平和な国です。世界の手本になる国だと感心していました。

ところがあの9.11事件後にシンガポールでもイスラム過激派の爆破計画が摘発されると、中国人の間に、イスラム教徒のマレー人に対する嫌悪感が急速に広まりました。政府は大臣総出で中国人とマレー人の融和をはかりました。隣国マレーシアでは首都クアラルンプールで、或る長屋で起きたマレー人とインド人の喧嘩が、たちどころに全市に広がり、警察官総動員で鎮圧して、暴動化を防ぎました。

このように人種間の偏見・差別・嫌悪感は、政府の普段の努力にもかかわらず、何かの社会的要因が働きますと、火山の噴火のように突然表に噴出して、恐ろしい結果を生じることを、シンガポールに身を置くことによって、私は身近に経験したのです。さて私たちの国日本はどうでしょうか。

つい先週のことです。戦後35年経ってから在日朝鮮人約95000人が北朝鮮に帰還したその後についての報道がありました。理想の国になったという故国に、胸を膨らませて帰国したのに、案に相違して厳しい階級社会で最下層の悲惨な生活を強いられたのだそうです。その内の200人がやっと逃亡に成功して日本に戻り真相を語り始めたというのです。ではどうして偽りの宣伝に騙されて帰還したのでしょうか。それまでの日本での生活も朝鮮人だと分かればまともな職につけず、差別と軽蔑の中で惨めな貧しさを余儀なくされていたからだったそうです。日本人として本当に申し訳ない話です。 
私はあらためて、教会の本棚にあった「在日コリアンのアイデンティティと日本社会」という本を読んでみました。そして在日と言われる人々が、日本の社会でどのように生きてこられたかを学び直しました。日本は1910年に朝鮮を併合してから敗戦までの35年間、朝鮮半島で名前を日本式に変えさせ、日本語を話すよう命じるという同化政策を行いました。

日本社会は集団で行動する指向が強い社会です。個性や異質な存在や少数者を認めない傾向が強い社会だと言われています。その上日本に支配されている朝鮮人は、  日本人よりも劣っているという偏見・差別があります。ですから朝鮮から日本に移ってきた人たちは、コレアンがコレアンらしく生きることを許さない強い圧力の下で生きることを余儀なくされてきたのです。そして私たち日本人はそのことに、気が付かないで来たのでした。今でも在日と言われる人の90%以上が、朝鮮名を名乗らず、日本名で暮して居られるのです。

関東大震災の折には、朝鮮人が井戸に毒を投げ込んでいる、暴動を起こそうとしているという風評は広がり、東京ばかりでなくこの埼玉県下でも、大勢が殺されました。原爆が投下されて広島が廃墟になった時、日本人の遺体が片付けられた後も、在日朝鮮人の遺体はいつまでも野積みにされ、カラスに食い散らされていたそうです。丸木夫妻は原爆の図に、烏という題でコリアンの痛ましい姿を画いて、日本人の根深い差別を告発しています。

[結]人種差別を乗越える救い
さてヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでイエス・キリストが誕生されました。
東の国の占星術の学者たちが、異常に輝く星からユダヤに新しい王が誕生する告知を読み取りました。恐らく文明の発祥地ユーフラテス河の豊かな流域にあるバビロンの学者だろうと言われています。彼らは約2000km北海道から九州までの遠い道のりをらくだに乗り、星の光を頼りにエルサレムまでやって来ました。

都のヘロデ王の城には新しい王は誕生していませんでした。祭司長・律法学者たちは、旧約聖書のマラキの預言から、ベツレヘムだろうと答えました。博士たちは  ヘロデの城を後にして南に向うと、星が再び現れて彼らを導いてくれました。彼らは母マリアと共に居られた幼子の前にひれ伏し、黄金・乳香・没薬を贈り物として献げて、帰って行きました。

バビロンに暮す異邦人の博士たちが、2000kmも旅して、ユダヤの国までわざわざやって来て、小さな田舎町に貧しい姿で誕生した赤ん坊の前に、ひれ伏して拝みました。貴重な宝物を献げました。どうしてその様なことが出来たのでしょうか。  バビロンから見れば、ユダヤは世界の片隅の小さな国でしょう。しかも社会的に卑しい階級のマリアに抱かれた幼子です。

どうして博士たちは拝めたのでしょうか。星の光に導かれてでした。神さまの示す真理の光に忠実に従ったからでした。新しい世界は人種の違い、階級の違いを乗越えることによってもたらされるのだという神さまの真理を現わす新しい王の誕生、それがクリスマスなのです。この王はやがて十字架にかけられて死んでいかれました。全ての人の罪を一切ご自分の身に引き受けて、死んでいかれました。このイエス・キリストが私たち一人一人の心の内に、救い主として迎えられる時に、闇は力を失い、救いの光が全地をあまねく照らす新しい世界がもたらされるのです。

私たちは一人ひとり皆違います。お互いの違いが豊かな命を生み出していくのです。その違いを喜び合うことです。区別に妬みや軽蔑が加わると、差別になります。差別が嫌悪感や憎しみ・恐れを抱かせ、排除・闘争・殺し合いに進みます。

博士たちが別の道を通って帰って行った後で、ヘロデ王はベツレヘム一帯の2才以下の男の子を皆殺しにしました。この様な心が世界を闇にしていくのです。ヘロデや祭司長・律法学者たちが博士たちと一緒にベツレヘムの幼子にひれ伏して誕生を祝えたら、ユダヤの歴史は変ったことでしょう。

博士たちの心を持たなければなりません。私たちの心から何としても差別を、ことに人種差別を取り除かなければなりません。イエス・キリストを私たちの心に新しい王、救い主としてお迎えいたしましょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事