日本バプテスト川越キリスト教会 Baptist Kawagoe

加藤享牧師,山下誠也協力牧師の礼拝説教・教会週報のメッセージ、イベント・行事案内

全体表示

[ リスト ]

2013年1月1日川越教会新年礼拝
生きる喜び(前半)
                加藤 享
[聖書] マタイによる福音書251430
天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。 それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。早速、五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。 同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。 しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。
  さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』
  次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と  一緒に喜んでくれ。』
  ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』 主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。 さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。 この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」
 
[]  明るい期待を抱いて
 新年、明けましておめでとうございます。2013が始まりました。この1年365日に、どんなことが待ち受けているのでしょうか。皆さんは明るい期待をしておられますか?
 
 ある人がこのように書いていました。「生きる意味を求めることは、若い人だけのものではない。中年になっても同じである。むしろ年をとると、その問いは深刻になる。自分は本当に生きているのだという充実感が、年と共に少なくなってきているからだろうか。」皆さんは如何ですか?
 私は去年の5月4日で80になりました。1年を振り返りますと、剣道の稽古量が、無理をしないようにと自分の体をいたわった結果、合計103回でした。2010年は147回、2011年は交通事故で7週間休養したために117回。去年の目標は150回だったのです。剣道ばかりでなく、矢張り仕事のスピードも量も減りました
 
でも身体の大事な部分は、昨年末の精密検査でどこも異常なしでした。喜美子も身体の精密検査は異常なしでしたが、骨粗しょう症からくる腰椎の圧迫骨折の痛みが暮れになって再発して、動けなくなりました。幸いにも少しずつ痛みが和らぎ、回復してきました。大変ご心配いただきまして、有難うございました。
 
 85までは現役でお仕えしたいと申し上げてきましたが、さて神さまがどのようにお考えでしょうか。しかし私自身は、皆さんの温かい愛に包まれて、実に明るい前向きの気持で、新年を迎えました。嬉しいのです。前途が明るく輝いているのです。自分でも不思議です。その信仰を、お分かちさせて頂くことにしました。
 
[1] タラントンを僕に預けた人
 今日の聖書の箇所は、皆に親しまれている「タラントンのたとえ」です。或る人が長期間家を留守にすることになりました。そこで使用人3人を呼んで、それぞれの力に応じて、5タラントン、2タラントン、1タラントンを預けました。かなり日がたってから、主人が帰って来ました。
 
5タラントン預かった者が、商売して5タラントンを儲け、合計10タラントンを主人に差し出しました。2タラントン預かった者もやはり2タラントン儲けて、4タラントンを差し出しました。主人は大変喜んで、この二人に言いました。「忠実な良い僕(しもべ)だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ
 
 1タラントン預けられた者は、預かったお金を失うことを恐れて、穴を掘り地の中に隠しておきました。そして増えも減りもしなかった1タラントンを差し出しました。「怠け者の悪い僕だ」彼は厳しく叱られて、外の暗闇に追い出されてしまいました。主人は預けたお金を増やすことを期待していたのです。「埋めておくぐらいなら、銀行に預けておくべきだった。利息付で返してもらえたはずだ」タラントンを預かる、財産を管理するとは、それを一生懸命に運用して増やすことなのでした。
 
 タラントンとは当時の通貨の単位の一つです。労働者1日分の日当が1デナリオン。6000デナリオンが1タラントンです。今日の日当を仮に5000円としますと3000万円。相当の金額です。テレビ等によく出演する人をタレントと言いますが、タラントンから生まれた言葉です。なにしろ1タラントンでも3000万円なのですから、何時しか才能のある人を言う言葉になりました。
 
 しかし主人は、3人の僕にそれぞれの力2515)、すなわち能力に応じて預けたのですから、才能そのものをタラントンと呼んでいるわけではないことが分かります。では主人が預けたタラントンのたとえで、イエスさまは、私たちに何を預けたと考えておられたのでしょうか。 (後半へ続く)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事