日本バプテスト川越キリスト教会 Baptist Kawagoe

加藤享牧師,山下誠也協力牧師の礼拝説教・教会週報のメッセージ、イベント・行事案内

全体表示

[ リスト ]

2013年8月4日川越教会
               何を大切にして生きるか(後半)
〜 ダニエル書1章1〜21節〜
     加藤 享
 
 
[3] 神の栄光を現すために
 ここでこの点について、イエス・キリストの救いにあずかった信仰者の信仰を新約聖書から学ぶことにいたしましょう。ダニエルたちは、神ならざる神、すなわち偶像に先ず捧げられた王宮の肉類と酒で自分を汚すまいと決心しました。これに対して新約聖書では パウロが「世の中に偶像の神など存在しないのだから、偶像に供えられた肉かどうかで心配する必要などない」と言い切っています。(Ⅰコリント10:4)「多くの神々がいるように思われているが、私たちにとっては、唯一の神、父である神がおられ、万物はこの神から出て、この神へ帰って行くのだ」とも言っています。(Ⅰコリント8:5〜6)
 
しかし偶像に備えた食べ物は食べないとしている人の信仰も尊重して、その人をつまずかせないように、愛の配慮を勧めています。そして「わたしの兄弟をつまずかせるくらいなら、兄弟をつまずかせないために、わたしは今後決して肉を口にしません」とさえ言っています。(Ⅰコリント813)すなわち「食べるにしろ飲むにしろ、何をするにしても、すべて神の栄光を現すために」(Ⅰコリント1031)を心がけていくのです。
 
ダニエルたちも自分たちの信仰の量りに従って真剣に祈り、あのような決断を貫きました。そしてイスラエルを滅ぼしたバビロン王の宮廷で、神さまの栄光を現すことができたのでした。「神さまの栄光を現すこと」それが大切なのですね。
 
 パウロは「偶像を礼拝してはいけない。『民は座って飲み食いし、立って踊り狂った』と書いてあります」「あなたたちは悪霊の仲間になってほしくありません」(Ⅰコリント10720)と述べています。社寺の祭礼には、飲み食いし、踊り狂い、淫行に走る状況が日本でも見かけられます。大きな神社や寺の門前には、淫らな宿屋が立ち並び、参詣者が精進落しをすると言われています。それが真の信仰者の姿なのでしょうか。
 私はお酒については、若い時は、社交上すすめられれば飲むという立場をとっていました。しかし私が目白の副牧師時代に、学生センターの主事を代行していた時のことです。センターに泊まって管理人をしてくれていた実に真面目な大学生が居ました。新潟の出身で父親とよく酒を飲み合う育ちでしたが、上京してクリスチャンになり、断酒しました。ところが或る晩、ウイスキーをがぶ飲みして狂乱状態になり、ホールのガラスをたたき割り、床の上をのたうちまわりました。電話で通報を受けタクシーで駆けつけ、彼を押さえつけ12時間格闘しましたが、遂に119番に電話して緊急入院させました。私も負傷しました。失恋してたまらなくなり、夜の街に出て行ってウイスキー瓶を買ってきて、一気に飲みほしたのでした。私はこの好青年を狂人にする酒の恐ろしさに身震いしました。それからは飛行機に乗った時の食事で、白ワインを少々口にするだけに決めました。
 
 「青年よ、大志を抱け」で有名なWクラーク博士は札幌農学校に赴任する時、アメリカから持参したウイスキーと葉巻を海に投げ捨て、代わりに聖書をもって教育することを 黒田長官に強く求めて承認させました。彼が横浜の白昼の路上で酩酊狼藉を働く若者の姿を幾人も見かけたからでした。前途ある有能な若者を、あたら酒・たばこで滅ぼさせてはならないと、自分に強く言いきかせて、禁酒禁煙を通したのだそうです。
 
[] 主を畏れることが知恵の初め
 バビロン王は、国家に役立つ人材を、自分が滅ぼしたユダ王国の王族貴族の中からも見出そうとしました。「体に難点がなく、容姿が美しく、何事にも才能と知恵があり、知識と理解力に富み、宮廷に仕える能力のある少年」と記されています。そして更に宮廷で3年間特別に養成訓練をして、選んだのでした。今日の世界でも社会が求める人材とは、全くこの通りで、変わっていないのではないでしょうか。ですから親たちはわが子を小さい時からこのような人間に育てようと、懸命に教育訓練しています。
 
 でもこれに対して少年ダニエルたちは、NOと叫び、異なる行動をしたのでした。その 原理は「自分を汚すまい」 神さまを畏れ敬う信仰から出た決断です。今日の礼拝の冒頭でも司式者に「主を畏れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは分別の初め」(箴言910)の御言葉を読んでいただきました。
 
まさにダニエルたちは、王が求めなかった神を畏れる信仰を第一にしましたので、王が求める以上の健康、知恵、知識、理解力、判断力、行動力、更に霊感にも秀でた働き人に成長していきました。何を大切にして生きるか。神を畏れる信仰を第一にして生きること―― これが今日のメッセージです。
 
このメッセージを私たちは今日心に新たにいたしましょう。礼拝を第一にすることこそが、子育てに一番大切なのだと再確認いたしましょう。そしてそれを証して参りましょう。                              
                                   完
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事