日本バプテスト川越キリスト教会 Baptist Kawagoe

加藤享牧師,山下誠也協力牧師の礼拝説教・教会週報のメッセージ、イベント・行事案内

全体表示

[ リスト ]

[聖書]使徒言行録15章1〜21節
ある人々がユダヤから下って来て、「モーセの慣習に従って割礼を受けなければ、あなたがたは救われない」と兄弟たちに教えていた。 それで、パウロやバルナバとその人たちとの間に、激しい意見の対立と論争が生じた。この件について使徒や長老たちと協議するために、パウロとバルナバ、そのほか数名の者がエルサレムへ上ることに決まった。 さて、一行は教会の人々から送り出されて、フェニキアとサマリア地方を通り、道すがら、兄弟たちに異邦人が改宗した次第を詳しく伝え、皆を大いに喜ばせた。 エルサレムに到着すると、彼らは教会の人々、使徒たち、長老たちに歓迎され、神が自分たちと共にいて行われたことを、ことごとく報告した。 ところが、ファリサイ派から信者になった人が数名立って、「異邦人にも割礼を受けさせて、モーセの律法を守るように命じるべきだ」と言った。 そこで、使徒たちと長老たちは、この問題について協議するために集まった。 議論を重ねた後、ペトロが立って彼らに言った。「兄弟たち、ご存じのとおり、ずっと以前に、神はあなたがたの間でわたしをお選びになりました。それは、異邦人が、わたしの口から福音の言葉を聞いて信じるようになるためです。 人の心をお見通しになる神は、わたしたちに与えてくださったように異邦人にも聖霊を与えて、彼らをも受け入れられたことを証明なさったのです。また、彼らの心を信仰によって清め、わたしたちと彼らとの間に何の差別をもなさいませんでした。 それなのに、なぜ今あなたがたは、先祖もわたしたちも負いきれなかった軛を、あの弟子たちの首に懸けて、神を試みようとするのですか。 わたしたちは、主イエスの恵みによって救われると信じているのですが、これは、彼ら異邦人も同じことです。」 すると全会衆は静かになり、バルナバとパウロが、自分たちを通して神が異邦人の間で行われた、あらゆるしるしと不思議な業について話すのを聞いていた。 二人が話を終えると、ヤコブが答えた。「兄弟たち、聞いてください。 神が初めに心を配られ、異邦人の中から御自分の名を信じる民を選び出そうとなさった次第については、シメオンが話してくれました。 預言者たちの言ったことも、これと一致しています。次のように書いてあるとおりです。 『「その後、わたしは戻って来て、/倒れたダビデの幕屋を建て直す。その破壊された所を建て直して、/元どおりにする。それは、人々のうちの残った者や、/わたしの名で呼ばれる異邦人が皆、/主を求めるようになるためだ。」昔から知らされていたことを行う主は、/こう言われる。』 それで、わたしはこう判断します。神に立ち帰る異邦人を悩ませてはなりません。 ただ、偶像に供えて汚れた肉と、みだらな行いと、絞め殺した動物の肉と、血とを避けるようにと、手紙を書くべきです。 モーセの律法は、昔からどの町にも告げ知らせる人がいて、安息日ごとに会堂で読まれているからです。」

[序]飽食の罪深さ
先週は14日(土)と16日(月)の佐々木和之さんの講演を聞きに仙台に行き、15日(日)の礼拝は大富教会で守りました。川越は淋しい礼拝だったようで申し訳ありませんでした。今後なるべく日曜日を明けないように心掛けます。14日の講演は国連の世界食糧デー仙台大会での講演でした。国連では毎年10月16日を世界食糧デーとしています。シンガポールにいた時は、その前後の日曜礼拝で飢餓に苦しむ世界の現状を覚えて献金を献げていました。またクリスマス礼拝の献金はアフガンで医療診療所と農業用の井戸掘りや潅水路をひいて農業の復興に当っているペシャワール会へ献げました。川越教会も世界伝道献金の他にこの様な献金にも多くを献げるようになりたいものですね。

国連の発表によりますと、今飢えに苦しんでいる人々が世界に10億2000万人、昨年より1億人以上も増え、これまでより最悪の状態だそうです。総人口68億の15%に当たります。そして1分間に17人、年間で9000万人近い人々が飢えが原因で死んでいるそうです。「飢える」とは来る日も来る日も十分に食べられずに何ヶ月も過す状態を言います。私たちが「おなかが空いた」と言うのとは違うのです。

では食糧の生産が不足しているのでしょうか。いいえ、違います。穀物の生産は23億トンもあり、世界総人口が必要とする量の倍近くあるのです。ところがその穀物の40%が世界人口の20%しかない日本も含む先進工業国に集まり、残りの60%を80%の人々が食べているのだそうです。日本は食糧の60%を輸入に頼る世界一の農産物輸入国(5620万トン)です。一方日本で捨てられる食品は一年に2300万トン、輸入した量の約40%、捨てられる食品の半分は家庭で捨てられているのだそうです。私たちは余分に買い過ぎないように、また食べ物を捨てないようにしなければなりません。

新聞や雑誌に旅館やホテルの広告が出ていますが、豪華な食事の競い合いです。とても食べ切れる物ではありません。勿体ないなーとつくづく思います。旅には山海の珍味の贅沢が欠かせないのでしょうか。飢えで死ぬ大勢の人々を思う時、飽食の罪深さを覚えます。週に一回は自動販売機の飲み物を募金箱に入れようと呼びかけられていました。

[1]エルサレムの使徒会議
今日の聖書はエルサレム教会で開かれた使徒会議の場面です。紀元48年か49年のことです。使徒言行録28章はここで前半が終わる歴史の転換点になった会議でした。

7章に記されているステファノの殉教の死をきっかけに、目覚しい成長を遂げるエルサレムの教会に対する大迫害が起り、使徒たちを除く信者の多くが地方に散らされました。迫害の先頭に立って暴れ回ったのが青年サウロ、後のパウロです。彼はシリヤのダマスコにまで乗り込んで、クリスチャン狩りをしようとして、その途中で復活の主に出会い、劇的な回心をしました。彼はバルナバの導きを得て、アンティオキアに誕生した初の外人教会で働きます。そしてそこから世界伝道に派遣されました。教会から祈りをもって送り出された世界伝道の始まりです。13〜14章が第一次世界伝道旅行の記事で、彼らの小アジア地方各地での目覚しい働きの一端は、先週学びました。

神さまが小アジア地方に散らされたユダヤ人ばかりでなく、大勢の外国人をも救ってくださった報告を聞いて、エルサレム教会から信者たちがアンティオキアに下って来ました。そして「外国人改宗者も我々と同じ様に割礼を受けるべきだ」と主張したので、割礼をめぐって激しい論争と対立が教会に生じました。そこでパウロとバルナバは使徒・長老たちと協議するために、エルサレムに上り、使徒会議が開かれたのです。

律法を守ることに熱心なファリサイ派から信者になった人が数名立って、「異邦人にも割礼を受けさせて、モーセの律法を守るように命じるべきだ」と主張しました。議論を重ねた後に、ペトロがカイサリアでローマ軍の隊長の家に集まる外国人に伝道した自分の伝道体験(10章)を改めて述べました。ためらう自分が神さまの霊に押されてコルネリウスの家に行き福音を語ると、彼ら外国人にも我々ユダヤ人と同じに聖霊が下ったのです。そこで彼らはイエス・キリストを救い主と告白してバプテスマを受けました。

神さまはユダヤ人と外国人を差別なさらない。「主イエスの恵みによって誰でもが等しく救われる」これが我々の福音信仰だとペトロは述べたのです。全会衆は静かになり、バルナバとパウロが語る異邦人の間で神さまが行なわれた不思議な業の数々に、耳を傾けたのでした。

ここで長老ヤコブが結論を出しました。ユダヤ人と外国人が一緒に食卓を囲めるように、我々ユダヤ人が避けている絞め殺した動物の肉と血を避けることと、不品行を行なわないという約束の下に、外国人信者を割礼なしで受け容れる合意が成立したのでした。

昔イスラエル民族の祖アブラハムに神さまが「あなたを諸国民の父とし、わたしはあなたの子孫の神となる」(創世記17章)と契約を結んでくださいました。その契約のしるしとして、男子はすべてその性器の先端の包皮を切り取る割礼を受けることが定められたのでした。以来ユダヤ人は神の民であるしるしとして、割礼を大事にして来ました。

しかし「割礼を受けよ」すなわち「律法を守れ」と言うことになれば、ユダヤ教と同じになってしまいます。一体律法を守ることで私たちは救われるのでしょうか。律法を完全に守れないから、イエス・キリストが私たちの罪の裁きを我が身に引き受けて、十字架で死んで下さったのです。神さまは割礼の有る無しに拘わらずイエス・キリストの恵みによって救われる福音を与えて下さいました。私たちはイエス・キリストの恵みをただ感謝して受けることで救われる信仰に立つ者となったのです。

律法を守るということは救いの条件では無くなったのです。ですから割礼も最早必要では無くなったのです。割礼を受けていない外国人だという差別は取り除かれたのです。律法は外国人の家を訪問することを禁じています。しかし神さまはペトロをコルネリウスの家にお導きになりました。神さまはユダヤ人と異邦人との間に何の差別もなさらなかった。これはペトロが身をもって体験した証でした。

こうして十字架の福音が、人種の違いから生じる偏見と差別を乗越え、世界中の人々を一つにしていく救いであるあることが、確認されたのでした。そうしてペトロは使徒の筆頭として素晴らしい役割を果たして、使徒言行録から姿を消していきました。 


(後半へつづく)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事