六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

☆Bar.が黒電話を使っている訳

1998年7月にBar.は、オープンしました。

Bar.の一つのトレードマークのようにもなっている黒電話。

今では、知る人も覚えている人も殆ど居ませんが、
Bar.が開店して、約一ヶ月の間は、
それまで自宅で使用していたダイヤル式の黒電話を
オブジェ、単なる飾りとして置いていました。
実際に使用する電話は、コードレスフォンを使っていたのです。

「どうせなら飾りじゃなく使えばいいのに」との声もありました。
どうしても一人で店を切り盛りしていると、
利便性を重視しなくては、不都合もあります。
今では、殆どの方が携帯電話を持っていますが、
たまにお客様が電話を使用する時にも
コードレスフォンの方が都合がいいです。


丁度その頃に、
お酒業界で一つの変化がありました。
ギネスビールです。
現在、サージャーギネスという超音波の振動で
ビールの炭酸ガスを綺麗に泡立てる機械があります。
その当時は、
空気の圧で、ビールの炭酸ガスを泡立てる装置が有りました。

1998年の丁度、その頃だったと想います。
その空気圧の装置が廃止になり、
変わって登場したのが、ロンドンパブギネスのドラフトギネス缶です。
これは、画期的に素晴らしい。
缶を開けると、缶底の窒素ガスにより、
生ビールの様なクリーミィーなきめ細かい泡のビールが出来上がる。
この発明により、
誰でも何時でも何処でもギネスビールの醍醐味が味わえるようなった。
つまり、特定の場所でなくても、仰々しい手間も無く、
家庭でもギネスが飲める。
ギネスのシェアは広がり、拡大普及する事となったのです。
実際、今は、
コンビニエンス・ストアーでも手に入る時代になりました。
当然、企業としては、大成功でしょう。

でも、カウンターに座るお客様からは、
「味気ない。」と、言う声が直ぐに出ました。

以前のように、
注文を受け、ギネス瓶の栓を開け、
仰々しくギネスをグラスに注ぎ、
まるで儀式のように装置にかけて泡立てる。
おもむろにお客様の目の前に提供される。

この儀式がなくなり、
缶を開け注ぐだけでは、バーのカウンターでは物足りなかったのです。
実際、サージャーギネスが出来て、
儀式が復活するとバーでのギネス消費量も復活しました。

1998年の夏、
その当時、気づいた事があります。

企業の思惑、利便性、効率性、生産性・・・
時代は全て、その方向に向かっています。
現在では、国民一人当たりの生産性を高めなくては、
日本は生き残れないそうです。
会社の総務や経理もアウトソーシングされる時代になっています。
街からは、商店街が消え、
大型スーパーがあれば、事足ります。
そうした社会構造は、これから、もっと進むのでしょう。
もう、自分が子供の頃、
人で溢れかえっていた商店街には人影もありません。


便利だけがイイのではない。

例えば、
おもむろに、レコードを拭き、ターンテーブルに乗せ、
まるで儀式のようにゆっくりと針をレコードに落とす。
そして、流れ出す音色。

翌年の1999年には、お客様から頂いた
ターンテーブルとアンプで
人の居ない静かな夜には、
Bar.でレコードも聞けるようになりました。

今では、電池で動いていた柱時計も
いちいちネジを巻いて動く、
振り子時計になりました。

時代に逆行するかのようなBar.の世界。

想いを巡らせながら廻すダイヤル式の黒電話。
1998年の夏から変わらずBar.では、使っています。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

便利だけがいいのではないようです。

自分は、携帯電話、今でも持ってませんが
以前は、携帯電話が無くても
ちゃんと待ち合わせできました。
今は、携帯が繋がらないだけで
逢うことも、
お互いの信頼も揺らいでしまうのは、
便利になったはずが、何か違う。

想いを募らせながら廻すダイヤルに
不便でも意味があったのです。

2007/12/16(日) 午後 1:11 [ bar*423*57* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事