六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

全体表示

[ リスト ]

Bar.通信「17歳の夏。」

イメージ 1

Bar.通信「17歳の夏。」

17歳の夏。

私は、国鉄、黒姫駅近辺の野尻湖の湖畔にある喫茶店に居ました。

店の名前は「ぼーしや」。

今、思うと、そこで、飲んだ「ゴールデンフィズ」と云うカクテルが、

私にとって、運命的な出会いだったのかも知れません。

(※未成年者の飲酒は違法行為です・・・厳禁)




何となく、飲食の世界に興味があった、高校生の私は、

夏休みを利用して、観光ホテルでの住み込みのアルバイトをしていました。

私は、ホテルから歩くと1時間近くの場所にあった「ぼーしや」に、よく通ったものです。




ゴールデンフィズを初めて飲んだ時の衝撃を今でもハッキリと覚えています。

今迄に味わった事の無い感覚。

目の前の景色が変わってしまう様な気分になったものです。




東京に戻った私は、何となく、カクテル・ブックを眺めながら、

未知の世界への憧れや夢を抱く様になっていました。

だけど、その頃の私は、スコッチやバーボンが何かも知らず、

バーという世界が有る事も、よく解っていませんでした。

バーテンダーという職業に就いている人間に会った事も無かったのです。




私が、バーテンダーと呼ばれる人に、初めて逢ったのは、22歳の初夏だったと思います。




P.S.

17歳の頃の私の写真がアップしてあます。


御知らせ

Bar営業中。

当店Bar.は、8月のお盆期間中は、例年通り、通常営業しております。

尚、8月11日木曜日の祝日は、19時〜23時の臨時営業をいたします。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事